忽那汐里 くつなしおり

「忽那汐里」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「忽那汐里」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「忽那汐里」に関連するモデルプレス記事

忽那汐里のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

忽那汐里のプロフィール

忽那汐里(くつなしおり)

本名:忽那 汐里
生年月日:1992年12月22日(20歳)
出生地 :オーストラリア シドニーキラニーハイツ
国籍:日本
身長:160cm
血液型:A型
職業:モデル、女優
ジャンル:映画、テレビドラマ、CM
活動期間:2006年 -
事務所:オスカープロモーション

忽那 汐里(くつな しおり、1992年(平成4年)12月22日 - )は、日本のアイドル、女優である。オーストラリアシドニーキラニーハイツ出身[1]。オスカープロモーション所属。キラニーハイツパブリックスクール卒業、堀越高等学校卒業。2010年現在、都内の大学に在学中[2]。

■略歴
・2006年 - 第11回『全日本国民的美少女コンテスト』で審査員特別賞を受賞。

・2007年 - 『3年B組金八先生』(TBS)で帰国子女[3]の少女の役を演じて、女優デビュー。

・2008年 - ユニチカ『ユニチカマスコットガール』[4]と江崎グリコ『Pocky(ポッキー)』の第50代ポッキープリンセス[5]に抜擢された。

・2009年 - 2月9日に日本では初の開催(7月)となる国際生物学オリンピックの生物大使に任命された。また、『7万人探偵ニトベ』(ビーエス朝日)でドラマ初主演。

・2012年 - 第85回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞を受賞[6]。第66回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。

■人物
・国民的美少女コンテストには、学校の冬休み(日本の夏にあたる)を利用してシドニーから参加した。2006年に日本に戻り、祖父母の家で暮らしていたが、2007年冬(オーストラリアの夏)から、母親と弟が帰国したため東京で3人で暮らしている。

・日本語と英語のバイリンガル。家族とは普段から日本語を話して生活していたため、日本で仕事をするまでは自分では完璧な日本語を話すことが出来ると思っていたが、撮影現場では時折、日本語の発音のおかしさを指摘されることがある[3]。

・2011年(平成23年)2月18日に堀越高等学校を卒業した。同級生には、親友で同じ事務所の河北麻友子、『少女たちの羅針盤』で共演した成海璃子、三浦萌、永井杏、西脇彩華などがいる。

・大のカメラ好きで写真を撮ることを趣味としている。コンデジ、アナログ、一眼レフ含め10台のカメラを所有している。俳優の染谷将太とはカメラ仲間である[7]。

・キャラクター物や縫い包みに興味が無く、帰国後に嵌った趣味がこけし収集で、現在30体程集まっている。

・好きな音楽はロックとクラシック、ビートルズや椎名林檎、ゆらゆら帝国[8]。それ以外にも久石譲や坂本龍一などを聴くという[9]。また、2010年4月12日放送のフジテレビのめざにゅ〜にて、日本に帰ってきて初めて好きになった洋楽以外のミュージシャンは椎名林檎だと語っている。

出演
■映画
・守護天使(2009年6月20日、エイベックス・エンタテインメント) - 宮野涼子 役

・半分の月がのぼる空(2010年4月3日、IMJエンタテインメント) - 秋庭里香 役

・ちょんまげぷりん(2010年7月31日、ジェイ・ストーム) - 時翔庵の娘 役

・BECK(2010年9月4日、松竹) - 南真帆 役

・少女たちの羅針盤(2011年5月14日、クロックワークス / ゴー・シネマ) - 江嶋蘭 役

・マイ・バック・ページ(2011年5月28日、アスミック・エース エンタテインメント) - 倉田眞子 役

・グスコーブドリの伝記(2012年7月7日、ワーナー・ブラザース映画) - ネリ(声) 役[10]

・ワーキング・ホリデー(2012年11月17日、よしもとクリエイティブ・エージェンシー)

・つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語(2013年1月26日、東映) - 山田麻千子 役

・ペタル ダンス(2013年4月20日公開予定、ビターズ・エンド) - 原木 役

・許されざる者(2013年9月13日公開予定、ワーナー・ブラザース映画) - なつめ(遊女) 役

■テレビドラマ
・3年B組金八先生 第8シリーズ(2007年10月11日 - 2008年3月20日、TBS) - 金井亮子 役

・太陽と海の教室(2008年7月21日 - 9月22日、フジテレビ) - 藤沢理紗 役

・Pocky 4Sisters! 「出せない手紙編」(2008年12月27日、BS-i) - ストーリーテラー 役

・メイちゃんの執事(2009年1月13日 - 3月17日、フジテレビ) - 天羽凛 役

・7万人探偵ニトベ(2009年4月23日 - 6月25日、BS朝日) - 新渡戸つぐみ 役(主演)

