モデルプレスのインタビューに応じた細田佳央太(C)モデルプレス

<細田佳央太インタビュー>全力で挑んだ「ドラゴン桜」オーディション秘話、夢を叶えるために一番大切なこと

2021.04.13 17:00
1
15

TBS系4月期の日曜劇場「ドラゴン桜」(25日スタート、毎週日曜よる9時~ ※初回25分拡大)で“東大専科”の生徒役の1人、原健太役を演じる細田佳央太(ほそだ・かなた/19)がモデルプレスのインタビューに応じた。オーディションで映画『町田くんの世界』(19)の主演に抜擢され注目を浴び、その後もドラマ「さくらの親子丼」(20)、映画『花束みたいな恋をした』(21)などに出演してきた若手実力派が、人生初の坊主頭で、とある問題を抱え周囲から孤立した少年という難役に挑む。

週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から連載中の三田紀房氏による「ドラゴン桜2」を原作に、2005年に放送された前作ドラマの原作「ドラゴン桜」(2003年~2007年連載)の15年後を描く続編。前作では主人公の弁護士・桜木建二(阿部寛)が倒産寸前・低偏差値の高校を超進学校に生まれ変わらせるべく奮闘する姿や、東大合格のための“桜木メソッド”と呼ばれる勉強法が大きな話題を呼んだ。

前作で「東大クラス」の生徒を演じた山下智久、長澤まさみ、小池徹平、新垣結衣、中尾明慶らは今や日本を代表する俳優へと成長。今作で桜木が向き合う生徒たちも1000人に及ぶ応募から選考され、髙橋海人(King & Prince)、南沙良、平手友梨奈、加藤清史郎、鈴鹿央士、志田彩良ら未来を担う面々が揃った。その一員となった細田が、今作を通じて視聴者に伝えたいことは?壁を乗り越えるための“細田メソッド”や、今作のテーマにも通ずる“夢を叶える秘訣”を熱く語ってくれた。

オーディション秘話、同世代役者へのライバル心「努力量では負けたくない」

細田佳央太(C)モデルプレス
細田佳央太(C)モデルプレス
― 「ドラゴン桜」のオーディションを振り返って特に印象的だったことをお聞かせください。

細田:最初は健太役ではなく、(鈴鹿)央士くんが演じる藤井遼役の台本をもらってオーディションを受けたんです。数回やった後、飯田(和孝)プロデューサーから同じセリフをちょっと違う感じで言ってみてと具体的な指示をいただいて。それが僕の中のイメージとは違っていたので「何でなんだろう?」と疑問を持っていたんですけど、実際に受かったという連絡をいただき、健太をやるとわかった時に「そういうことか!」と思いました。それはすごくびっくりしましたね。

― 『町田くんの世界』もオーディションで獲得された役ですが、オーディションに臨む上で毎回必ず意識していることはありますか?

細田:まず「絶対に(役を)取って来る」という気持ちを作ること。どんなに自分がその役に合っていないと思っても、諦めず死ぬ気で取りに行くという気持ちで毎回やっていて、『町田くん―』の時もそうでした。次に「もしこの役をあの役者さんがやったらどんな役になるんだろう?」と想像してみること。今回の「ドラゴン桜」もそうだったんですけど、神木(隆之介)さんや菅田(将暉)さんがこのセリフを言ったらどういう風になるんだろうと想像して、それを少し基盤にさせていただきつつ、自分の感じたことを追加していく感じです。(役が)普通の男の子だったら、妻夫木(聡)さんをイメージすることが多いですね。

― 具体的な役者さんをイメージするんですね。

細田:はい。僕が好きですごく尊敬している先輩方なので、作品を観て「この役が参考になりそう」というイメージを貯めておき、オーディションの時に使ってみるという感じです。気がついたらその3人をイメージすることが多いですね。ダーッとしゃべったり、演説っぽくなるようなセリフ回しとかの場合は、自然と僕の中では菅田さんや神木さんに結びつくんです。

