AKB48派生ユニット・DiVA、解散を発表 大島優子が作詞に初挑戦

解散することを発表したDiVA
解散することを発表したDiVA
作詞に初挑戦する大島優子
作詞に初挑戦する大島優子
AKB48の派生ユニット・DiVA(ディーヴァ)が、解散することを発表した。
13日深夜放送の『AKB48のオールナイトニッポン』(毎週水曜深夜1時~、ニッポン放送)内で同ユニット所属でSNH48兼SKE48の宮澤佐江とNMB48の梅田彩佳が出演。梅田が「次のライブをもって解散となりました」と発表した。

宮澤&梅田の心境

同番組内では、2年半ぶりの再始動することを明かし、小室哲哉の作詞作曲編曲で10月8日に4thシングル、年内に最初で最後のアルバムをリリース、その後プレミアムライブを開催することも発表。梅田は「たった今、再始動を発表しましたが…、そのライブをもって解散します」と話した。

また、解散にあたってユニット名をすべて大文字の「DIVA」にするという。宮澤は「本当にDiVAは逆境ユニットだと思ってました」と振り返り、梅田は「辞書で“解散”を調べたら反対の言葉は“集合”。集合できたときにまたみんなで集まって、皆さんに思いを届けられるようにしたいです」と心境を語った。

大島優子が作詞に初挑戦

さらに、6月にAKB48を卒業した大島優子が、同グループのラストアルバムに収録される楽曲で作詞に初挑戦することに。同番組内で宮澤が大島に電話をし、交渉、承諾を得た。また、ラストシングルで脱退した増田有華が復帰することも発表した。

DiVAは2011年2月にAKB48の2期生・宮澤、梅田、秋元才加、増田の4人で結成。同年5月にシングル「月の裏側」でメジャーデビューを果たした。同年12月にAKB48グループに所属しないダンサー6人を追加し10人体制に。しかし、増田が12年12月にAKB48を昨年1月にDiVAを脱退。昨年8月にAKB48を卒業した秋元はDiVAに残留したが、現役の宮澤と梅田は姉妹グループに移籍した。 (モデルプレス)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - AKB48派生ユニット・DiVA、解散を発表 大島優子が作詞に初挑戦
今読んだ記事

AKB48派生ユニット・DiVA、解散を発表 大島優子が作詞に初挑戦

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事