中条あやみ(C)TBS

中条あやみ、9年ぶり共演・鈴木亮平の「神様」ぶり明かす 医療従事者の声も力に<「TOKYO MER~走る緊急救命室~」インタビュー>

2021.07.20 19:02
0
2

現在放送中のTBS系日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(毎週日曜、夜9時~)。命を救うために危険な事故、災害、事件の現場に飛び込んでいく救命救急チーム「TOKYO MER」のメンバーを、主演の鈴木亮平をはじめ、賀来賢人、中条あやみ、菜々緒、佐野勇斗らが演じている。この度、中条が取材に応じ、同作に掛ける意気込みを語った。

中条あやみ、視聴者の声に感謝「みんな頑張っている」

放送開始からの反響については、中条は「色んな声が届いています」と語った。「1話放送後には『こんなドラマ、初めて観た』や、『本当にスケールがすごいね』と言って頂きました。『大変そうだね』という関係者さんの声だったり(笑)。本当に、いい言葉をたくさん頂くので日曜劇場のスケールのすごさを感じています」といい、「今までになかったことに挑戦することのすごさを実感しています」と驚きの様子。

中条が演じるチーム唯一の研修医・弦巻比奈は、当初は「TOKYO MER」に配属されたことに不満を持っていたものの、第2話で命を救う責任感に直面し成長した。

「比奈に共感する声もたくさん届いています。Twitterで比奈への感想が書いてあると気になるので見ています。Instagramのメッセージでは、『私も研修医や看護師を目指していますが、すごく大変で、自分がいていいのかと悩んで壁にぶち当たることがたくさんあるけど、比奈ちゃんを見ていて私も頑張ろうと思えました』という声がすごくたくさんあります」と告げ、「私自身、比奈を演じる中で、“みんなの足を引っ張らないかな”などの不安が色々とあるのですが、“みんな同じことを思っているのだな、みんな頑張っているのだな”と感じることができすごく嬉しかったです」と視聴者の声に励まされているエピソードを語った。

中条あやみ、鈴木亮平は「神様なんじゃないかな」

「いつかお医者さんの役をやってみたいと思い、誰かの命を救うという役に対してすごく憧れを抱いたことがあります」と明かした中条は、今作で、本格的な医療ドラマ初挑戦となった。「台本も、展開が早くて、すごくテンポがよくて、その分『撮影がたいへんなのだろうな』と思っていたら、本当にたいへんです(笑)」といい、「1本の映画を撮るのと同じようなスケールで撮影をしています」と続けた。

同作では、特殊救急車両・ERカーの中で手術をする様子も描かれ、1分1秒を争う緊迫した場面での素早い判断や動作なども表現されており、放送のたびに、スーパー救命救急医・喜多見幸太を演じる鈴木への絶賛の声が話題となっている。

中条は、「『喜多見さんの役は本当に鈴木亮平さんにしかできないね』とみんなで話しています。セリフの量も半端ないし、技術も誰よりもたいへんなのですが、現場ではいつもおおらかで、場の空気を締めるときはキュッと締めるというオーラを放つ方です」と話し、特におおらかさについては、「どうやったらそんなにおおらかな性格になれるのだろう?」と疑問に思うほど周りの人たちに優しく接しているそう。「人間ではないですよね(笑)」、「神様なんじゃないかなと思います(笑)」と笑顔を弾けさせる一幕もあった。

中条あやみ、鈴木亮平と9年ぶり共演で「成長していたい」

そんな鈴木とは、9年前のデビュー作以来の共演となった。「2話も自分では不安だったのですが、亮平さんは『よかったよ。きっとたくさんの人が共感してくれると思うし、これから成長するための前振りとしてすごくいい回だったと思う』とおっしゃってくださりました。9年前はお互いにほとんど記憶がないくらいなのですが、今日も現場で、『比奈、どんどん成長してきているんじゃない!』みたいな感じで言ってくださりました。9年前よりは成長していたいなと思います(笑)」と想いを馳せた。

