ティーンから「中学生の女神」と絶大支持 台湾モデル・紀ト心(kimi)を直撃、素顔と人気の秘密に迫る(C)モデルプレス

ティーンから「中学生の女神」と絶大支持 台湾モデル・紀ト心(kimi)を直撃、素顔と人気の秘密に迫る

2016.05.05 08:00

Facebookのフォロワー数65万人、Instagramのフォロワー数56万人(※4月末現在)を誇る、台湾出身の人気ブロガーでモデル・紀卜心 (Kimi)が、フォトグラファー米原康正氏とコラボレーションした自身のフォトブックの撮影のため来日。モデルプレスは、本国台湾で「中学生の女神さま」と呼ばれ、ティーンから絶大な支持を受けている彼女に取材をし、人気のルーツを探った。

台湾では圧倒的な人気

kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
現在20歳の彼女は、雑誌の表紙、数々の広告イメージモデルを務めるなど、“身近なファッションリーダー”として台湾の若者の間では広く知られており、さらに東京で行われた日本のファッションイベントに出演するなど、活動範囲を広げつつある。

今回、フォトブックの監修・撮影を務めた米原康正氏も「台湾ではすでに人気で、フォトブックを作らない方がおかしいほど」と、台湾での圧倒的な人気ぶりを教えてくれた。

Instagram「必ず“彩り”を意識する」

kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
まず注目すべきは彼女の魅力が詰まったInstagram。3,4年前から始めたという彼女のフォロワー数は約56万人、なぜこんなにも支持する人が多いのだろうか。

投稿のこだわりを聞いてみると「写真を撮ったあとは、必ず色々なアレンジをして、背景も鮮やかな感じにしています」と “彩り”には強いこだわり。確かにタイムラインにはモノクロ写真はない。

フォロワー数が増え始めたのはいつ頃から?「昔からフォロワー数を気にしたことがない」と言い、「写真を撮ることが好きだったのでどんどんアップして、気づいたら増えていた感じです」と、飾らず自由に投稿する自然な姿が、ティーンの間で“気になる人”になっていったのかもしれない。

ただ「中学生の女神様」というキャッチコピーには、「プレッシャーを感じます(笑)」と照れくさそうに笑っていた。

夢はパティシエ?

kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
ティーンのアイコンとして人気を集めるKimiだが、彼女の夢は意外にも“パティシエ”。「高校もパティシエ専門学校に通っていたほど、デザートが大好きなので、モデルもしながらお店の経営もしたいです」と2足のわらじを宣言。いずれ日本でも、「チャンスがあれば活動したい」と願望を明かした。

原宿と台湾の女子の違い

kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
日本には何度も来ていると話すkimiに、日本の印象を聞いたところ、「原宿の彩りはかわいい」と原宿エリアをピック。

さらに「一人一人が個性的でおしゃれです。台湾では女の子は、目立ってしまうことを怖がるので、大体みんな同じような服しか着ないけど、日本の女の子達は個性を出したい人が多いので、一人一人がすごくおしゃれです」と、台湾と日本の意識の違いを教えてくれた。

体内ケアで漢方薬を始める

kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
美容面では毎日寝る前にパックは欠かさないと話すKimi。もう一つ彼女ならではのケアとして”漢方薬”を飲んでいるそう。きっかけは、「ニキビが出来ていたときに、体内からケアするとよりよくなるんじゃないかなと思って漢方薬を始めた」とのことで、市販で売られているものではなく、かかりつけのクリニックで用意してもらっているよう。

夢を叶える秘訣

kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
そんなKimiに夢を叶える秘訣を聞くと、「他人を気にせずに自分らしく進めばいいと思います。モデルの仕事始めた頃はいろんな人の評判が気になりましたが、結局その人達とは面識がないので、気にせずに自分らしく生きていけばいいんじゃないかなと切り替えて進んできました」と強い眼差しで答えてくれた。

台湾ではすでに大きな人気を獲得しているKimi。次なるフィールドは日本?彼女しか生み出せない世界観は、これからもっと多く、世界中の人々を魅了していくだろう。(modelpress編集部)

紀ト心(Kimi)プロフィール

kimi(C)モデルプレス
kimi(C)モデルプレス
生年月日:1995年5月12日
血液型:A型
身長:151cm
体重:38kg
学歴:台湾東南科学技術大学 ホスピタリティマネージメント専攻(在学)
趣味:写真撮影、音楽鑑賞、ネットサーフィン

