向井理&榮倉奈々、初の夫婦役で互いを称賛「お茶目」「頼もしい」 高身長カップルに注目

俳優の向井理と女優の榮倉奈々が、初の夫婦役を通して互いの印象を明かした。
初の夫婦役を演じる向井理(左)と榮倉奈々(右)【モデルプレス】
初の夫婦役を演じる向井理(左)と榮倉奈々(右)【モデルプレス】
15日、都内で行われた10月22日スタートの新ドラマ『遺産争族』(テレビ朝日系/毎週木曜よる9時)の制作発表記者会見に出席。これまで何度か共演経験はあるものの、夫婦を演じるのは初となる2人だが、改めて印象を問われた向井は「今まで見たことのない、結構お茶目な榮倉さん。役柄的にも明るく天真爛漫なところもあるので、すごく可愛らしい一面を今回見させていただいていて、物理的にも精神的にも近い距離なので、新鮮でドキドキしながら演じさせていただいております」とラブシーンにも触れながらコメント。

一方の榮倉は「この強烈な家族に向かっていく向井さんは、すごく頼もしいです。素敵ですね。あと、背が高くてかっこいいです(笑)」と自身も高身長でありながら、さらに背の高い向井のかっこよさを称えた。

榮倉奈々、向井理
榮倉奈々、向井理

婿の向井×バツイチの榮倉

今作は、遺産相続問題が勃発する河村家に婿入りした向井演じる若き研修医・佐藤育生が、その家族たちが繰り広げる相続争い=“遺産争族”に巻き込まれていく姿を、シニカルに、そしてコミカルに描く。榮倉は、育生と出会い再婚するバツイチの出戻り女・河村楓を演じる。脚本は昨年放送された「昼顔~平日午後3時の恋人たち」(フジテレビ系)を手掛けた井上由美子氏が担当。

向井は「もともと貧乏出身ということで、お金に執着もなく欲にまみれず、闘わないヒーローということで新しいヒーローが出来たと思います」と今作をアピール。また榮倉も「一足お先に1話を見させていただいたのですが、今流れていた(サントラの)おどろおどろしい音楽とはちょっと違って、すごくポップで楽しいドラマになっていて驚きました。『遺産争族』というこの4文字の漢字からは想像がつかない、たくさんの世代の人に楽しんでもらえる作品になっていると思います」と自信を見せた。

(前列左より)榮倉奈々、余貴美子、岸部一徳、伊東四朗、岸本加世子、向井理(後列左より)板谷由夏、室井滋、鈴木浩介
(前列左より)榮倉奈々、余貴美子、岸部一徳、伊東四朗、岸本加世子、向井理(後列左より)板谷由夏、室井滋、鈴木浩介
なお、会見にはこのほか余貴美子、室井滋、板谷由夏、鈴木浩介、岸本加世子、岸部一徳、伊東四朗が出席。司会は同局の宇賀なつみアナウンサーが務めた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 向井理&榮倉奈々、初の夫婦役で互いを称賛「お茶目」「頼もしい」 高身長カップルに注目
今読んだ記事

向井理&榮倉奈々、初の夫婦役で互いを称賛「お茶目」「頼もし…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事