細田佳央太 (C)TBS
細田佳央太 (C)TBS
― 原健太の役作りにおいて特に苦労している点をお聞かせください。

細田:最初に「健太ってこういう男の子です」という資料を見た時は「うわぁ、難しそう」とすごく思ったんですけど、健太が抱えている問題や彼が持っている才能、長所みたいなところを一個一個分解していくと、そんなに複雑じゃなくて。僕の中で丁寧に噛み砕いた4つくらいの項目を大事にしていれば「健太ってこう動くだろうな」というのがパッと出てくるので、今は難しさや迷いを感じることはなくなりました。

― 今までの作品も、そのように事前に役の細かい分析をした上で演じられてきたのでしょうか。

細田:僕の中でまだ臨機応変さが足りていないと思っていて。ドラマは映画と比べてじっくり時間をかけることができないので、そういう意味で何個もパターンを持って行かないと、その場でパッと切り替えることができないんです。

― 撮影はまだ序盤(※インタビュー時)ということですが、阿部寛さんとの交流はありましたか?

細田:撮影前の本読みでご一緒しました。本読みって大体は台本に書いてあるセリフをそのまま読むことが多いと思うんですけど、阿部さんは本読みの段階でご自身の言いやすいようにセリフを変えて話されていて。その方が桜木として嘘にならないというのを、経験や感覚を元に実践されていたので「すごいな」と思いました。

― 生徒役の皆さんとはご一緒されましたか?

細田:一回だけ現場で会いました。加藤清史郎くんは数少ない同い年ですし、「どんな子なんだろう?」と前から気になっていて。いざご一緒してみると「よくしゃべる子だなあ」と(笑)。人見知りの方が多い中、年齢や性別関係なくムードを作ってくれるというのはやっぱりありがたいですし、「すごいな」とうらやましく思いました。

― 細田さんは人見知りするタイプなんですね。

細田:自分から話しかけに行く時は、まず相手がどういったタイプなのか考えてしまうんです。ガツガツ来られるのがダメな人と、逆に来られた方がいい人と、最初から自分の素を見せた方がいい人と。大体その3つかなと思っていて。それは相手が人と話している時の声を聞いて、「こういう感じか…それならちょっと声を抑えてみようかな」という風に、徐々に距離を近づけていこうかなと。

細田佳央太(C)モデルプレス
細田佳央太(C)モデルプレス
― 慎重派なんですね。これから生徒役の中で、仲良くなりたい方は?

細田:央士くんです!央士くんとは大河のオーディションで初めて会って、控室も一緒だったんです。僕はその時も「これを取らなきゃいけない」って集中していたんですけど、央士くんがすごいチラチラ見てきて(笑)。「なんだこの人!」と思っていたら、その帰りに「いつも見てて、すごい好きな俳優さんの1人なんです」って言ってもらえて!そんな嬉しいことないよーって(笑)。その時は倉(悠貴)くんも一緒にいて、3人でサウナの話をしながら一緒に帰りました。

それでまた別の日、(前田)旺志郎くんから「ドライブ行こうよ」って連絡が来て、その時は残念ながら行けなかったんですけど、急に電話越しに「こんばんは」って央士くんの声が(笑)。もともと央士くんと旺志郎くんの2人でドライブに行く予定だったみたいなんですけど、そんな不思議な縁もあり、今回ちゃんと仲良くなりたいなって(笑)。

― 待望の共演ですね(笑)。生徒役は同世代の役者さんが多いので、刺激を受けそうですね。

細田:そうですね。刺激を受けない日はない気がします。今はまだ皆さんのことをほとんど知らないので、これから控室とかで新しい一面を知っていくんだと思うと、色んな意味で楽しみです。

― 同世代の方々へのライバル意識は強いですか?

細田:はい。それは男女問わずあります。これから同世代と一緒に作品をやることが多くなると思うと、ライバルであり戦友でもあるなと。努力量では負けたくないなと思います。

立ちはだかる壁を乗り越える“細田メソッド”は…

細田佳央太(C)モデルプレス
細田佳央太(C)モデルプレス
― 原健太という役を通じて、視聴者の方にどんなメッセージを伝えたいですか?