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 【注目の人物】KANA-BOONら若手人気バンドMVに続々抜てき 魅惑の“アンニュイ美女”武居詩織
    【注目の人物】KANA-BOONら若手人気バンドMVに続々抜てき 魅惑の“アンニュイ美女”武居詩織
    モデルプレス
  2. 10代女子から熱烈支持“かじゅ魔”って何者?原宿から新たなスター誕生の予感
    10代女子から熱烈支持“かじゅ魔”って何者?原宿から新たなスター誕生の予感
    モデルプレス
  3. 【注目の人物】ハーフの16歳「NYLON」新モデルが魅力的 ケイトの鮮やかな“ハイトーンボブ”を見て!
    【注目の人物】ハーフの16歳「NYLON」新モデルが魅力的 ケイトの鮮やかな“ハイトーンボブ”を見て!
    モデルプレス
  4. インスタで話題の天才少女・Laraちゃんって何者?謎の素顔&プライベートを探る
    インスタで話題の天才少女・Laraちゃんって何者?謎の素顔&プライベートを探る
    モデルプレス
  5. 可愛すぎる現役看護師シンガーソングライター、メジャーデビュー決定
    可愛すぎる現役看護師シンガーソングライター、メジャーデビュー決定
    モデルプレス
  6. 【注目の人物】NMB48次世代エース太田夢莉がブレイク間近!ルックスに磨きがかかる“万年ちゃん”
    【注目の人物】NMB48次世代エース太田夢莉がブレイク間近!ルックスに磨きがかかる“万年ちゃん”
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 今勢いに乗るYouTuber・エスポワール・トライブ、人生が変わった3年の思いと夢を叶える秘訣「東海オンエア・フィッシャーズと肩を並べたい」
    今勢いに乗るYouTuber・エスポワール・トライブ、人生が変わった3年の思いと夢を叶える秘訣「東海オンエア・フィッシャーズと肩を並べたい」
    モデルプレス
  2. 小森隼「実らない恋の方が魅力を感じる」恋愛観が形成されるまで GENERATIONS10周年で感じた“夢を叶える秘訣”<「恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK」独占インタビュー>
    小森隼「実らない恋の方が魅力を感じる」恋愛観が形成されるまで GENERATIONS10周年で感じた“夢を叶える秘訣”<「恋愛ドラマな恋がしたい in NEW YORK」独占インタビュー>
    モデルプレス
  3. 乃木坂46菅原咲月、センター曲初披露直前に流した涙 隣で支えた井上和の存在・ツアー中の葛藤語る<「乃木撮」インタビュー>
    乃木坂46菅原咲月、センター曲初披露直前に流した涙 隣で支えた井上和の存在・ツアー中の葛藤語る<「乃木撮」インタビュー>
    モデルプレス
  4. 乃木坂46井上和、グループ加入数ヶ月で感じた“重み”「感情が追いつかなかった」時期を乗り越え得たもの<「乃木撮」インタビュー>
    乃木坂46井上和、グループ加入数ヶ月で感じた“重み”「感情が追いつかなかった」時期を乗り越え得たもの<「乃木撮」インタビュー>
    モデルプレス
  5. 乃木坂46賀喜遥香、“自分だけ何もない”と悩んだ過去 メンバーの姿から学んだ「夢を叶える秘訣」とは<「乃木撮」インタビュー>
    乃木坂46賀喜遥香、“自分だけ何もない”と悩んだ過去 メンバーの姿から学んだ「夢を叶える秘訣」とは<「乃木撮」インタビュー>
    モデルプレス
  6. 乃木坂46久保史緒里が加入直後に乗り越えた“悲しみ”「時間をかけて乗り越えていくしかなかった」支えとなった先輩からの言葉<「乃木撮」インタビュー>
    乃木坂46久保史緒里が加入直後に乗り越えた“悲しみ”「時間をかけて乗り越えていくしかなかった」支えとなった先輩からの言葉<「乃木撮」インタビュー>
    モデルプレス
  7. 乃木坂46久保史緒里&賀喜遥香、5期生の「涙の理由」に共感 心配だったこと・受け継ぎたい先輩からの“教え”とは<「乃木撮」インタビュー>
    乃木坂46久保史緒里&賀喜遥香、5期生の「涙の理由」に共感 心配だったこと・受け継ぎたい先輩からの“教え”とは<「乃木撮」インタビュー>
    モデルプレス
  8. とうあ「倒れるかと思った」過酷な撮影回顧 コムドットとのお酒エピソードも明かす<モデルプレスインタビュー>
    とうあ「倒れるかと思った」過酷な撮影回顧 コムドットとのお酒エピソードも明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  9. 中村倫也「すごく楽になった」4年半の変化 自称“人でなし”が悲しみや怒りを感じる瞬間とは<「蓑唄」インタビュー>
    中村倫也「すごく楽になった」4年半の変化 自称“人でなし”が悲しみや怒りを感じる瞬間とは<「蓑唄」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事