ショートカットに透き通るような白い肌…武田玲奈ってどんな子?【モデルプレス】

次にくるショートヘア美女“武田玲奈”ってどんな子?「覚悟を決めた」胸の内、素顔に迫る モデルプレスインタビュー

2015.02.26 00:00
0
1

モデルの武田玲奈(17)が、26日発売の「週刊ヤングジャンプ」13号で表紙を飾った。初登場にして初表紙、さらに自身初の水着グラビアという同誌史上異例の抜擢。ショートカット美女のネクストブレイクとして彗星のごとく現れた彼女は一体、どんな女の子なのか?インタビューでその内面を探ってみた。

“れなれな”の愛称で親しまれる武田は1997年生まれ、福島県出身の高校2年生。2013年「第2のくみっきー!発掘オーディション」グランプリ獲得を機に雑誌「Popteen」レギュラーモデルとして活動をスタートした。撮影のたびに地元・福島から東京まで電車で通っていたが、昨年4月に上京。高校生活と両立しながら芸能活動を本格化させ、映画「暗殺教室」(3月21日公開)の不破優月役で女優デビューも決まっている。

女優デビューも決定、注目のネクストブレイク
女優デビューも決定、注目のネクストブレイク

“史上最大級の逸材”の期待「こんな私でいいのかな」

― 「ヤングジャンプ」初登場で初表紙という異例の抜擢を受けた時の心境はいかがでしたか?

武田:「え?!」ってめっちゃびっくりしました。「表紙?!」みたいな(笑)。大丈夫かなぁ?って不安もあったけど、喜びのほうが大きかったですね。

― 「ヤングジャンプ史上最大級の逸材」という期待もありますが…

武田:なんか…こんな私でいいのかなぁ?みたいな…(笑)。

「週刊ヤングジャンプ」13号(集英社、2015年2月26日発売)表紙:武田玲奈
「週刊ヤングジャンプ」13号(集英社、2015年2月26日発売)表紙:武田玲奈
武田玲奈/「週刊ヤングジャンプ」13号(画像提供:集英社)
武田玲奈/「週刊ヤングジャンプ」13号(画像提供:集英社)
― ビックリしますよね。出来上がったグラビアはいかがですか?

武田:すごいなぁ~、って思いました。この青い水着が一番お気に入りです。一番評判がよくて。

― 撮影は「Popteen」の時とは違いましたか?

武田:全然違いました!メイクや衣装もそうだし…ポーズとかも、ファッション撮影とグラビアで全然違って。ポーズをスタイリストさんに教えてもらったりもしました。

― 沖縄での撮影は楽しかったですか?

武田:はい!沖縄は今回初めて行ったんですけど、水着だとすごく寒かったです(笑)。でも海がすごくきれいで楽しかったです。

― 撮影の合間に観光もできましたか?

武田:しました!海ぶどうを作っているところに行って、採れたての海ぶどうを食べました。おいしかったです。あとはソーキそばとか、豚しゃぶとか…色々沖縄のものを食べました。飛行機に乗るのも初めてで、すごく楽しかったです!

期待の大きさに本音「こんな私でいいのかな…」
期待の大きさに本音「こんな私でいいのかな…」

活発なスポーツ少女からモデルの道へ

― とてもいい思い出ですね!今回の抜擢で幅広い人から注目を集めると思うので、これまでの人生を振り返っていただきたいのですが…モデルになりたい!雑誌に出たい!と思ったのはいつ頃ですか?

武田:小学生の頃から雑誌を読んでいて、6年生くらいかな?ちょっとやってみたいなぁって思いました。中学校で部活に入ったので、それからはとにかく部活!って感じで、モデルの夢はちょっと置いといて…。高校生になってから、もう一度モデルをやってみたいと思って。

― 部活は何をしていたんですか?

武田:ソフトテニス部です。すごい焼けてました(笑)。

― 2013年に「第2のくみっきー!発掘オーディション」を受けてみようと思ったきっかけは?

武田:「Popteen」を読んでいて、くみっきーさんって「Popteen」のカリスマですよね。そんな憧れのくみっきーさんのオーディションでしたので、受けてみたいと思って。

くみっきーに憧れてモデルを夢見た
くみっきーに憧れてモデルを夢見た
― オーディションに受かって、去年の4月に上京したんですね。

武田:はい。それまでは撮影が入ると、電車で通っていました。

― 上京する時、不安は感じませんでしたか?

武田:全然!すごく楽しみでした。家族とは離れ離れなんですけど、ホームシックになったこともないし、全然平気です!

― ご家族は芸能活動を応援してくれているんですか?

武田:今はしてくれてます。上京する時は少し反対されましたね。でも「やってみたい」という思いを伝えたら受け入れてもらえました。

芸能界で生きる覚悟を決めた
芸能界で生きる覚悟を決めた
― これまでのモデル活動を振り返るといかがですか?

