志田未来の意外な一面を芦名星が暴露「相当衝撃的でした」

女優の志田未来の意外な一面を、共演した芦名星が暴露した。
芦名星、志田未来【モデルプレス】
芦名星、志田未来【モデルプレス】
2人は9日、都内にて行われた映画「ST 赤と白の捜査ファイル」(2015年1月10日公開)完成披露舞台あいさつに出席。撮影での一番の思い出を聞かれると「未来ちゃんのお腹を見てしまったことです。偶然背伸びしたときに見えたんですけど、『白くて綺麗だね』って言ったら、『えっ?いつ見たんですか!?』って。そんな怒った未来ちゃん見たことなかったです」と暴露した芦名。これに志田は、「お腹を見られるのがすごく嫌で…。今まであんまり写真とかでも見せてきたことないのにいつ見られたんだろうって。中にキャミソールも着てるのに。相当衝撃的でした」と驚き顔で語った。

志田未来
志田未来
芦名星(中央)
芦名星(中央)
一方、「撮影で地方に一泊したときに、夜空き時間に怖い話をしたんです。怖いのが苦手で、その日星さんの部屋に泊めてもらったのが思い出です」と仲睦まじい秘話を告白した志田。「共演者の方の部屋に泊めてもらうっていうのが今までなかった」と続けると、芦名も「(志田は)小動物みたいでかわいかった。寝なきゃダメなのに、おしゃべりして夜更かししてしまいました」と笑顔で振り返った。

(左より)佐藤東弥監督、窪田正孝、志田未来、藤原竜也、岡田将生、芦名星、三宅弘城
(左より)佐藤東弥監督、窪田正孝、志田未来、藤原竜也、岡田将生、芦名星、三宅弘城
同作は、警視庁の特殊機関である科学特捜班(Scientific TaskForce)通称・STを舞台に、リーダーで対人恐怖症の天才分析官・赤城左門(藤原竜也)とお人好しのキャリア警部・百合根友久(岡田将生)らの活躍を描く。劇場版となる今作では、囚人の脱獄を仕組んだ天才ハッカー・鏑木徹が焼死体で発見されるという不可解な事件に挑む。志田はプロファイルの達人で秩序恐怖症の青山翔を、芦名は超人的な聴覚を持つ閉所恐怖症の結城翠を演じている。

舞台あいさつには志田、芦名のほか、藤原竜也岡田将生窪田正孝、三宅弘城、佐藤東弥監督、ガッキーくんが登場。芦名が藤原らに振られ、ビートたけしとヤギのモノマネを披露する場面もあるなど、盛り上がりを見せた。(modelpress編集部)

(左より)ガッキーくん、窪田正孝、志田未来、藤原竜也、岡田将生、芦名星、三宅弘城、佐藤東弥監督
(左より)ガッキーくん、窪田正孝、志田未来、藤原竜也、岡田将生、芦名星、三宅弘城、佐藤東弥監督
(左より)藤原竜也、岡田将生、芦名星、三宅弘城、佐藤東弥監督
(左より)藤原竜也、岡田将生、芦名星、三宅弘城、佐藤東弥監督
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 志田未来の意外な一面を芦名星が暴露「相当衝撃的でした」
今読んだ記事

志田未来の意外な一面を芦名星が暴露「相当衝撃的でした」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事