舞川あいく「自分の実力が試されている」 「CanCam」卒業後の心境と熾烈な業界で輝く秘訣 モデルプレスインタビュー

参照回数:79,820

【モデルプレス】昨年10月に約6年間専属モデルを務めた雑誌「CanCam」を卒業し、現在はモデル兼フォトグラファーとして活動している、舞川あいく(27)。「CanCam」卒業から約1年。現在は地方番組でレギュラーを持ち、札幌・仙台・福岡と忙しく飛び回っている。競争の激しい世界で順調にキャリアを築く舞川に、卒業後の心境と夢を叶えるための秘訣を聞いた。
インタビューに応じた舞川あいく【モデルプレス】
インタビューに応じた舞川あいく【モデルプレス】
舞川あいく
舞川あいく

競争の激しい世界…「CanCam」卒業後の今、感じること

ファッション雑誌で起用されるモデルは一握りであり、若く新しい才能が常に登場する。舞川も「どんどん新しいモデルが出てきますから、その中に入っていく倍率はものすごく高いし大変なこと」と難しさを肌で感じている。だが「不安もあるけれど、表に出る仕事をしている以上、不安は見せてはいけないし、そんなことを考えている時間があるなら、勉強に充てた方がいい。勉強することで不安も消えて、新しい何かが見えてくる」と前向きな姿勢で過ごしてきた。

その前向きさと努力の成果が、現在の多忙な活躍に表れている。「地方でレギュラー番組を担当していることもあって、月の半分は札幌や仙台、福岡にいます。スケジュールが固められていた専属モデルのときには出来なかったような仕事も、幅広く出来るようになった」と話す。「CanCam」専属モデルを卒業した今、“自分の実力が試されている”ように感じているそうだ。

「120パーセントの力で応える」妥協のない姿勢

仕事をする上でのモットーは「与えられたものには120パーセントの力で応える」。その理由を「自分がやったことによって、喜んでくれる反応があるのが嬉しいから」と語る。口で言うのは誰にでも出来ることだが、舞川はそれをきちんと体現する。

映画初出演作となる9月19日公開の映画『NORINTEN~稲塚権次郎物語~』では、英語のセリフに挑戦。数分のそのシーンのためだけに、舞川は英会話教室の門を叩いた。「キャラクターを読み込んだときに、日常会話レベルは喋れていなければダメだと思って、英会話教室で発音の練習をしました。あとはiPhoneに英語のセリフを入れて繰り返し聴いて、自分に馴染ませるようにしました」と“120パーセント体現”の入念な役作りを明かす。

舞川あいく
舞川あいく
舞川あいく
舞川あいく

今後の展望と恋愛観

今後の展望としては「女優さんもフォトグラファーもファッション関連のプロデュース業もやっていきたい」と欲張りモードになりつつも「自分の一番の軸となっているのはモデル。様々な仕事を通してモデル業界を盛り上げていきたい」とどんなジャンルに身を置いても思いは一つだ。

現在27歳。恋愛事情も気になるところだが「前は27歳で結婚して、30歳で出産して…と言っていたけれど、今は何も考えずにタイミングが合えばと思うようになりました。いつかは幸せな家庭を築きたい」と自然に身を任せる構えだ。

「オープンな性格なので、思ったことをズバッと言ってしまう」と自己分析するなど、男勝りな一面をのぞかせる舞川の最近のブームは、ボクシングジム通い。「3か月くらい前に入会しました。ミット打ちとか殴るのが楽しくて、ストレス発散になる。得意なのはヒジテツかな?反則技ですけど」と楽しそうに笑う。

さまざまなフィールドで活躍する舞川あいくの夢を叶える秘訣

「CanCam」卒業後の第二のステップを成功に導いた、夢を叶える秘訣を聞くと「自分が何歳までに何をやりたいのかを文字にしてノートに書くようにしたら、無理かもしれないと思ったことも気づいたら叶っていきました。自分で書いているが故に、無意識に引き寄せられているのかも」と自己暗示の重要性を説く。しかしそれだけでは独りよがりで終わってしまう場合もあるだろう。舞川はもっとも大切なこととして「人と人との繋がり」をあげながら「専属時代と違って、色々なお仕事でたくさんの方たちにお会いするけれど、その場限りの方もいれば、また別の仕事で再会する方もいる。それはまさに一期一会。その出会いの一つ一つを大切にするようになりました」と心境の変化を実感している。(modelpress編集部)

舞川あいく
舞川あいく

舞川あいく(まいかわ・あいく)プロフィール

生年月日:1988年8月17日
出身地:東京都
血液型:O型
身長:169cm
スリーサイズ:B80 W58 H84cm
特技:カメラ
趣味:スポーツ・バスケットボール

2005年から雑誌「Popteen」の読者モデルとしてティーンのカリスマとなり、2009年からは「CanCam」専属モデルを務める。2014年10月に同誌を卒業し、さまざまな雑誌やファッションショーで活躍。またフォトグラファーとしても活動し、才能を発揮している。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 舞川あいく「自分の実力が試されている」 「CanCam」卒業後の心境と熾烈な業界で輝く秘訣 モデルプレスインタビュー
今読んだ記事

舞川あいく「自分の実力が試されている」 「CanCam」卒業後の…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事