大島優子 おおしまゆうこ

「大島優子」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「大島優子」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「大島優子」に関連するモデルプレス記事

大島優子のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

大島優子のプロフィール

大島優子(おおしまゆうこ)
愛称 ゆうこ、コリス
生年月日 1988年10月17日
出身地 栃木県[1]
血液型 B型
公称サイズ(2008年7月時点)
身長 / 体重 152 cm / ― kg
スリーサイズ 83 - 55 - 80 cm

大島 優子(おおしま ゆうこ、1988年10月17日 - )は、日本の女性アイドルグループ「AKB48」チームKおよび「チームドラゴン from AKB48」のメンバーである。太田プロダクション所属。栃木県下都賀郡壬生町立南犬飼中学校、栃木県立壬生高等学校卒業。

■来歴
・1996年頃よりセントラル子供劇団に所属し、子役として芸能活動を始める。
・2000年頃からジュニアアイドルとして活動し、2005年にはTHE ALFEEの高見沢俊彦がサウンドプロデュースした総勢25人のジュニアアイドルユニット、「Doll's Vox」に所属していた。それ故に芸歴はAKB48全メンバーの中で最長である。
・2006年2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格。オーディション直前までジュニアアイドルとしての活動を続けていたが、2006年4月よりAKB48の旧チームKの一員として新たなスタートを切った。
・2007年7月、同じAKB48メンバーである前田敦子、小野恵令奈と共に太田プロダクションに移籍。
・2009年4月11日の『AKB48 チームK 5th Stage「逆上がり」』公演の初日に喉の手術をすることを発表し[2]、同月13日に無事に手術を終え、同月20日に退院し[3]、同月25日・26日にNHKホールで行われたコンサート『「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。』にMCのみではあるが手術後初めて公の場に姿を見せた。
・2009年6月から7月にかけて実施された『AKB48 13thシングル選抜総選挙「神様に誓ってガチです」』では2位で、メディア選抜入りを果たした。
・2010年5月から6月にかけて実施された『AKB48 17thシングル選抜総選挙「母さんに誓って、ガチです」』では1位で、メディア選抜入りを果たした。[4]。

■所属事務所遍歴
セントラル子供劇団→セントラルプロダクション→office48→太田プロダクション

■人物
・キャッチコピーは『変幻自在のエンターテイナー、大島優子です』
・自身のソロ曲である『泣きながら微笑んで』を持ち歌としている。お気に入りのAKB48の楽曲は、チームAの『背中から抱きしめて』[5]である。
・愛称は同姓の大島麻衣(現在はAKB48を卒業)がいたため、通常は『ゆうこ』だが、名前が小倉優子に似ていることから、小倉の愛称「ゆうこりん」から取って『コリン』[6]、そこから訛って『コリス』(小さいリスの意)とも呼ばれている。
・旧チームKで一緒だった梅田彩佳、松原夏海、野呂佳代らとダンスグループ「梅島夏代」を組んでいる。
・AKB48のメンバーの峯岸みなみ・板野友美・前田敦子・篠田麻里子・秋元才加・高橋みなみ等と仲がよいが、特に小嶋陽菜と宮澤佐江、SDN48メンバーの野呂佳代とは非常に仲が良い。
・高校時代にはバンドを組んでおり、パートはベース[7]であった。
・実家は寿司屋である[8]。
・兄がいる。
・自他ともに認めるスニーカーマニアである。
・変顔が得意

■参加曲
シングルCD選抜曲
・会いたかった
・制服が邪魔をする
・軽蔑していた愛情
・BINGO!
・僕の太陽
・夕陽を見ているか?
・ロマンス、イラネ
・桜の花びらたち2008
・Baby! Baby! Baby!
・大声ダイヤモンド
・10年桜
・涙サプライズ!‎
・言い訳Maybe
・RIVER
・マジスカロックンロール
・ポニーテールとシュシュ
・マジジョテッペンブルース
・ヘビーローテーション
・ラッキーセブン

AKBアイドリング!!!名義
・チューしようぜ!

