木村カエラ、家での涙語る「聞かせるのが恐ろしかった」<ちいさな英雄−カニとタマゴと透明人間−>

【木村カエラ/モデルプレス=8月19日】オムニバスアニメーション映画「ちいさな英雄−カニとタマゴと透明人間−」(8月24日公開)の完成披露プレミア試写会イベントが19日、都内で行われ、声優を務めた木村文乃、鈴木梨央、尾野真千子、篠原湊大、坂口健太郎、田中泯、メガホンをとった米林宏昌監督、百瀬義行監督、山下明彦監督、エンディングテーマを手掛けた木村カエラが登壇した。
木村カエラ (C)モデルプレス
木村カエラ (C)モデルプレス
エンディングテーマ『ちいさな英雄』の作詞と歌を担当した木村カエラは、「とにかくまっすぐで明るい曲にしようというイメージがありまして、映画を見終わった皆さんが口ずさんで帰れるような、そして明るい気持ちになれるような曲になるといいなと思って、言葉選びをしていきました」と紹介。

お気に入りのフレーズについては、「どれもお気に入りなんですけど、親子でこの映画を見てほしいというプロデューサーとかの願いがあったので、親ならではの、子どもが泥んこになっていても、どんな状態でも抱っこできるというか、親の無償の愛を入れられて、子どもが伸び伸び育っていく気持ちや喜びが表現できればいいなと思いました」と明かした。

エンディングテーマ『ちいさな英雄』を歌う木村カエラ(提供画像)
エンディングテーマ『ちいさな英雄』を歌う木村カエラ(提供画像)

木村カエラ「家でちょっと泣いたんです」

さらに、出来上がった曲を聞いての感想を尋ねられると「とにかくプロデューサーに聞いてもらうのに緊張しまして、家でちょっと泣いたんですよ(笑)」と告白。

「人に曲を聞いてもらうのに、こんなに緊張したのは初めてで、歌い終わってミックスをした作品で“いいな!”って思ったんですけど、余計、緊張が増えてきてしまって、家でだんだん涙ぐんできてしましました。聞かせるのが恐ろしかったです」と打ち明けた。

(左から)百瀬義行監督、坂口健太郎、篠原湊大、尾野真千子、木村文乃、木村カエラ、鈴木梨央、田中泯、米林宏昌監督、山下明彦監督 (C)モデルプレス
(左から)百瀬義行監督、坂口健太郎、篠原湊大、尾野真千子、木村文乃、木村カエラ、鈴木梨央、田中泯、米林宏昌監督、山下明彦監督 (C)モデルプレス

篠原湊大のコメントに感嘆の声

スタジオポノックが新設した短編アニメーション制作レーベル『ポノック短編劇場』の第1弾となる同作。米林監督によるカニの兄弟の大冒険ファンタジー『カニーニとカニーノ』、百瀬監督による母と少年の愛と感動の人間ドラマ『サムライエッグ』、山下監督による見えない孤独な闘いをスペクタクルアクションで描く『透明人間』の3つの短編で構成される。

木村カエラ (C)モデルプレス
木村カエラ (C)モデルプレス
坂口健太郎、篠原湊大 (C)モデルプレス
坂口健太郎、篠原湊大 (C)モデルプレス
イベントでは、各監督がぞれぞれの作品のキーワードを紹介し、そのキーワードについてトークを展開。『サムライエッグ』の百瀬監督は“歯”と挙げると、ママ役を演じる尾野は「この物語の中で歯がちょっと出てくるんです」とネタバレを恐れて多くを語らず、パパ役と医者役を演じる坂口も「やっぱり歯は印象的なシーンがあったり、(篠原演じる)シュン君に繋がる…。映画を見ていただければわかっていただけると思います」ともごもご。しかし篠原が「最後にママからの大切な言葉があるので、そこに注目してください」とコメントすると、会場から「しっかりしている」と感嘆の声が上がった。

また、同作の舞台となった府中市にゆかりがあるという坂口。「学生のときに行っていましたね。作品の中でもお祭りのシーンがあるんですけど、僕が学生のときによく友だちと遊びに行っていたお祭りのシーンが出ていたりとか、街並みも懐かしい感じは、撮りながら思いました」と打ち明けた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 木村カエラ、家での涙語る「聞かせるのが恐ろしかった」<ちいさな英雄−カニとタマゴと透明人間−>
今読んだ記事

木村カエラ、家での涙語る「聞かせるのが恐ろしかった」<ちい…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事