細田:健太はある問題を持っている子で、それは回を追うごとに明らかになっていきます。ただ健太に限らず、誰にでも欠点はありますよね。僕も役者をやっていて、「あの人のあんな才能を持っていれば簡単に乗り越えられるのにな」って思うことが多くて。だからと言って、それを乗り越えなくていい理由にはならないじゃないですか。自分の中にある長所や、自分だけにできる解決方法を探って乗り越えていくしかない。だから健太も自分なりに壁を乗り越えていくんだろうなと思いますし、何か一つ壁にぶつかった時に、逃げたり諦めたりするのではなく、立ち向かっていってほしい。自分のやり方でいいから、乗り越えてほしいなという想いを、健太を通して感じてもらえたら嬉しいなと思います。

― 細田さんご自身がこれまでに壁にぶつかった経験や、それを乗り越えた方法があればお聞かせください。

細田:やっぱり『町田くん―』が大きな壁だったと思います。あんなにすごい共演者の方々の中で、自分みたいなほぼ新人が真ん中に立つ。そんな中、町田くんという掴みどころがない役をどう表現していけばいいんだろう…と悩みました。その時は監督を信じて、リハーサルの時に「こうなんじゃないか」と話し合ううちに、気づいたら(壁を)越えていたという感じ。監督や僕を含むチームの中で、町田くんの一個の正解ができていたんです。乗り越えた実感はなかったんですけど、よくよく考えてみると、色々な人と話して、助けられたというのが一番の理由なのかなと思います。

― 悩んだ時は人に相談するタイプ?

細田:はい。家族や友人に相談します。やっぱり仕事のことだったら、年齢が近いこともあって(福崎)那由他や(藤原)大祐に聞くことが多いかな。プライベートのことは母親と話すことが多いですね。

― お母様からのアドバイスで特に印象に残っていることは?

細田:最近、乗り換えで電車から降りてきた車いすの男性にスーツの方がぶつかったのを見かけたんですけど、ぶつかったことを謝らずにダーッと行ってしまったのがきっかけでいざこざが起き、駅員さんまで呼んで電車がストップしてしまったんです。「ぶつかったのを謝らないのが悪い」と主張していたんですけど、電車には疲れている人たちもたくさん乗っていますし、それで待たされる人数のことを考えると、ちょっとどうなんだろうな…って。

そんなことがあって「こういう風に考える自分って悪いのかな?」と母親に相談したら、「間違っていないと思う」と否定はしなかったけれど、「ただ、その人にはその人の考えがあるから」と言われました。それを聞いてからは、僕の中で全ての人に同じ対応をしないように心がけるようになって。例えば怒り方一つとっても、はっきり言うのか、優しく諭すのがいいのか。母の言葉で「受け取り方は人それぞれ」ということを学び、慎重に考えるようになりました。

― そういったモヤモヤを都度、お母様と話して消化できるのは素敵ですね。

細田:そうですね。1人で考えるのと、実際に話してみるのとではだいぶ違うので、ありがたいです。

十代ラストは気を緩めず突っ走る!

細田佳央太(C)モデルプレス
細田佳央太(C)モデルプレス
― 最後に、今年20歳を迎える記念すべき年ということで、「こういう一年にしたい」という意気込みをお聞かせください。

細田:ラスト十代で何をしたいかはまだ決まっていないんですけど、今年は『花束みたいな恋をした』から始まり、「ドラゴン桜」があり、すごく恵まれたスタートだなと感じています。だからこそ、それを持続させていきたいですし、気を緩めずに一年間突っ走り、色々な作品をファンの方に届けられたらいいなと思っています。

― “常に全力”が細田さんにとって心地いいペースなんですね。

細田:そうですね!ハンサム(=アミューズ所属の若手俳優による「チーム・ハンサム!」)もそうですけど、熱い現場が大好きです!