・魔女裁判(2009年4月25日 - 7月11日、フジテレビ) - 柏木遥 役

・小公女セイラ(2009年10月17日 - 12月19日、TBS) - 水島かをり 役

・卒うた 第1夜 「Best Friend」(2010年3月1日、フジテレビ) - 佐藤真美 役

・見知らぬわが町(2011年5月5日、NHK福岡) - 竹本望美 役(主演)

・示談交渉人 ゴタ消し(2011年1月6日 - 3月31日、読売テレビ) - 桜彩乃 役

・3年B組金八先生ファイナル 「最後の贈る言葉」(2011年3月27日、TBS) - 金井亮子 役

・名探偵コナンドラマスペシャル 工藤新一への挑戦状〜怪鳥伝説の謎〜(2011年4月15日、読売テレビ) - 毛利蘭 役

・名探偵コナン 工藤新一への挑戦状(2011年7月7日 - 9月29日、読売テレビ) - 毛利蘭 役

・大河ドラマ 江〜姫たちの戦国〜 第40 - 最終話(2011年10月16日 - 11月27日、NHK) - 千 役

・家政婦のミタ(2011年10月12日 - 12月21日、日本テレビ) - 阿須田結 役

・O-PARTS〜オーパーツ〜(2012年2月27日 - 3月1日、フジテレビ) - 宮前友紀 役

・名探偵コナンドラマスペシャル 工藤新一 京都新撰組殺人事件(2012年4月12日、読売テレビ) - 毛利蘭 役

・世にも奇妙な物語 2012年 春の特別編 「試着室」(2012年4月21日、フジテレビ) - 柏木美沙 役(主演)

・夢の扉 特別編 「20年後の君へ」(2012年7月1日、TBS) - 澤田麻理子 役

・シングルマザーズ(2012年10月23日 - 12月11日、NHK) - 木島雪乃 役

・泣くな、はらちゃん(2013年1月19日 - 、日本テレビ) - 紺野清美 役

■バラエティ
・第11回全日本国民的美少女コンテストグランプリ誕生密着ドキュメント(2006年9月10日、テレビ朝日)

・アナザースカイ(2012年11月、2013年1月、日本テレビ)- 2012年は、VTR出演

■CM
・NTT東日本 DENPO115(2008年3月1日、その日、その手に 篇)

・江崎グリコ pocky(2008年 - 2010年) - 第50 - 51代 ポッキープリンセス
(2008年9月30日、NEWポッキーデビュー 篇)
(2008年11月1日、はじけて学園天国 篇)
(2009年9月8日、エビバデポッキー 篇)

・アエラホーム クラージュ / 「環境設計の家」
(2008年10月4日、夏涼冬暖 篇 / エコロジー 篇)
(2012年11月1日、星にたつ 篇 / うたたね 篇)[11]

・TAKARATOMY Hi-kara(2008年)
(2008年10月4日、ハイっちゃいます 篇)
(2008年10月31日、ダウンロード 篇)

・モスフードサービス モスバーガー(2011年 - )
(2010年12月26日、塩バターチキンバーガー)
(2011年4月2日、旨辛テリヤキバーガー)
(2011年4月26日、モスワイワイセット / モスのドライブスルー / おはよう朝モス)
(2011年6月23日、ナン・タコス / ナン・黒カリー)
(2011年12月17日、モスチキンパック)
(2011年12月26日、金のテリヤキ)
(2012年3月16日、旨辛モスバーガー)
(2012年7月6日、モス野菜バーガー / カポナータバーガー)
(2012年12月15日、Merry Xmos! モスチキンパック)
(2012年12月26日、バーベキューフォカッチャ)

・京都きもの友禅 企業(2010年12月28日、母の想い 篇)

・SUNTORY ウーロン茶プレミアムクリア(2011年4月5日、雲梯 篇)

・dip はたらくスマイルプロジェクト(2011年 - ) - 星野夏子 役
(2011年6月15日、スマイルプロジェクト はたらく笑顔 篇)
(2011年6月15日、バイトルドットコム 動画応募 篇 / スマートフォン 篇)
(2011年6月15日、はたらこねっと スタイル・マッチング 篇)
(2011年7月5日、ナースではたらこ 転職 篇)

