態度から分かる“彼の恋愛真剣度”5項目 その恋本当に大丈夫?

「釣った魚にエサはやらない」という言葉の通り、付き合い始めた途端に構ってくれなくなる男性って一定数存在しますよね。そうなると、不安になるのは彼の気持ち。本当に愛してくれてるの?もしかして遊びなんじゃ…。そんな疑問をこっそり確認できちゃうチェックポイントをご紹介します。
態度から分かる“彼の恋愛真剣度”5項目 その恋本当に大丈夫?/photo by GIRLY DROP
態度から分かる“彼の恋愛真剣度”5項目 その恋本当に大丈夫?/photo by GIRLY DROP

「忙しくて…」は会えない理由ではない

働き盛りの男性が口にしがちなのが「ごめん、ちょっと仕事が忙しくて…」という類のセリフ。

仕事を理由にされたら、理解のない女と思われたくもないし、すんなり引き下がるしかないですよね。

でも、ちょっと待って。彼は女性側のそういった心理まで見越して、仕事を理由にしている可能性があります。

そもそもアナタのことを本当に大事に思っていたら、仕事でどんなに忙しかろうが疲れていようが、ちょっとくらいの時間の捻出はしてくれるもの。

どうしても無理だった場合でも、いつなら暇になるからなどのフォローが入るはずです。

理解のある女と思われたいからといって、そこを見誤らないように気を付けましょう。

友達付き合いのノリの良し悪しからも彼の心を見極められる

彼の気持ちを測る1つの指標となり得るのが、アナタの友達に会ってくれるかどうか、そして彼の友達に会わせてくれるかどうかです。

と言っても、「この日、私の友達に会って!」なんて言い方をしたら彼も身構えてしまいます。

あくまでも偶然一緒に飲む流れになるようなシチュエーションを作り出しましょう。

例えば、「今近くでみんなが飲んでるんだけど、ちょっとだけ顔出したくて…一緒にどう?」と聞いてみるとか。

反対に、彼が友達と飲んでいることをキャッチしたら、「たまたま近くにいるから、ちょっと挨拶したいな~」と連絡を入れてみるとか。

アナタに対して真剣であれば、きっと快く「行こう」や「おいで」と言ってくれるはずですよ。

「君の友達は俺の友達」くらいのノリの良さが理想的(Photo by pressmaster/Fotolia)
「君の友達は俺の友達」くらいのノリの良さが理想的(Photo by pressmaster/Fotolia)

それぞれのルーツでもある家族は超重要ポイント

家族って、自分自身の歴史を語る上で欠かせないもの。簡単には他言できないような壮絶な過去でもない限り、積極的に話してくれるかどうかはやはり大きなポイントと言えます。

また、アナタの家族の話を聞いてくれるかも同様。家族の関係図を覚えようとしてくれるなどの前向きさがある場合、2人の関係をかなり前向きに捉えてくれていると思って良いでしょう。

実現可能な夢を語る男性についていくべし

前述の家族の話と同様、大きなポイントなのがこれからの話しをしてくれるかどうか。

真面目に夢や将来の目標を語ってくれるようであれば、アナタのことを本気で考えていると言えるでしょう。

ただし、あまりに現実味のない夢や、達成に向けて具体的な行動が伴っていない場合は口先だけということも。

将来の話を聞く時は、ある程度の注意が必要なのかもしれません。

会話量=興味の有無

彼が口下手なタイプであったとしても、アナタのことを本気で考えているならお付き合いが始まって方も積極的にアナタのことを知ろうとするはず。

具体的には、沢山質問をして、その回答をしっかり受け止めてくれようとするはずなんです。

結果、アナタと彼の話す割合は5分5分ということに。

このバランスが崩れていて、彼がアナタのプライベートに興味・関心を示さない場合は注意したほうが良いかもしれませんね。

口下手という仮面をかぶっているだけ、なんて可能性もあるかも…。

彼の真剣度をこっそり測って、より幸せな恋愛をしよう(Photo by Syda Productions)
彼の真剣度をこっそり測って、より幸せな恋愛をしよう(Photo by Syda Productions)

あなたの都合いい女度を診断!


いかがでしたか?

恋愛は楽しいものであるはずなのに、不安や疑問を感じながら続けるのは辛いですよね。

今挙げた5つのチェックポイントを使って、アナタの恋愛がもっとハッピーなものになるようよく考えましょう。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 態度から分かる“彼の恋愛真剣度”5項目 その恋本当に大丈夫?
今読んだ記事

態度から分かる“彼の恋愛真剣度”5項目 その恋本当に大丈夫?

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事