成田凌、親の反対押し切り芸能活動「一度も褒められたことがない」

28日、都内にて映画「キセキ -あの日のソビト-」の公開初日舞台あいさつが行われ、W主演を務める松坂桃李菅田将暉のほか、忽那汐里横浜流星成田凌杉野遥亮平祐奈、兼重淳監督が登壇した。
成田凌、親の反対押し切り芸能活動「一度も褒められたことがない」(C)モデルプレス
成田凌、親の反対押し切り芸能活動「一度も褒められたことがない」(C)モデルプレス
トークコーナーでは、アーティストになる夢を家族に反対されるという内容にちなみ、「家族は夢を応援してくれているか?」というテーマに登壇者が回答。

2013年より「MEN'S NON-NO」専属モデルとして活動をスタートさせ、俳優としても注目を集める成田は、「僕は二段階の親の反対がありまして」と切り出し、美容学校への進学を希望した時、そして芸能界入りを決断した時の二度にわたり家族から大反対されたことを告白。

成田凌 (C)モデルプレス
成田凌 (C)モデルプレス
イベントにもほとんど招待しているものの、「基本ノーコメント」だそうで、「今でも一度も褒められたことがありません」とあっけらかんとコメント。

しかし、兄だけは芸能活動に賛成してくれているそうで、グリーンボーイズメンバーと対面した時のことを「人生で一番興奮したってインスタに書いてた(笑)」と明かし、笑いを誘っていた。

GReeeeNの名曲「キセキ」誕生秘話を映画化

左から:兼重淳監督、平祐奈、忽那汐里、松坂桃李、菅田将暉、横浜流星、杉野遥亮、成田凌 (C)モデルプレス
左から:兼重淳監督、平祐奈、忽那汐里、松坂桃李、菅田将暉、横浜流星、杉野遥亮、成田凌 (C)モデルプレス
同作は、歯科医師とアーティストを両立する顔出し一切無しの異色ボーカル・グループ「GReeeeN」の名曲「キセキ」が誕生した秘話を描いた作品。松坂演じるジンと菅田演じるヒデ、2人の兄弟を中心にその家族と仲間との間で起こる様々な迷いと衝突の中で、自分の進むべき道を切り開いていく姿を描き出す青春ストーリー。

キャスト陣の登場時には、観客500人が「キセキ」を大合唱して歓迎した。(modelpress編集部)

ソロショットあり!フォトギャラリー



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 成田凌、親の反対押し切り芸能活動「一度も褒められたことがない」
今読んだ記事

成田凌、親の反対押し切り芸能活動「一度も褒められたことがな…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事