武田:最初は福島から通うのが大変だったし、私服撮影だと私服を用意するのが大変でした。最初は緊張していたけど、徐々に慣れてきましたね。先輩を見て勉強しました。

― 高校2年生ということで、学業との両立も大変ですよね。

武田:そうですね。学校が終わってから撮影に行くこともあります。

― 高3になると進路の選択もあると思いますが、もう芸能活動1本で?

武田:上京してきたタイミングで「やろう」と覚悟を決めましたので。

― 今後、お仕事でどんなことをやってみたいですか?

武田:モデル業、女優もやってみたいと思います。憧れの女優さんは新垣結衣さんです。

― では、この1年で達成したい目標は?

武田:映画やドラマで、メインの役をやることです。色々な役をやってみたいです。清純なキャラもいいし、ちょっと変わった役も。

アニメが大好き「コスプレもしたい!」

注目の17歳、そのプライベートは
注目の17歳、そのプライベートは
― 今、プライベートでハマっていることは?

武田:アニメがすごく好きです。小6くらいからずっと。いとこが好きで、それに影響されて自分も好きになりました。今のお気に入りは「ラブライブ!」と「桜Trick」、それと「四月は君の嘘」。女の子が出てくるアニメが好きなんですけど、女の子がすっごい可愛くて。それを見て癒やされています。

― コスプレをしたりも?

武田:したい!って思ってます。まだ未経験です(笑)。

― では、お休みがあったらアニメを見たり。

武田:そうですね、何もなかったらアニメを見たり…友達と遊んだりするのも好きです。食事に行ったり、岩盤浴やプラネタリウムが好きなのでよく行きます。あと、カラオケも行きますね。アニソンも歌うし、普通の曲も。

― 好きな歌手はいますか?

武田:シンガーソングライターの佐香智久さん。すごく優しい声で、癒されるんです。

透き通る美貌の秘訣は?
透き通る美貌の秘訣は?
― 岩盤浴に行かれるということですが、ほかにも普段から美容で気を使っていることはありますか?

武田:半身浴とか、汗をかくのが好きです。あとは一駅分歩いたりしています。食事は野菜を頑張って摂るようにしています。撮影の前も好きなものを食べちゃいます(笑)。好きな食べ物は…お寿司とか、甘いものも好きだし、なんでも好きです。

― 透き通るような美肌のために気をつけていることは?

武田:ちゃんとメイクを落として寝るってことが一番。時々パックしたり、あまりメイクをしない日とかも作ったり。

― プライベートのメイクでこだわりはありますか?

武田:最近は“ナチュラル盛り”ですね。ナチュラルでも綺麗に見えるように心がけています。

― ショートヘアにしたのはいつ頃ですか?

武田:去年の夏です。映画「暗殺教室」の役作りなんですけど、気に入っています。それまでずっと長かったので、お手入れがすごく楽になりました(笑)。ファッションも全然変わりました。可愛い系よりも、カジュアルな服が似合うようになったり。髪型に合わせて変えていくようにしました。

今は恋より仕事モード
今は恋より仕事モード

恋愛観「自分からは何もできない」

― 今回の「ヤングジャンプ」で男性からも注目されますが、好きな男性のタイプは?

武田:とにかく優しい人!すっごく優しくて、引っ張ってくれる人。

― 好きな人ができるとどうなりますか?

武田:自分からは何もできないです。むしろ意識されないように頑張る(笑)。これまでも、相手から言ってもらったことが多いです。

― ちなみに、今年のバレンタインは?

武田:友達にあげました!毎年手作りです。今年はバナナケーキに生チョコを入れたものと、スノーボールを作りました。

― お料理も得意なんですね!

武田:いえ、全然得意じゃないです(笑)。お料理もやりたいなとは思うんですけど、なかなか…(笑)。

― では、今は恋愛よりはお仕事モード?

武田:お仕事ですね。恋愛に左右されて、お仕事に影響があると嫌。結構、左右されちゃうんです(笑)。

夢を叶える秘訣

思っているだけでは何も始まらない
思っているだけでは何も始まらない
― 最後になりますが、モデルプレス読者に“夢を叶える秘訣”をアドバイスお願いします。

武田:行動すること。思っているだけでは何も始まらないから。私もずっと「やりたい」と思うことがあっても、全然行動を起こせなかったんですけど、普段の生活をしていて「このままでいいのかな?いや、ダメだ!」と思い、オーディションを受けることにしたんです。落ち込んだ時は、お友達にいっぱい相談にのってもらって乗り越える。お友達が助けです。今の理想は…バリバリお仕事をしている女性がかっこいいなって思いますね。

― ありがとうございました。

ちょっぴり人見知りという彼女だが、一生懸命悩みながら質問に答える姿が初々しく、とても可愛らしい。これまで「Popteen」で同世代のファッションアイコンとして支持を得てきたが、グラビアという新境地を開拓。男女問わず支持される“最強美女”へと成長していく未来が楽しみだ。(modelpress編集部)

