JO1豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜「JAMの皆さんのことを考えながら…」<「PROTOSTAR」インタビュー:グループ編>

0
サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」にて誕生したグローバルボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)のインタビュー連載がスタート。グループ編の第1弾は、豆原一成川西拓実佐藤景瑚河野純喜の4人が登場。
JO1「PROTOSTAR」インタビュー(左から)豆原一成、佐藤景瑚、川西拓実、河野純喜(C)モデルプレス
JO1「PROTOSTAR」インタビュー(左から)豆原一成、佐藤景瑚、川西拓実、河野純喜(C)モデルプレス

JO1インタビュー連載

3月4日のデビューシングル「PROTOSTAR」リリースを記念し、モデルプレスでは14日連続でグループ&ソロインタビューを配信。

4:4:3に分かれじっくり話を聞いたグループ編では「PROTOSTAR」収録楽曲での自分の注目ポイント、昨年12月の結成から走り抜けてきたこれまでの苦労、普段の生活や同室メンバーとのエピソード、グループでの夢などをたっぷり語ってもらった。

【記事一覧】JO1「PROTOSTAR」インタビュー連載


【豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜】「PROTOSTAR」自分のここに注目して欲しい!

豆原:僕は「無限大」から。デビュー曲ということで全員が意識を持って頑張ったと思うんですけど、その中でも振り付けが今までの曲の中で一番難しいんじゃないかなというくらいパワフルな曲でした。(サビの)「無限大♪」と歌いながら手を握る仕草とか(その場で振りを再現しながら説明)、歌詞に合った良い振付なので、注目してもらいたいなと思います。

― 具体的に難しいポイントは?

豆原:疾走感のある動きというか、走っていく動きが難しかったです。

河野:僕も「無限大」のAメロ部分の「Baby baby don't lose your control」。曲始めはゆったりと始まってそこからサッと疾走感が出ていくダンスが見どころなんですけど、そこを僕に任せて頂きました。番組観て頂いた方は分かると思うんですけど、僕はダンス未経験で、そんな中でそのパートを任せて頂いて、頑張ったので見て頂きたいです。

佐藤:「無限大」が続いているので、違うので。僕は「La Pa Pa Pam」の自分のパートのラップが始まるところです。

川西:振付もカッコいいですよね。

佐藤:そう。ラップがカッコよくて、一番ノリノリになれる場所なのでそこを見て欲しいと思います。ラップは初めてだったので結構練習しました。

川西:僕は「Running」。この曲はJAMの皆さんのことを考えたりしながら練習していたんですけど…

― おお~(カッコいい)。

他メンバー:ウィー(囃す)!

川西:僕のパートで「遠回りしてごめんね」という歌詞があるんですけど、そこはJAMの方もそうですし、親のことも色々考えながら歌ったので…「そんな感じで歌っているんだな」と聞いて欲しいです。

【豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜】結成してから一番大変だったこと

佐藤:覚えるスピード?

他メンバー:ああ~!確かに。

河野:韓国での合宿はみっちりでした。「今日は『無限大』を振り入れて3日後にはMV撮影がもう始まるよ」みたいな。まあ3日後かはちょっと忘れたんですけど(笑)、今までの自分たちがやってきたことからしたら厳しいスケジュールというか、大変だったなというのはありました。

川西:あとはダンスのレベルも高かったよね。その分良いものができました。

豆原:僕はレコーディングが個人的にちょっと難しかったです。特に「Running」が難しかったんですけど、レコーディングブースに入ると緊張して気持ちを込めて歌うこととか、今まで通りにできないことがあって大変でした。

河野:レコーディングもそれこそ今までの番組だったら1曲だけやったんですけど何曲も3日間とかでレコーディングで。1日に3曲やったりもしたし、そういうのがあれですね…、(早く)デビューしたいなぁって(笑)。

― (笑)。豆原さんは番組のときと比べて歌のパートが増えましたが、そこはいかがですか?