・DAIHATSU キャンペーン(2012年 - )
(2012年4月、ショッパー 篇)
(2012年4月、福袋 篇)

・カリエ BEASHOW by Noz
(2012年5月14日、大自然 篇 / Cafe 篇)
(2012年12月、パリの休日 篇)

・セイコーエプソン カラリオ(2012年 - )
(2012年6月30日、プリッ子、はじめる 篇)
(2012年8月28日、ひとりでカンタン 篇 / どこからでも 篇)
(2012年11月、Wクツナの年賀状 篇)

・ポッカサッポロフード&ビバレッジ 「ヒラメキ宣言」(2013年1月1日、ひらめきレモン 篇)[12]

■広告
・第16代ユニチカマスコットガール(2008年 - 2009年)

・第20回国際生物学オリンピック生物大使(2009年)

・警視庁 警察官採用ポスター(2009年)

・消防庁 全国統一防火標語 防火ポスター(2010年)

・京都きもの友禅イメージキャラクター(2011年 - )

・中央労働災害防止協会 「全国労働衛生週間」ポスター(2011年)

・財団法人消防試験研究センター 資格試験広報用ポスター(2012年)[13]

■PV
・ORANGE RANGE(2008年11月12日、おしゃれ番長 feat.ソイソース / 中華料理 篇)

・ASIA ENGINEER (2009年6月17日、僕にできる事のすべて)

■WEB
・モバドラvol.2 4×4 「美咲 〜never cry」(2010年3月24日、Universal J) - 美咲 役

・就活戦線異状あり(2010年5月3日 - 31日、LISMO Channel) - 玲奈 役

・otogi★story 「かぐや姫」(2012年7月5日、NTTdocomoアプリ&レビュー) - かぐや姫 役

■ゲーム
・レイトン教授と超文明Aの遺産(2013年発売予定、レベルファイブ) - アーリア 役[14]

作品
■DVD
・第11回全日本国民的美少女コンテスト 国民的美少女2006(2006年11月15日、イーネットフロンティア)

■写真集
・忽那汐里ファースト写真集 seven sips of water. (2010年8月27日、ワニブックス、撮影:横浪 修)ISBN 978-4847043048

■受賞歴
・第11回 全日本国民的美少女コンテスト 審査員特別賞

・第85回 キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞(2011年)
『少女たちの羅針盤』『マイ・バック・ページ』

・第66回 毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞
『マイ・バック・ページ』

■脚注
[1]“2009ユニチカマスコットガール 忽那汐里”. ユニチカ. 2012年11月4日閲覧。
[2]“忽那汐里が推薦入試で大学合格”. デイリースポーツ. (2010年12月17日) 2012年11月4日閲覧。
[3]a b 『金八先生』出演当時、日本語の発音に難があったために忽那の役は帰国子女という設定にせざるを得なかったという(本人談。日本テレビ系『アナザースカイ』2013年1月18日、その他)。
[4]“忽那汐里がユニチカマスコットガールに”. 日刊スポーツ. (2007年11月6日) 2012年11月4日閲覧。
[5]“忽那汐里が『第50代 ポッキープリンセス』に抜擢”. オリコンスタイル. オリコン (2008年9月29日). 2012年11月4日閲覧。
[6]“2011年 第85回キネマ旬報ベスト・テン”. キネマ旬報社. 2012年1月19日閲覧。
[7]『PS』2011年8月号、小学館、2011年。
[8]“忽那汐里さん(家政婦のミタ)”. 読売新聞. (2011年10月8日) 2011年10月12日閲覧。[リンク切れ]
[9] (インタビュー)“忽那汐里-様々な顔を見せる彼女の女優魂と等身大の姿に迫る!”. オリコンスタイル. (2010年3月31日) 2012年11月4日閲覧。
[10]“小栗旬・忽那汐里、宮沢賢治原作のアニメ映画『グスコーブドリの伝記』のメイン声優に”. オリコンスタイル (2012年3月9日). 2012年11月4日閲覧。
[11]アエラホーム新CM放送開始のお知らせ(2012年10月31日)
[12]ポッカサッポロフード&ビバレッジ 「ヒラメキ宣言」忽那汐里出演TVCMを公開 navicon(2012年12月25日)
[13]“広報ポスター”. 消防試験研究センター. 2012年11月4日閲覧。
[14]“『レイトン教授と超文明Aの遺産』キャスト発表! 謎の少女アーリア役は忽那汐里!”. ファミ通.com (2012年9月20日). 2012年11月4日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

忽那汐里を「ウィキペディア」で参照する