モデルプレスに来社
モデルプレスに来社

武田玲奈(たけだれな)プロフィール

出身地:福島県
生年月日:1997年7月27日
血液型:B型
スリーサイズ:B73 W55 H79
身長:164cm
靴のサイズ:24cm

2013年「第2のくみっきー!発掘オーディション」でグランプリを獲得し、「Popteen」レギュラーモデルとして活躍。映画「暗殺教室」(3月21日公開)の不破優月役で女優デビューを果たす。

武田玲奈
武田玲奈
武田玲奈
武田玲奈/「週刊ヤングジャンプ」13号(画像提供:集英社)
武田玲奈/「週刊ヤングジャンプ」13号(画像提供:集英社)
武田玲奈/「週刊ヤングジャンプ」13号(画像提供:集英社)
武田玲奈/「週刊ヤングジャンプ」13号(画像提供:集英社)
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. “ショートカットの後継者”現る 「ヤンジャン史上最大級の逸材」武田玲奈、その魅力と将来性
    “ショートカットの後継者”現る 「ヤンジャン史上最大級の逸材」武田玲奈、その魅力と将来性
    モデルプレス
  2. 「Popteen」武田玲奈、ミニスカコーデでほっそり美脚披露
    「Popteen」武田玲奈、ミニスカコーデでほっそり美脚披露
    モデルプレス
  3. 「Popteen」モデル武田玲奈、「ヤングジャンプ」で異例の初表紙に抜擢
    「Popteen」モデル武田玲奈、「ヤングジャンプ」で異例の初表紙に抜擢
    モデルプレス
  4. 一気に距離が縮まる「ジャンクフードデート」6つ
    一気に距離が縮まる「ジャンクフードデート」6つ
    モデルプレス
  5. 「イケる!」と思わせて彼から誘わせる甘え方5例
    「イケる!」と思わせて彼から誘わせる甘え方5例
    モデルプレス
  6. モテる男性の気を引く行動6つ
    モテる男性の気を引く行動6つ
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. NMB48梅山恋和、8期生オーディションで求める人物像明かす「最強で最高のグループにしたい」熱い思いも<インタビュー>
    NMB48梅山恋和、8期生オーディションで求める人物像明かす「最強で最高のグループにしたい」熱い思いも<インタビュー>
    モデルプレス
  2. 「ズムサタ」初現役高校生お天気キャスター・国本梨紗が気になる 大人びた透明感ルックスが目を引く期待の美女【注目の人物】
    「ズムサタ」初現役高校生お天気キャスター・国本梨紗が気になる 大人びた透明感ルックスが目を引く期待の美女【注目の人物】
    モデルプレス
  3. 10代で起業した美女・嬉野ゆみ、インフルエンサーとしても成功掴んだ理由 “杏仁ボディ”のこだわりも明かす<モデルプレスインタビュー>
    10代で起業した美女・嬉野ゆみ、インフルエンサーとしても成功掴んだ理由 “杏仁ボディ”のこだわりも明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  4. パパラピーズ、人気YouTuberとなり意識するようになったこととは? ファンへの感謝・これからの目標も明かす<インタビュー>
    パパラピーズ、人気YouTuberとなり意識するようになったこととは? ファンへの感謝・これからの目標も明かす<インタビュー>
    モデルプレス
  5. 「今日好き」“キサはや”カップルインタビュー 継続参加で初彼氏、遠距離恋愛の近況は?「キサラに全ての信用を置いてる」
    「今日好き」“キサはや”カップルインタビュー 継続参加で初彼氏、遠距離恋愛の近況は?「キサラに全ての信用を置いてる」
    モデルプレス
  6. 元AKB48佐藤栞、アイドルオーディションにかけた思い プロデュースアイドル「刹那的アナスタシア」「かすみ草とステラ」インタビュー
    元AKB48佐藤栞、アイドルオーディションにかけた思い プロデュースアイドル「刹那的アナスタシア」「かすみ草とステラ」インタビュー
    モデルプレス
  7. “SNS界隈をざわつかせる美女”羽音、よく見るインスタは事務所の先輩・志尊淳 交流も明かす「すごいなって改めて身近で実感」<モデルプレスインタビュー>
    “SNS界隈をざわつかせる美女”羽音、よく見るインスタは事務所の先輩・志尊淳 交流も明かす「すごいなって改めて身近で実感」<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  8. ディーンフジオカ、“五代さま”再演は「見えない力で導かれた」吉沢亮の熱量も実感<「青天を衝け」インタビュー>
    ディーンフジオカ、“五代さま”再演は「見えない力で導かれた」吉沢亮の熱量も実感<「青天を衝け」インタビュー>
    モデルプレス
  9. 鈴木唯アナ、意外な交友関係明かす 軽部真一アナが“唯”と呼び捨てする理由は?【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    鈴木唯アナ、意外な交友関係明かす 軽部真一アナが“唯”と呼び捨てする理由は?【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事