野菜シスターズ名義
・野菜シスターズ

劇場公演ユニット曲
teamK 1st Stage 「PARTYが始まるよ」公演
1. スカート、ひらり

teamA 2nd Stage 「会いたかった」公演
・2006年5月25日(板野友美の代理)
1. 嘆きのフィギュア
2. ガラスのI LOVE YOU

teamK 2nd Stage 「青春ガールズ」公演
1. 禁じられた2人
2. ふしだらな夏

teamK 3rd Stage 「脳内パラダイス」公演
1. 泣きながら微笑んで

※ソロユニット曲
ひまわり組 1st Stage「僕の太陽」公演

1. 僕とジュリエットとジェットコースター
ひまわり組 2nd Stage「夢を死なせるわけにいかない」公演

1. Confession
teamK 4th Stage 「最終ベルが鳴る」公演

1. ごめんねジュエル
teamK 5th Stage 「逆上がり」公演

1. エンドロール
THEATER G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演

1. Confession
※佐藤亜美菜・浅居円のスタンバイ。

teamK 6th Stage 「RESET」公演
1. 心の端のソファー

◆出演
■映画
・大怪獣東京に現れる(1998年9月26日公開、松竹) - 祭の少女 役
・千里眼(2000年6月10日公開、東宝) - 岬美由紀(幼少期) 役
・伝染歌(2007年8月25日公開、松竹) - 夏野あんず 役
・櫻の園(2008年11月8日公開、松竹) - 沢美登里 役
・テケテケ(2009年3月21日公開) - 主演・大橋可奈 役
・テケテケ2(2009年3月21日公開) - 大橋可奈 役
・銀色の雨(2009年11月公開) - みのり 役
・渋谷(2010年1月9日公開、ビーワイルド) - ユウ 役
・スイートリトルライズ(2010年3月13日公開) - 岩本文 役
・さんかく(2010年6月24日公開、日活) - ※友情出演

■テレビドラマ
・ひよこたちの天使(1996年4月15日 - 5月31日、TBS)※デビュー作
・ラブの贈りもの(1996年7月22日 - 8月30日、TBS) - 友達 役
・バージンロード(1997年1月6日 - 3月17日、フジテレビ) - 桜井和美(幼少期) 役
・D×D(1997年7月 - 9月、日本テレビ) - 円城寺園子(幼少期) 役
・電磁戦隊メガレンジャー 第40話(1997年11月30日、テレビ朝日) - 少女 役
・LOVE&PEACE(1998年4月18日 - 7月4日、日本テレビ) - 太田明日香 役
・千年王国III銃士ヴァニーナイツ 第2話(1999年4月9日、テレビ朝日)
・らせん 第6・7話(1999年8月5・12日、フジテレビ) - 亜美 / 里美 役
・アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜 第4話(2001年10月29日、フジテレビ) - 大林加代子 役
・東京庭付き一戸建て(2002年7月10日 - 9月4日、日本テレビ) - 福田夏深 役 ※初レギュラー作
・ミステリー劇場 狼女の子守唄(2002年12月16日、TBS) - 狼女(幼少期) 役
・ほんとにあった怖い話(2004年2月28日、フジテレビ) - 木下聡子 役
・京都食い道楽!古本屋探偵ミステリー2(2004年5月28日、フジテレビ) - 浅村由香里 役
・危険なアネキ 第3話(2005年10月31日、フジテレビ) - 愛の友人 役
・悪女の一生〜芝居と結婚した女優・杉村春子の生涯〜(2005年11月26日、フジテレビ)
・栞と紙魚子の怪奇事件簿 第12・最終話(第13話)(2008年3月22・29日、日本テレビ) - 勅使河原りえ 役
・弁護士 一之瀬凛子シリーズ(2008年 - 2010年、TBS、月曜ゴールデン) - 大屋恵 役
      弁護士 一之瀬凛子(2008年6月30日)
      弁護士 一之瀬凛子2(2010年1月18日)
・キャットストリート 第2・3・4話(2008年9月4日 - 18日、NHK総合・NHK-BShi) - 平野ユミ 役
・Cafe吉祥寺で 第8・9・10話(2008年10月8日 - 10日、テレビ東京) - 篠原美里 役
・我はゴッホになる! 〜愛を彫った男・棟方志功とその妻〜(2008年10月25日、フジテレビ、土曜プレミアム)
・1分半劇場「参議院議員候補マミ 」(2008年11月17日 - 2009年6月9日、TBS) - 小島ユウコ 役
・風に舞いあがるビニールシート(2009年5月30日 - 7月4日、NHK) - 川井千鶴 役
・マジすか学園(2010年1月8日 - 3月26日、テレビ東京) - 大島優子 役
・エンゼルバンク〜転職代理人(2010年1月14日 - 3月11日、テレビ朝日) - 小笠原マナミ 役
・三代目明智小五郎〜今日も明智が殺される〜 第4話(2010年5月4日、MBS製作・TBS) - 桃子 役
・ほんとにあった怖い話 夏の特別編2010 AKB48まるごと浄霊スペシャル「赤いイヤリングの怪」(2010年8月24日、フジテレビ) - 主演・綿引昌代 役