「最初は、ついていけるのかなという色んな不安があったのですが、2話で“比奈の回”があり、それを乗り越えたことで、比奈も2話で成長しましたし、私も不安な気持ちよりも、もっと医療のことを学びたい、みんなの役に立ちたいと、比奈と一緒に成長できたといいますか、前向きな気持ちでいる自分がいるなと思います」と心境の変化を語り、「この作品を乗り越えられたら、何でもできる気がします(笑)」と声を弾ませた。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. 中条あやみが涙 役者として葛藤した過去明かす「自信が持てなかった」
    中条あやみが涙 役者として葛藤した過去明かす「自信が持てなかった」
    モデルプレス
  2. 鈴木亮平、中条あやみらから“ドジっ子”ぶり明かされる「ギャップ萌え」<TOKYO MER~走る緊急救命室~>
    鈴木亮平、中条あやみらから“ドジっ子”ぶり明かされる「ギャップ萌え」<TOKYO MER~走る緊急救命室~>
    モデルプレス
  3. 「TGC2021A/W」開催決定 新川優愛・中条あやみら出演者も発表
    「TGC2021A/W」開催決定 新川優愛・中条あやみら出演者も発表
    モデルプレス
  4. 中条あやみ、約9年ぶりに鈴木亮平と共演「TOKYO MER~走る緊急救命室~」出演決定 救命救急の研修医役に
    中条あやみ、約9年ぶりに鈴木亮平と共演「TOKYO MER~走る緊急救命室~」出演決定 救命救急の研修医役に
    モデルプレス
  5. ピュアなハートが世界を広げる。 中条あやみ、継続の先に見つけたもの。
    ピュアなハートが世界を広げる。 中条あやみ、継続の先に見つけたもの。
    VOGUE GIRL
  6. 中条あやみ&生見愛瑠、お揃いヘアの密着ショット披露「双子みたい」「仲良し」の声続々
    中条あやみ&生見愛瑠、お揃いヘアの密着ショット披露「双子みたい」「仲良し」の声続々
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 吉澤閑也が「Travis Japanで良かった」と感じた瞬間 白戸ゆめのは“好き”を発信する大切さ語る<「熱血バスケ」インタビュー>
    吉澤閑也が「Travis Japanで良かった」と感じた瞬間 白戸ゆめのは“好き”を発信する大切さ語る<「熱血バスケ」インタビュー>
    モデルプレス
  2. 「ZIP!」9月パーソナリティー細田佳央太「ドラゴン桜」での反響は「自分だけの力ではない」 その後の役作りに変化も<インタビュー>
    「ZIP!」9月パーソナリティー細田佳央太「ドラゴン桜」での反響は「自分だけの力ではない」 その後の役作りに変化も<インタビュー>
    モデルプレス
  3. かわいくなれる動画が話題・ひよん、過去の姿公表に“不安と葛藤”「未完成の自分も見せていい」と思えるようになった理由
    かわいくなれる動画が話題・ひよん、過去の姿公表に“不安と葛藤”「未完成の自分も見せていい」と思えるようになった理由
    モデルプレス
  4. 生見愛瑠「自分はダメなのかなと感じた」活躍の裏に苦悩 自分らしく輝けるようになった理由は?<モデルプレスインタビュー>
    生見愛瑠「自分はダメなのかなと感じた」活躍の裏に苦悩 自分らしく輝けるようになった理由は?<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  5. 乃木坂46田村真佑、立ち位置に葛藤…支えになった先輩の存在「本音で話し合うことができなかった」同期との絆も<「君に叱られた」インタビュー>
    乃木坂46田村真佑、立ち位置に葛藤…支えになった先輩の存在「本音で話し合うことができなかった」同期との絆も<「君に叱られた」インタビュー>
    モデルプレス
  6. 九州発のアイドルグループ・LinQ、10年間守り抜いた信念と地元愛 新体制8人で「同じ方向を向き直すことができました」<インタビュー>
    九州発のアイドルグループ・LinQ、10年間守り抜いた信念と地元愛 新体制8人で「同じ方向を向き直すことができました」<インタビュー>
    モデルプレス
  7. HKT48田中美久、矢吹奈子との再会で感じたこと・グループへの想い 注目している後輩も明かす<「1/2少女」インタビュー>
    HKT48田中美久、矢吹奈子との再会で感じたこと・グループへの想い 注目している後輩も明かす<「1/2少女」インタビュー>
    モデルプレス
  8. HKT48田中美久、久々水着解禁に不安も 6キロ減のボディメイクでこだわった部分とは「自信を持つことができた」<「1/2少女」インタビュー>
    HKT48田中美久、久々水着解禁に不安も 6キロ減のボディメイクでこだわった部分とは「自信を持つことができた」<「1/2少女」インタビュー>
    モデルプレス
  9. SHELLYが“働く親”として伝えたいこと「離れることでプラスになることはいっぱいある」<「今夜くらべてみました」インタビュー>
    SHELLYが“働く親”として伝えたいこと「離れることでプラスになることはいっぱいある」<「今夜くらべてみました」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事