― 最後に、「ドラゴン桜」にも通ずる部分があると思いますが、夢に向かって頑張るモデルプレス読者の皆さんに“夢を叶える秘訣”をアドバイスお願いします。

細田:割とありきたりなことだと思うんですけど、人への感謝を忘れないこと。夢を叶えるにあたって、自分の努力はもちろん必要ですが、自分1人では生きていけないし、1人で夢を叶えるのは無理だと思うんです。僕もスタッフさんやマネージャーさんがいるからこそこういう仕事ができるし、ファンの皆さんが応援してくださるからこそハンサムのステージにも立つことができる。そうやって支えてくれる方々への感謝を忘れずに突っ走っていけば、その努力はいずれ返ってくると思います。何か一つ挫折したとしても、その経験があったから次の目標を叶えられましたということも少なからずあると思っているので、僕の中では夢を叶えるためには、周りの人への感謝を忘れないことが何よりも大切だと思っています。

― ありがとうございました。(modelpress編集部)

細田佳央太(ほそだ・かなた)プロフィール

生年月日:2001年12月12日
出身:東京都
身長:173cm
血液型:A
特技:バスケットボール

小学2年生で俳優活動を始める。以降、ドラマ「検事・沢木正夫3 共犯者」(2015年/TX)、ドラマ「川獺(かわうそ)」(2016年/NHK)、映画『探偵ミタライの事件簿 星籠の海』(2016年)、dTVオリジナルドラマ「テラフォーマーズ/新たなる希望」(2016年)など、ドラマや映画で活躍。2018年のドラマ「FINAL CUT」(KTV)では主人公の高校生時代を演じ、同年、特撮ドラマ「魔法×戦士 マジマジョピュアーズ!」(TX)に出演した。2019年には、1000人超えの応募者の中から抜擢され、映画『町田くんの世界』(石井裕也 監督)にて主演。2021年8月には、映画『子供はわかってあげない』(沖田修一 監督)の公開が控えている。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(1)

  • やす 2021.04.21 19:33

    前編はハンサムについて盛りだくさんで後編はドラゴン桜や演技について詳しく聞けて本当に嬉しいです!央士くんがかなたくんのことを好きな俳優さんのひとりって話してくれた事実もそれを通して仲良くなりたいって思ってるのも央士くんと旺志郎くんとかなたくんが仲良しなこととかここでしかしれないことで感動しました!もっとこのドラマの撮影期間を通して仲良くなっていけたらいいなって勝手に思いました!笑
    どんなときも努力をして勝ち取るかなたくんがかっこいいし実際のオーディションの際に神木くん、菅田くん、妻夫木さんを思い浮かべたりするってきいてそういう考え方もあるんだなって驚きました!そこから自分なりに噛み砕いていく…きっとここから臨機応変さが身についていったらより魅力的なかなたくんになっていくのかなって思いました!
    ドラゴン桜の健太くんの話を聞けてより楽しみになったし"自分のやり方でいいから乗り越えてほしい"という言葉、涙が出ました。ハンサムの記事のときのなにかに挑戦してほしいって言葉も嬉しかったしかなたくんの言葉に救われてます。自分の気持ちに疑問をもってお母さんに相談できる関係値も感動しました。

