元AKB48“伝説の美少女” 奥真奈美、芸能界復帰決意の裏側 篠田麻里子からの後押し…昔は「反抗するときもあった」7年間の休業がもたらしたもの<インタビュー前編>

【奥真奈美/モデルプレス=4月25日】「元AKB48奥真奈美、7年ぶりに芸能界復帰」―――AKB48ファンにとって衝撃的なニュースが駆け巡ったのは3月5日のことだった。2006年4月にAKB48の2期生(チームK)として大島優子や宮澤佐江らとデビュー、翌年に当時の最年少記録(11歳237日)で選抜入り、2011年の15歳のときに進学と学業への専念のため、惜しまれながらもグループを卒業、芸能界を引退。AKB48史上“伝説の美少女”と呼ばれた奥真奈美(おく・まなみ)が22歳になって、芸能界へ再び帰ってくる。最年少メンバーとしてメンバーにもファンにも可愛がられた無邪気な少女は、成人しすっかり美人になっていた。モデルプレスは今回、彼女にインタビューを実施し、復帰を決意するまでの経緯など本音に迫った。
モデルプレスのインタビューに応じた奥真奈美 (C)モデルプレス
モデルプレスのインタビューに応じた奥真奈美 (C)モデルプレス

奥真奈美、7年ぶりに芸能界へ復帰

奥は、キュートな顔立ちの中にもクールさが見え隠れするハーフ(イタリアと日本のハーフ)。この春に大学4年生に進学するにあたり、満を持して芸能界へ復帰。“普通の女の子”としての経験を経て、大人の女性としての魅力が増した彼女が新たなステージへ挑戦する。

3月21日開催の「KANSAI COLLECTION 2018 SPRING&SUMMER(以下:関コレ)」のランウェイが復帰後初のステージとなった奥。その注目度は高く、ランウェイ後には沢山の報道陣の囲み取材にも応じていた。

バラエティ番組「有田ジェネレーション」(TBS、毎週深夜1時28分~)の18日、25日、5月2日放送回にも出演している。

奥真奈美、7年ぶり芸能界復帰で堂々ランウェイ


奥真奈美、AKB48卒業は危機感から

― 関西コレクションでもお世話になりました。まずは改めて、AKB48を卒業した理由からお聞きしてもいいですか?

奥:元々チームAの公演を観させて頂いて純粋に「歌とダンスをやりたい」と思って10歳でAKB48に加入しました。小学校4年生からだったので、学校にあまり行けなかったんです。皆はある程度の年齢から入っているので、学校行ってアルバイト経験している子もいたんですけど、自分は何もそういう経験がなかったので、「学業に専念します」という理由で卒業しました。

― 卒業を考え出したのは、いつぐらいからですか?

奥:やめる2年前くらいから次は高校受験ということもあって決めていました。

撮り下ろしフォトギャラリー


奥真奈美、芸能界復帰の決め手は?

奥真奈美 (C)モデルプレス
奥真奈美 (C)モデルプレス
奥真奈美 (C)モデルプレス
奥真奈美 (C)モデルプレス
― ちなみに復帰されてからご家族はどんな反応をされていますか?

奥:すごく喜んでくれています。10歳のときに送り迎えがすごく大変だったんですよ。でも今は大人になって自分で行き来できるようになったので、「頑張りなさい」と応援してくれています。お母さんと妹はTwitterとかインスタとかも気にしてみてくれていますね。

― 加入したときは最年少でしたもんね。卒業したときは学業が落ち着いたら復帰するつもりはありましたか?

奥:そのときは、「機会があればやりたいな」と思っていました。本当に最近になって、「やるなら若いうちに。今しかない」と思って復帰を決めました。

― 決意の一番の決め手は何ですか?

奥:ずっと交流があったスタッフさんたちは「もう1回やりなよ」とずっと言ってくれていたし、やめてからずっと引っかかっていたところはあったので、大学4年生になる将来を決めるタイミングで、「やるんだったら今だな」と思いました。

― 引っかかっていたというのは、やはり芸能界に対するやり残したという思いがあったんでしょうか?

