モデルプレスのインタビューに応じた河合優実(C)モデルプレス

「不適切にもほどがある!」純子役で注目・河合優実、演技未経験で自ら履歴書送り女優の道へ 今でも頭に残っている“ある人の言葉”<インタビュー後編>

2024.02.29 07:00

TBS系金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」(毎週金曜よる10時~)に昭和の女子高生・小川純子役で出演している女優の河合優実(かわい・ゆうみ/23)。まるで昭和を生きてきたかのようなリアルな芝居で視聴者を魅了しているが、実は演技の勉強を一切することなく女優の世界へ飛び込んでいた。そんな彼女の素に迫ったインタビュー後編。

河合優実が女優の道へ進んだ理由

河合優実「不適切にもほどがある!」第1話より(C)TBS
河合優実「不適切にもほどがある!」第1話より(C)TBS
― 今回のドラマをきっかけに河合さんのことを知った方も多いと思うので、改めて芸能界デビューのきっかけをお伺いしたいです。

河合:高校3年生の卒業間近、自分で事務所に履歴書を送ってこの世界に入りました。もともと子どもの頃からダンスを習っていて、高校も3年間ダンス部に入っていたんです。高校は文化祭など人前に出るようなイベントが盛んな校風だったので、そこで皆で作ったものをお客さんに見せて反応が返ってくる、という経験もすごく多くて、こういうことを仕事にしたいと考えるようになりました。そこから気付いたら役者になりたいと思っていた感じです。

― ダンスの経験からアーティストの道は考えていなかったのでしょうか?

河合:そうですね。歌やダンスも好きなんですが、なんとなく自分がそれで食べていくイメージがあんまりできなかったのかな。でもそれまで演技を勉強したこともなかったので、なんで女優の道を選んだのかは自分でもはっきりとわからないんです。始めてみて思うのは、女優が1番色々総体的にできるというか、役の中でも自分自身でも、ダンスも歌もできる。それから私が楽しいと思っていたのは、ステージに立って表現することもだけど、作ったものを届けることだったんです。それが1番色々な角度から経験できるのがお芝居だったのかもなと思います。

河合優実の悲しみを乗り越えた方法

河合優実(C)モデルプレス/スタイリング:高崎奈々(※「高」は正式には「はしごだか」、「崎」は正式には「たつさき」)、ヘアメイク: 村上綾
河合優実(C)モデルプレス/スタイリング:高崎奈々(※「高」は正式には「はしごだか」、「崎」は正式には「たつさき」)、ヘアメイク: 村上綾
― モデルプレスの読者には、今壁にぶつかっている方もたくさんいます。そんな読者に向けて、河合さんの“悲しみを乗り越えた方法”を教えてください。

河合:なんだろう…でも私は結構ケロッと忘れるタイプなんです。

― 悩んだ時、誰かに相談することはあまりしない?

河合:はい、あまり相談できないです。相談するのは苦手かもしれないですね。

― 自分の中で切り替えられる?

河合:自分で切り替えるか、すごく近い人にだったら話すかもしれないですが…。あとはノートに書き出したりもします。もしくはもう泣いて寝て忘れる(笑)。

― 書いたり泣いたりなどで一度発散して、次の日には切り替えるタイプなんですね。

河合:そうですね。

河合優実の夢を叶える秘訣

河合優実(C)モデルプレス
河合優実(C)モデルプレス
― 最後に、モデルプレス恒例で聞いている“夢を叶える秘訣”を教えてください。

河合:それは私が知りたいくらいです(笑)。でも、ある人から言われて思ったことがあって。私が事務所に入る時、すでに俳優をやられていた知り合いの方に相談していたんですが、事務所に入って何年か経って会った時に「最初からわかってたでしょ?自分がこうなれるって思ってたでしょ?」って言われたんです。それがすごく今も頭に残っていて、確かに具体的に「この夢を叶えるために次はこれをやりたい」「次はこういう作品に出てみたい」みたいなことはあまり考えないんですが、ただ漠然とイメージしているんだなと。今回のドラマに出れたこともそうかもしれないです。もう寝ている時に夢を見るレベルのふわっと感だけど、自分がそのステージまで行けるビジョンが、すごく大雑把に頭の中にある気はします。なのでそう言われた時に、イメージすることは大事なのかなと気付きました。

― 貴重なお話をありがとうございました。

(modelpress編集部)

河合優実(かわい・ゆうみ)プロフィール

河合優実(C)モデルプレス
河合優実(C)モデルプレス
2000年12月19日生まれ、東京都出身。2019年にデビュー後、数々の賞を受賞。主な出演作は映画「サマーフィルムにのって」「由宇子の天秤」「ちょっと思い出しただけ」「愛なのに」「女子高生に殺されたい」「冬薔薇」「PLAN 75」「百花」「線は、僕を描く」「ある男」「少女は卒業しない」など。待機作に映画「四月になれば彼女は」(3月22日公開)「あんのこと」(6月7日公開)などがあり、4月スタートの「RoOT / ルート」(テレビ東京ほか)で地上波ドラマ初主演を務める。
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連ドラマ

  1. 不適切にもほどがある!

    不適切にもほどがある!