バラエティ
・AKB1じ59ふん!(2008年1月24日 - 3月27日、日本テレビ)
・AKB0じ59ふん!(2008年4月7日 - 28日・6月2日 - 9月29日、日本テレビ)
・AKB48ネ申テレビ(2008年9月28日 - 10月12日、ファミリー劇場)
・AKBINGO!(2008年10月1日 - 11月12日・26日・2009年1月7日 - 3月18日・4月1日 - 29日・5月20日 - 7月15日・8月5日・19日 - 11月18日・12月23日・2010年1月6日 - 4月28日・5月12日 - 、日本テレビ)
・週刊AKB(2009年7月10日 - 8月7日・9月11日 - 10月16日・11月13日 - 12月11日・2010年1月8日・29日・2月19日 - 3月5日・26日 - 4月9日・23日 - 5月14日、テレビ東京)
・AKB48ネ申テレビSeason2(2009年7月10日 - 17日・8月14日 - 9月18日、ファミリー劇場)
・AKB48ネ申テレビSeason3(2009年10月9日 - 16日・11月6日 - 27日、ファミリー劇場)

■ラジオ
・AKB48 明日までもうちょっと。(2007 年10月1日・8日・29日・11月26日・12月10日・2008年1月7日・21日 - 2月4日・25日・3月31日・7月14日・9月22日・10月27日・11月3日・2009年1月12日・19日・2月2日・16日・3月16日・23 日・6月1日・8日・8月24日・31日・9月21日・28日・11月2日・9日・23日・30日・2010年3月15日・4月9日・26日・5月31 日・6月7日、文化放送)
・AKB48 今夜は帰らない…(2008年4月5日 - 11月22日、CBCラジオ)
・AKB48のオールナイトニッポン(2010年4月16日・30日・5月21日・7月30日、ニッポン放送)

■Web
・Yahoo ライブトーク(2008年1月8日、Yahoo! JAPAN)

■CM
・イトーヨーカドー(1998年) - 企業CM
・バービー人形(1998年、マテルジャパン)
・マジカルファンタジーツアー(1998年、JAL)
・バーモントカレー(1999年、ハウス食品)
・トンバ・ザ・ワイルドアドベンチャー(1999年、ソニー・コンピュータエンタテインメント)
・ケンタッキーフライドチキン(2000年)
・ポケモンカード★neo(2000年、メディアファクトリー)
・総合生活消費財企業編(2002年、カネボウ)
・バースデー割引(2003年、JAL)
・ふりかけ・素材探求(2003年、丸美屋)
・白い恋人 2004年夏編(2004年、石屋製菓)
・非行防止運動・薬物乱用防止(2005年、警察庁)
・進研ゼミ高校講座(2006年、ベネッセコーポレーション)
・東京都「TOKYO体操」(2008年10月 - 2009年8月)
・読売新聞『読売新聞×AKB48』「もっと、伝えたい。創刊135周年 読売新聞」(2009年6月・7月)
・レコチョク「レコチョクの部屋 AKB編」(2010年2月1日 - 3月21日)
・AOKI『AOKI×AKB48』「フレッシャーズ48コーデ 新生活篇・初めてのスーツ篇」(2010年2月11日 - )
・日本中央競馬会(2010年、CLUB KEIBA)
・カゴメ『野菜一日これ一本』(2010年5月10日 - ) - 「野菜シスターズ」ほうれん草 役
・UHA味覚糖『ぷっちょ』(2010年8月10日 - )

■イベント
・STAR WARS CELEBRATION JAPAN『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』デイブ・フィローニ監督来日イベント(2008年7月19日、幕張メッセ 国際展示場3)
・スター・ウォーズ クローン・ウォーズ特別試写会(2008年8月11日、中野サンプラザホール)
・大堀めしべ最後の聖戦!〜ハグはめしべを救う!〜(2008年11月15日、秋葉原アソビットMVホール)
・Push★1(2009年1月31日、品川プリンスホテルステラボール)

