菅田将暉、多忙極めた5年前の自分を反省「その時期の評判悪いもん、俺」<花束みたいな恋をした>

0
5
俳優の菅田将暉と女優の有村架純が26日、都内で行われたW主演映画「花束みたいな恋をした」(1月29日公開)の公開直前イベントに、メガホンをとった土井裕泰監督とともに出席した。
菅田将暉 (C)モデルプレス
菅田将暉 (C)モデルプレス
『東京ラブストーリー』(91)、『Mother』(10)、『最高の離婚』(13)、『Woman』(13)、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(16)、『カルテット』(17)、『anone』(18)など、多くの連続ドラマを手掛けてきた脚本家・坂元裕二氏が、2020年の東京を舞台に、今を生きるすべての人へ贈るため書き下ろした同作。東京・京王線の明大前駅で終電を逃したことから偶然に出会い、その夜から始まるひとつの恋の5年間の行方を、同時代のカルチャーを背景にしながら紡いでいく物語で、坂元氏が、菅田と有村とともに打ち上げる、“今世紀最強のラブストーリー”となっている。

菅田将暉&有村架純、5年間で変化したことは

菅田将暉、有村架純 (C)モデルプレス
菅田将暉、有村架純 (C)モデルプレス
そんな本作にちなみ、自身がこの5年で変化したことを尋ねられると、菅田は「風呂上がりにちゃんと髪を乾かすようになりましたね」と打ち明けて会場の笑いを誘い、「(髪を乾かすことが)面倒くさかったし、家にドライヤーもなかったし、乾かすという行為にあまり意味を感じていなかったです。髪はずっと洗いざらしでしたね」と回顧。現在はドライヤーを持っているそうで「ちゃんといいやつがあります」とニッコリ。一方、有村は「5年の間で増えたものってなんだろうって今、考えていたんですけど、コップとかお皿とか、作家さんが作ったものだったり、そういったアイテムが増えてきました」といい、「こうやって好みが変わっていくんだなって」と感慨深げに語った。

また、5年前に映画『何者』で共演していた2人は、お互いに変わったと思う部分を聞かれると、菅田は「当時、ほとんど喋ったことがなかったんですよ。だから、変わったのか、そのときはそうじゃなかったのかわからないけど、印象としては“よく喋る人なんだな”ってのは今回、知りましたね」と答え、共演者とコミュニケーションを取らない現場だったのかと追求された菅田は「最低限の会話はするけど、俳優の現場ってムードにもよるんでしょうけど、あのときは同世代の人が集まっていて、“各々のペースでやって行きましょう”って感じでもあったからかもしれないです。なので、こんに喋る人なんだというのは、今回の発見でもあります」とコメント。続けて、新たに知った有村の一面について菅田は「好奇心旺盛で、自分が知らないものとか、初めて見るものとかに抵抗感がなくて、飛び込んでいける人」と印象を語った。

そんな菅田に対して、有村は「当時、『何者』で共演させてもらったときは、全然喋らなくて、喋りかけづらいわけではなかったんですけど、壁がないというか…、壁あるのかな」と首を傾げ、菅田が「当時、話かけづらかったんだろうね。その時期の評判悪いもん、俺。よく言われるから。眠そうでピリピリしてたんだと思う」とぶっちゃけつつ反省すると、有村は「忙しすぎたんだね、きっと(笑)」とフォローした。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 菅田将暉、多忙極めた5年前の自分を反省「その時期の評判悪いもん、俺」<花束みたいな恋をした>
今読んだ記事

菅田将暉、多忙極めた5年前の自分を反省「その時期の評判悪いも…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事