    2024年01月26日(金)スタート

    毎週金曜22:00 / TBS系

    詳しく見る

関連記事

  1. 「不適切にもほどがある!」純子役・河合優実、阿部サダヲからの“唯一の”アドバイスとは アドリブ秘話も語る「カットがかかるまで」<インタビュー前編>
    「不適切にもほどがある!」純子役・河合優実、阿部サダヲからの“唯一の”アドバイスとは アドリブ秘話も語る「カットがかかるまで」<インタビュー前編>
    モデルプレス
  2. 「不適切にもほどがある!」新たなキーパーソン出現か「気になる」「何かが繋がるのかな」注目続々
    「不適切にもほどがある!」新たなキーパーソン出現か「気になる」「何かが繋がるのかな」注目続々
    モデルプレス
  3. 「不適切にもほどがある!」市郎(阿部サダヲ)&純子(河合優実)の“真実”明かされる 迎えた結末に視聴者号泣「涙なしで観られない」
    「不適切にもほどがある!」市郎(阿部サダヲ)&純子(河合優実)の“真実”明かされる 迎えた結末に視聴者号泣「涙なしで観られない」
    モデルプレス
  4. 「ふてほど」家族関係の謎“3選” 市郎(阿部サダヲ)&純子(河合優実)の死亡説・錦戸亮&古田新太の関係性…考察まとめ
    「ふてほど」家族関係の謎“3選” 市郎(阿部サダヲ)&純子(河合優実)の死亡説・錦戸亮&古田新太の関係性…考察まとめ
    モデルプレス
  5. 「不適切にもほどがある!」純子(河合優実)は令和にいない?親子写真・“ビリビリ”の謎に考察広がる「納得いく」
    「不適切にもほどがある!」純子(河合優実)は令和にいない?親子写真・“ビリビリ”の謎に考察広がる「納得いく」
    モデルプレス
  6. 「不適切にもほどがある!」阿部サダヲの娘役・聖子ちゃんカットの河合優実って?「昭和がハマる美人」と話題に
    「不適切にもほどがある!」阿部サダヲの娘役・聖子ちゃんカットの河合優実って?「昭和がハマる美人」と話題に
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 「虎に翼」韓国人留学生役話題のハ・ヨンス、日本語レッスンは出演オファー後に開始 韓国から拠点移した理由とは「不安もありました」【インタビュー】
    「虎に翼」韓国人留学生役話題のハ・ヨンス、日本語レッスンは出演オファー後に開始 韓国から拠点移した理由とは「不安もありました」【インタビュー】
    モデルプレス
  2. エルフの夢を叶える秘訣「みんなが遊んでる時にできる人が勝つ」“他の人より頑張る”と語るワケ<モデルプレスインタビュー>
    エルフの夢を叶える秘訣「みんなが遊んでる時にできる人が勝つ」“他の人より頑張る”と語るワケ<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  3. 見取り図、夢を叶える秘訣は「ビッグマウス」“20代でダッシュを決めること”が大切な理由とは<モデルプレスインタビュー>
    見取り図、夢を叶える秘訣は「ビッグマウス」“20代でダッシュを決めること”が大切な理由とは<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  4. EXILE NAOTO、悶々としていた“10代の自分”へ贈りたいメッセージ「自分よりグループ」の価値観に秘めた熱い想い<「Onestà」インタビュー後編>
    EXILE NAOTO、悶々としていた“10代の自分”へ贈りたいメッセージ「自分よりグループ」の価値観に秘めた熱い想い<「Onestà」インタビュー後編>
    モデルプレス
  5. EXILE NAOTO、“裸表紙”はパフォーマーとしての表れ 奇跡の1枚誕生秘話明かす<「Onestà」インタビュー前編>
    EXILE NAOTO、“裸表紙”はパフォーマーとしての表れ 奇跡の1枚誕生秘話明かす<「Onestà」インタビュー前編>
    モデルプレス
  6. TWS(トゥアス)JIHOON(ジフン)、SEVENTEENの“一言”が「1番力になりました」デビュー叶えた強い信念とは【モデルプレスインタビュー連載Vol.5】
    TWS(トゥアス)JIHOON(ジフン)、SEVENTEENの“一言”が「1番力になりました」デビュー叶えた強い信念とは【モデルプレスインタビュー連載Vol.5】
    モデルプレス
  7. 長谷川博己、7年ぶり日曜劇場へ向け入念な役作り 北村匠海ら若手から刺激も「得られるものがたくさん」<「アンチヒーロー」インタビュー>
    長谷川博己、7年ぶり日曜劇場へ向け入念な役作り 北村匠海ら若手から刺激も「得られるものがたくさん」<「アンチヒーロー」インタビュー>
    モデルプレス
  8. TWS(トゥアス)HANJIN(ハンジン)、渡韓時の苦労乗り越えた方法 “同い年”JIHOON(ジフン)への信頼【モデルプレスインタビュー連載Vol.4】
    TWS(トゥアス)HANJIN(ハンジン)、渡韓時の苦労乗り越えた方法 “同い年”JIHOON(ジフン)への信頼【モデルプレスインタビュー連載Vol.4】
    モデルプレス
  9. 乃木坂46岩本蓮加“限界をとっくに超えていた”時期に支えとなった存在 山下美月との関係性も語る<「チャンスは平等」インタビュー>
    乃木坂46岩本蓮加“限界をとっくに超えていた”時期に支えとなった存在 山下美月との関係性も語る<「チャンスは平等」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事