■Vシネマ
・HARD BOILED ハードボイルド(1997年9月5日、マグザム) - 桐生りえ 役
・炎(2000年6月10日、マグザム) - 若田部優子 役

■コンサート
・AKB48 ファーストコンサート「会いたかった 〜柱はないぜ!〜」(2006年11月3日・4日、日本青年館)
・AKB48 春のちょっとだけ全国ツアー 〜まだまだだぜAKB48!〜(2007年3月10日 - 4月1日、東京厚生年金会館・NHK大阪ホール)
・AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100(2008年1月21日 - 24日、SHIBUYA-AX)
・ライブDVDは出るだろうけど、やっぱり生に限るぜ! AKB48夏祭り(2008年8月23日、日比谷野外大音楽堂)
・AKB48 まさか、このコンサートの音源は流出しないよね?(2008年11月23日、NHKホール)
・年忘れ感謝祭 シャッフルするぜ、AKB! SKEもよろしくね(2008年12月20日、JCBホール)
・AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2009(2009年1月18日 - 21日、SHIBUYA-AX)
・「神公演予定」* 諸般の事情により、神公演にならない場合もありますので、ご了承ください。(2009年4月25日・26日、NHKホール)
・AKB48 分身の術ツアー(2009年8月11日、なんばHatch)
・AKB104選抜メンバー組閣祭り(2009年8月22日・23日、日本武道館)
・サウンドコニファー229 AKB48 夏のサルオバサン祭り(2009年9月13日、富士急ハイランド サウンドコニファー)
・AKB48 NY公演 supported by スカパー!HD(2009年9月27日、WEBSTER HALL)
・AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2010 with アメーバピグ(2010年1月21日 - 24日、SHIBUYA-AX)
・AKB48 満席祭り希望 賛否両論(2010年3月24日・25日、横浜アリーナ)
・AKB48 コンサート「サプライズはありません」(2010年7月10日・11日、代々木第一体育館)

◆書籍
■文庫
・坊ちゃん(夏目漱石、2009年6月15日、ぶんか社) - 表紙・グラビア

■写真集
・Charm(2001年7月10日、心交社) - 田島穂奈美と共演
・かがやくきもち(2003年10月16日、ぶんか社)
・デジタル写真集 かがやくきもち(2003年11月30日)
・大島優子 2009年カレンダー(2008年10月11日、ハゴロモ)
・ゆうらりゆうこ(2008年12月19日、竹書房)
・大島優子 2010年カレンダー(2009年10月、ハゴロモ)
・優子のありえない日常(2009年10月17日、ワニブックス)
・君は、誰のもの?(2010年8月25日、光文社)
・大島優子 2011年カレンダー(2010年9月30日、ハゴロモ)

■トレーディングカード
・HITS! PREMIUM AKB48 大島優子トレーディングカード(2010年2月25日、ヒッツ)

■ディスコグラフィー
AKB48としての作品は除く

■CD
1. 夢見るオモチャ箱〜恋するdancing Doll(2005年8月10日、ユニバーサルジャパン) - Doll's Vox
高見沢俊彦プロデュースのアイドルユニット

■DVD
・Growing up!(2001年7月27日、心交社) - 田島穂奈美と共演
・adolescence(2003年10月3日、笠倉出版社)
・ゆうらりゆうこ(2008年12月19日、竹書房)
・と、ゆうこと。(2009年12月6日、ワニブックス)

■脚注
1.かつてのプロフィールには、神奈川県出身との記述もある。本人曰く「昔横浜に住んでいた」。
2.AKB48公式ブログ「大島優子」(2009年4月14日閲覧)
3.AKB48公式ブログ「大島優子退院」(2009年4月20日閲覧)
4.“AKB48大島優子 「総選挙マニフェスト果たしました」 : J-CASTテレビウォッチ”. http://www.j-cast.com/tv/2010/08/18073702.html
5.AKB48 ヴィジュアルブック2008 featuring team K、duet 2008年12月号(2008年11月7日発売、集英社)より
6.旧チームK結成当時の公式プロフィール
7.「ミュージャック」(関西テレビ)2008年2月28日放送分
8.2010年5月23日放送「ドライブ A GO!GO!」

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
大島優子を「ウィキペディア」で参照する

大島優子の関連動画