奥:やめた頃のことを思い返すと、「今だったらもっとできたのかな」とは思いますけど、あのときはあれが精一杯で、やりたいことも全部やれなかったなと。人生は1回しかないので…後悔するじゃないですか?年齢を重ねてからやっておけば良かったと思いたくなかったんです。

― 就職活動も考えましたか?

奥:1回は考えました。

― 就職するんだったらどんな職業が良かったですか?

奥:大学に入学する前は看護師さんに憧れがあって良いなと思っていました。

奥真奈美、篠田麻里子に相談も

― 休業中も元メンバーの篠田麻里子さんとはよく遊ばれていたイメージがあって、SNSで奥さんと会ったという報告がある度にAKB48ファンの間で話題になっていたんです。

奥:そうなんですか!卒業してからもご飯行ったりよく遊んでいますね。

先日も2ショットが話題に


― 篠田さんとは芸能界復帰についてお話されていたんですか?

奥:「またやりなよ」って言ってもらったこともあったし、そういう相談をしたこともありました。

― 今回復帰が発表されたときは何かお話されましたか?

奥:この日に発表するとは言ってなくて、「来年やるかも」としか伝えてなかったんですけど、この間公表されたときにすぐ「ニュースになっているよ」ってリンクを送ってきてくれました。

― 気にされていたんですね。他にはどなたから連絡が来ましたか?

奥:野呂佳代ちゃんもよく連絡をくれますね。去年も何回か遊びました。

奥真奈美、昔と変わったことは…「反抗期だった」

― 昔のファンの方も変わらず注目していると思うんですけど、自分では7年前と比べてどこが一番変わったと思いますか?

奥:(即答で)考え方が変わりました。前はやっぱり幼くて反抗する時もありましたが、今はもうそういうのもなくなって落ち着きました。

― でも昔の11歳とか12歳の年齢だったらしょうがない部分はありますよね。

奥:人前に出たらちゃんとしなくちゃいけなかったとわかってはいながらも、言われたら言い返しちゃっていたことがダメだったなと今になって思います。

― 考え方は時間を経て変わってきたんでしょうか?

奥:アイドルを辞めて学校に通い勉学に励んだり、アルバイトをしたり色々と経験して復帰出来て良かったなと今は思います。

― ありがとうございました!

※さらに、7年間の休業中の生活や、今後の活動、プライベートの美の秘訣などに迫った後編を配信予定。(modelpress編集部)


写真を一気に見る


奥真奈美プロフィール

モデルプレスに来社してくれました (C)モデルプレス
モデルプレスに来社してくれました (C)モデルプレス
誕生日: 1995.11.22
血液型:B
身長:東京都
身長:158cm
特技:爪楊枝がまつ毛にのる・左耳を伸ばせられる・お惣菜詰め
趣味:怖い動画鑑賞
2006年4月にAKB48 2期生(チームK)としてデビュー。デビュー翌年、当時の最年少記録(11歳237日)で選抜入り。2010年には「おぐまなみ」名義でアニメ「おじゃる丸」のエンディング・テーマ「かたつむり」でソロCDデビューを果たす。2011年、進学と学業への専念のため、惜しまれながらもグループを卒業し芸能界を引退した。大学4年生を迎えるにあたり、満を持しての芸能活動復帰を発表。3月21日開催の「KANSAI COLLECTION 2018S/S」の出演を皮切りにモデル・タレントとして本格的に活動を再開した。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 元AKB48“伝説の美少女” 奥真奈美、芸能界復帰決意の裏側 篠田麻里子からの後押し…昔は「反抗するときもあった」7年間の休業がもたらしたもの<インタビュー前編>
今読んだ記事

元AKB48“伝説の美少女” 奥真奈美、芸能界復帰決意の裏側 篠田麻…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事