豆原:「無限大」はセンターをやらせて頂いたので決める部分だったりサビ前の「So 俺が」だったり、ブリッジの「闇が晴れて」だったり大事な部分を任せて頂いたのでそういう部分では少し難しかったですし、ダンスと歌の兼ね合いも今まで以上に難しかったなと思います。

― 川西さんも相当歌が進化していると話題です。

河野:噂ですね。

川西:僕も噂で聞きました(照)。僕だけじゃないんですけど、本当に皆いっぱい練習したのでその成果が着々と出てきているんじゃないかなと。

他メンバー:「着々と~♪」(※「無限大」の歌いだし)

川西:まだまだこれからもっと成長していきたいので、満足せずに頑張りたいです。

― 佐藤さんはラップで苦労した点はありますか?

佐藤:声の出し方は自分の地声じゃなく変えてみて作りながら歌うことが苦労しました。

【豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜】気になるメンバーとの同室エピソード

― JAMの皆さんから質問を募集したところ、やはり部屋割とか生活についての質問が多かったです!ファンミーティングで部屋割はゲームで決めると聞きました。

豆原:ルーレットとかです。

― ルーレットなんですね!誰との部屋が多いとか、何かエピソードがあれば聞きたいです。

豆原:僕と純喜くんはほぼ、ほぼ!ずっと(一緒)ですね~。

河野:最初はルーレットだったんですけど、豆ちゃんとの居心地が正直良すぎて(隣の豆原と目を合わせる)。

豆原:「もういっか」って。

河野:11人で1人だけ1人部屋になるんですけど、1人の時間が欲しいみたいで結構皆そこを競って取り合っていて拓実とかも「絶対1人がいい」って。僕らはもうめんどくさいので。

豆原:「今までと一緒でいっか」って。

― じゃあそのときの状況によって継続することもあるみたいな。

豆原:そんな感じっすね。

― 川西さんは「潔癖症」と河野さんが言っていましたよね。

川西:(河野に向かって)それ言ったから、変なことになったけど、訂正して下さい!僕の口からじゃなくて純喜くんの口から言わないと!

河野:これ別に俺は嘘とかつきたくないから、潔癖症というよりかは…

川西:几帳面!

河野:パーソナルエリアが…

豆原:自分の世界みたいな。

河野:自分の世界。「これ以上は絶対にあなたを入れません」みたいな。嫌がっているわけじゃなくて、俺らのことがだいっきらいとかじゃなくて、やけど、あるんすよ、なんかが。

― うんうん、分かります。

川西:守られていないとダメなんですよ、僕は。

― 1人の時間が欲しい?

川西:時間もまぁまぁ重要ですけど…

河野:例えば男部屋ってガヤガヤするじゃないですか?拓実の部屋入って「皆でちょっとパーティーしよや」とか絶対ダメやし、拓実のベッドでゴロンとするのも多分あんまり許されないですね。

川西:まぁでも最近はそんなに気にならない。潔癖じゃないやん!

― そんな川西さんでも「11人の中でこのメンバーなら同室も大丈夫」というメンバーは?

川西:えー…、このメンバーは正直良いです(照)。でも(河野と佐藤とは同室に)なったことないですよね。

河野:ないけどいけそうやね。

佐藤:俺(このメンバー)全員ない。

川西:豆ちゃんはやっぱり落ち着く。

河野:なんか落ち着くよなぁ~(噛みしめる)。

川西:純喜くんも落ち着くし、景瑚もいけるっしょ。

― 佐藤さんは誰と一緒になることが多いんですか?

佐藤:(川尻)蓮くんです。

― 2人で何することが多いんですか?

佐藤:蓮くん何もしないっす!

川西:蓮くんめっちゃ大人っしいすよ。

佐藤:うん、無言。

河野:めっちゃ歯磨き長いよな、ヤバイよな?