関連リンク

関連記事

  1. 細田佳央太、今年のハンサムは絶対泣かない!?“なゆかな”MCの意気込み、レッスンの手応え語る<インタビュー>
    細田佳央太、今年のハンサムは絶対泣かない!?“なゆかな”MCの意気込み、レッスンの手応え語る<インタビュー>
    モデルプレス
  2. 細田佳央太「ドラゴン桜」“東大専科”の生徒役で出演決定
    細田佳央太「ドラゴン桜」“東大専科”の生徒役で出演決定
    モデルプレス
  3. チーム・ハンサム!田川隼嗣・藤原大祐・細田佳央太、“女の子に着てほしい秋冬ファッション”で真逆の意見
    チーム・ハンサム!田川隼嗣・藤原大祐・細田佳央太、“女の子に着てほしい秋冬ファッション”で真逆の意見
    モデルプレス
  4. 母性をくすぐる男性芸能人は?【読者アンケート結果】
    母性をくすぐる男性芸能人は?【読者アンケート結果】
    モデルプレス
  5. 「町田くんの世界」細田佳央太、大学進学を報告「両立はしっかりしていきます」
    「町田くんの世界」細田佳央太、大学進学を報告「両立はしっかりしていきます」
    モデルプレス
  6. 【ハンサム15周年】細田佳央太ら期待の若手俳優が新加入 最年少・藤原大祐に熱視線
    【ハンサム15周年】細田佳央太ら期待の若手俳優が新加入 最年少・藤原大祐に熱視線
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 「仮面ライダーリバイス」悪の女王アギレラ役・浅倉唯、演技経験ほぼゼロで抜擢 グラビアでも異例の記録残す<インタビュー>
    「仮面ライダーリバイス」悪の女王アギレラ役・浅倉唯、演技経験ほぼゼロで抜擢 グラビアでも異例の記録残す<インタビュー>
    モデルプレス
  2. HKT48矢吹奈子&AKB48本田仁美、お互いに尊敬している部分は?グループ復帰後の心境語る<「虹オオカミ」最終話インタビュー>
    HKT48矢吹奈子&AKB48本田仁美、お互いに尊敬している部分は?グループ復帰後の心境語る<「虹オオカミ」最終話インタビュー>
    モデルプレス
  3. <THE RAMPAGEインタビュー>川村壱馬・神谷健太・浦川翔平・後藤拓磨が“4兄弟”だったら、どんな兄弟構成?
    <THE RAMPAGEインタビュー>川村壱馬・神谷健太・浦川翔平・後藤拓磨が“4兄弟”だったら、どんな兄弟構成?
    モデルプレス
  4. オネェユニット・ENVii GABRIELLAがすごい!ハイレベルなパフォーマンスと軽快なトークで人気に<1stシングル「Moratorium」インタビュー>
    【PR】オネェユニット・ENVii GABRIELLAがすごい!ハイレベルなパフォーマンスと軽快なトークで人気に<1stシングル「Moratorium」インタビュー>
    キングレコード株式会社
  5. 深田恭子「ルパンの娘」続編可能性は?「仮面を渡されたらいつでも」 2年間演じ続けた想い<「劇場版 ルパンの娘」インタビュー>
    深田恭子「ルパンの娘」続編可能性は?「仮面を渡されたらいつでも」 2年間演じ続けた想い<「劇場版 ルパンの娘」インタビュー>
    モデルプレス
  6. 海外からも注目を集める“唯一無二”の大人アイドル・predia、高いパフォーマンス力&歌唱力の秘密とは<インタビュー>
    【PR】海外からも注目を集める“唯一無二”の大人アイドル・predia、高いパフォーマンス力&歌唱力の秘密とは<インタビュー>
    株式会社明治
  7. <星野源「Cube」インタビュー>菅田将暉の芝居に感じた“生命力” 「未知の領域に挑戦した」新境地語る
    <星野源「Cube」インタビュー>菅田将暉の芝居に感じた“生命力” 「未知の領域に挑戦した」新境地語る
    モデルプレス
  8. 20歳でギャルママに「egg」まぁみ、夫との馴れ初め・亡くなった父への想い明かす<出産直前インタビュー>
    20歳でギャルママに「egg」まぁみ、夫との馴れ初め・亡くなった父への想い明かす<出産直前インタビュー>
    モデルプレス
  9. HiHi Jets作間龍斗、“俳優”への道「極めていきたい」 衝撃作で感じたこと&恋愛観明かす<「ひらいて」インタビュー>
    HiHi Jets作間龍斗、“俳優”への道「極めていきたい」 衝撃作で感じたこと&恋愛観明かす<「ひらいて」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事