チームしゃちほこ×SKE48、たこやきレインボー×NMB48、Negicco×NGT48…ご当地アイドルコラボが胸熱<第7回AKB48紅白対抗歌合戦>

10日、東京ドームシティホールにて「第7回 AKB48紅白対抗歌合戦」が開催された。
「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」(C)AKS
「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」(C)AKS

アイドルコラボが胸熱すぎる

前半は、他のアイドルがグループの垣根を越え、サプライズ登場。HKT48指原莉乃が大ファンのモーニング娘。'17とコラボレーションユニット・サシニング娘。の初ステージを実現させると、NGT48×Negiccoで「NegiGT48」、SKE48×チームしゃちほこで「しゃちKE48」、NMB48×たこやきレインボーで「たこMB48」とご当地アイドル同士のコラボが続々と実現していき、アイドルファンにとっては夢のようなステージとなった。


「NegiGT48」では、アイドルファンのボーイフレンドを持つ女の子のもどかしさをキュートに歌ったNegiccoの名曲「アイドルばかり聴かないで」とNGT48の「みどりと森の運動公園」をそれぞれ披露。Negiccoは結成15年の新潟では知らない人がいないベテランでNGT48の大先輩。「車で来ました」と新潟から東京に駆けつけたことを明かし、観客を驚かせた。

夏のイベントでも共演経験がある「しゃちKE48」は、チームしゃちほこの「抱きしめてアンセム」とSKE48の「オキドキ」をパフォーマンス。須田亜香里だけはチームしゃちほこの衣装を着て、紛れ込み、激しく独特なダンスを全力パフォーマンス。ダンス自慢のSKE48メンバーも「今日SKEのメンバー皆筋肉痛がひどくて」と同曲のダンスには骨を折っていた。

「たこMB48」は、NMB48を結成当初から応援しているというたこやきレインボー春名真依のリクエストで「絶滅黒髪少女」をコラボ。

審査員の千秋は、「それぞれ違うグループなのに、ステージに立ったらまるで1つのアイドルみたいで、相当練習したんだろうなと思いました」と賛辞を送った。

イベント詳細レポ&全曲セットリスト


「AKB48紅白対抗歌合戦」とは

「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」(C)AKS
「第7回AKB48紅白対抗歌合戦」(C)AKS
2011年に第1回が開催され、今年で7回目となる同イベントは、AKB48グループのメンバーが紅組、白組に分かれてパフォーマンスを競い合う年末恒例のお祭りコンサート。毎年同イベントならではのゲストや演出、この日限りのユニットによるパフォーマンスが繰り広げられ、今回は「FNS歌謡祭」「僕らの音楽」「堂本兄弟」など数々の音楽番組を手掛けるフジテレビ音組のきくちPが演出を務め、全曲生演奏のステージに挑戦する。

紅組キャプテンは、横山由依が務め、AKB48SKE48NGT48を、白組キャプテンは山本彩がNMB48HKT48STU48を率いた東西対決。司会は第1回から7回連続、「ミスターAKB紅白」こと堺正章と、第3回から5回連続となる内田恭子が今年もがっちりタッグを組む。総勢131名が出演し、約2000人の観客を動員。全国54の映画館で生中継される。(modelpress編集部)

概要

キャプテン:紅組・横山由依/白組・山本彩
司会:堺正章、内田恭子
審査員:田中将大投手(米大リーグヤンキース)、春風亭小朝、ミッツ・マングローブ、古市憲寿、千秋、渡辺麻友



【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - チームしゃちほこ×SKE48、たこやきレインボー×NMB48、Negicco×NGT48…ご当地アイドルコラボが胸熱<第7回AKB48紅白対抗歌合戦>
今読んだ記事

チームしゃちほこ×SKE48、たこやきレインボー×NMB48、Negicco×N…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事