川西:これ蓮くんの裏話みたいになってる(笑)。

(隣の隣のテーブルから聞きつけて目線を向ける川尻)

一同:(笑)

川西:耳が良いから(笑)!

― ご飯、洗濯、掃除など家事の担当はありますか?

佐藤:担当はないです、誰もやってくれない。

河野:各自自分たちで。

佐藤:誰も面倒見てくれない(笑)。

― 誰かが「ご飯作ったよ~」とかもない?

河野:昨日僕カルボナーラ作って、(木全)翔也がわかめスープ作って結構多めに作ったので近くにいたメンバーに分け与えました。

川西:めちゃめちゃおいしかったです、めっちゃ余りもんやったけど(笑)。

― カルボナーラ…やっぱり作っているんですね(※河野さんは番組のデビュー公約で『イタリアで一週間修行してからカルボナーラパーティーを開く』と発表したことですっかりカルボナーラキャラ)。

河野:練習しとかんと。

佐藤:練習してるんだ(笑)。

川西:かすかに練習してるんですよ(笑)

【豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜】グループでの夢

JO1/(後列左から)與那城奨、金城碧海、白岩瑠姫、鶴房汐恩、大平祥生、佐藤景瑚<br>
(前列左から)木全翔也、川尻蓮、豆原一成、川西拓実、河野純喜(C)モデルプレス
JO1/(後列左から)與那城奨、金城碧海、白岩瑠姫、鶴房汐恩、大平祥生、佐藤景瑚
(前列左から)木全翔也、川尻蓮、豆原一成、川西拓実、河野純喜(C)モデルプレス
― どなたか代表して1人お願いします!

豆原:ここはやっぱり一番上の純喜くんで。

河野:ずっと言っているんですけど、“日本から世界に”。まずは日本でもトップのアイドルとして活躍したいし、5大ドームツアーとかも絶対やって、世界にJO1の名が知れ渡るようなグループになりたいです。

― ワールドツアーとか。

河野:やってみたいけど、それには頑張らなあかん。

― 海外のJAMの方か分からないんですけど、「どの国行きたいですか?」という質問もありましたね。

川西:イタリアっすか?

一同:(笑)

河野:観光でってことですか?

― ツアーで。

佐藤:それはもうパスタでしょ。

川西:観光以外だと(決まってるの)あるでしょ。

河野:アメリカ?

川西:うん。

河野:行きたいね。

豆原:アメリカには行きたいですね。

【豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜】JAM記者によるインタビューこぼれ話

今回グループ分けは非常に頭を悩ませましたが、どのコンビにしても最近JAMの中で話題を聞くことが多々…なこちらの4人に決定。ちなみに、デビュー評価は全員「GrandMaster」という共通点も。

4人を呼ぶと、インタビュー中は豆原さん、河野さん、川西さん、佐藤さんの順番で並んで着席。回答に悩んだり言葉に詰まると、お互いが助け舟を出して、終始楽しそうな姿が印象的でした。(modelpress編集部)


【記事一覧】JO1「PROTOSTAR」インタビュー連載


JO1 プロフィール

サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」において、“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で、101人の練習生から勝ち抜いた豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨の11名によるボーイズグループ。グループ名は、「PRODUCE 101 JAPANで一緒に上を目指した練習生が1つになって、世界の頂点を目指していく」という意味を込めて「JO1」と名付けられた。

結成してから初の公の場としてルイ・ヴィトンイベントでパフォーマンス、初ファンミーティングは応募者殺到で追加公演を実施、テレビCMが放映開始、取材依頼が殺到し様々な女性誌、ファッション誌への登場が決まるなど、デビュー前から規格外の注目を集めている。ファンの名称はJAM。

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - JO1豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜「JAMの皆さんのことを考えながら…」<「PROTOSTAR」インタビュー:グループ編>
今読んだ記事

JO1豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜「JAMの皆さんのことを…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事