久々の“色っぽい役”佐藤江梨子「ちょっと嘘の体重を言った」と告白<ラプラスの魔女>

映画「ラプラスの魔女」(5月4日公開)完成記念イベントが4日、東京ミッドタウン日比谷にて行われ、櫻井翔広瀬すず福士蒼汰志田未来佐藤江梨子高嶋政伸、三池崇史監督が登壇した。
佐藤江梨子(C)モデルプレス
佐藤江梨子(C)モデルプレス
撮影を振り返った佐藤は「急遽アクションが少し増えて嬉しかったんですけど…」と切り出し、「佐藤さん、体重何キロですか?」と突然聞かれたという。佐藤は「スタッフさんがいっぱいいる前で大きな声で聞かれたので、大きな声で嘘の体重を言いました」と告白し、会場を笑わせ、「それは女心で」と茶目っ気をみせた。

今作で未亡人を演じる佐藤。「最近母親役が多かったので、色っぽい役をいただけて、嬉しかったです」と笑顔で喜んでいた。

映画「ラプラスの魔女」とは

三池崇史監督、志田未来、福士蒼汰、櫻井翔、広瀬すず、佐藤江梨子、高嶋政伸(C)モデルプレス
三池崇史監督、志田未来、福士蒼汰、櫻井翔、広瀬すず、佐藤江梨子、高嶋政伸(C)モデルプレス
東野圭吾氏の小説を原作とした今作。地球化学の研究者である大学教授・青江修介が警察の依頼を受けて不可解な2つ事件を調査していく中で、その場所で次に起こる自然現象を言い当てる女・円華と遭遇。青江は、彼女が失踪した甘粕という青年を探していることを知る一方、警察が「円華には、なにか不思議な力が備わっている」として事件への関与を疑い始めたところ、第3の事件が発生する。

謎多き事件の調査に当たる生真面目な大学教授・青江修介を演じるのは、4年ぶりの映画単独主演となる櫻井。自然現象を予言するヒロイン・羽原円華を広瀬、円華が探している失踪中の青年・甘粕謙人を福士が演じる。

広瀬すず、佐藤江梨子、高嶋政伸(C)モデルプレス
広瀬すず、佐藤江梨子、高嶋政伸(C)モデルプレス
この日は、3月29日にグランドオープンしたばかりの東京ミッドタウン日比谷で、日本映画としては初めてイベントを実施。櫻井と広瀬、福士らがレッドカーペットに登場すると、集まった1000人のファンは大興奮の歓声を上げた。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 久々の“色っぽい役”佐藤江梨子「ちょっと嘘の体重を言った」と告白<ラプラスの魔女>
今読んだ記事

久々の“色っぽい役”佐藤江梨子「ちょっと嘘の体重を言った」と…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事