モデルプレスのインタビューに応じた竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス

竹内涼真“恋の妄想”爆発!?葉山奨之と語った“青春時代”のあれこれ…「結局王道がいい」「仲良くなれてよかった」<「青空エール」座談会>

2016.08.19 20:00
0
0

累計発行部数390万部突破の人気コミックを実写化した映画「青空エール」(8月20日公開)。今回モデルプレスでは、同作に出演する俳優の竹内涼真(23)さんと葉山奨之(20)を迎え、爽やかで切ない“青春ど真ん中”をテーマにした座談会を実施しました!「僕の青春は、映画『青空エール』に負けないくらい眩しかった!」「映画に登場する女性キャラクターの中で、1番タイプなのは主人公・小野つばさ(土屋太鳳さん)だ」「青春時代の自分に一言メッセージ」の3つQ&Aから見えた、2人の青春時代とは…?心に染みるエピソード、クスッと笑える思い出、叶わなかった恋の妄想まで!?竹内さんと葉山さんの意外な素顔を覗いちゃいます!

映画「青空エール」

同作は「高校デビュー」、「俺物語!!」などを生み出した河原和音先生の累計発行部数390万部突破の同名コミックを実写化。甲子園で野球部を応援する吹奏楽にあこがれて、初心者ながらも吹奏楽部に入部しトランペットを始める主人公・小野つばさ(土屋さん)、つばさと惹かれ合い、応援し合いながら夢に向かって進む野球部員・山田大介(竹内さん)、吹奏楽部の仲間として時につばさを支え、時にぶつかり合う水島亜希(葉山さん)らの青春を描いています。

映画「青空エール」(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
メガホンを取るのは、「アオハライド」「僕等がいた 前篇/後篇」など少女漫画原作の映画を次々とヒットに導いた三木孝浩監督。そして、土屋さん、竹内さん、葉山さんのほか、堀井新太さん、小島藤子さん、松井愛莉さん、平祐奈さん、山田裕貴さん、志田未来さん、上野樹里さんら華やかなキャストが集結しました。

Q.1「僕の青春は、映画『青空エール』に負けないくらい眩しかった」

竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
竹内→○
葉山→×

葉山:いやいや、負けるな~。俺はあんなに部活に一生懸命じゃなかったし、逆に反抗してた。

竹内:もう仕事してたし、忙しかったんじゃないの?

葉山:「青空エール」とは全然違う世界観の中で生きてたな。だから、今回演じてみて「もっと一生懸命頑張ってみればよかったな」って思った。

竹内:なるほどね。僕はサッカーに打ち込んでたし、「負けないくらい頑張った」って気持ちがある。高校3年間は地元から離れた学校に通ってたし、サッカー一色の生活だったね。あとから知ったけど、奨之と高校一緒だよね。

葉山:そうそう!びっくりだよね。高校1年生のとき涼真くんが3年生だから、実際は関わりなかったんだけどね。

竹内:地方から来た人いっぱいいたでしょ?

葉山:聞いたことない方言とか飛び交ってて。北海道の人とかもいたよね。

竹内:「したっけ、したっけ」みたいな。可愛かったな~。

葉山:僕は福岡。「しとっちゃろ?」みたいな。

竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
竹内:色んな人がいて、新鮮な学校だったよね。僕が奨之と同じ学校だって知ったの「青空エール」が決まってからなんだけど、いつ知った?

葉山:僕も同じ。今回共演したことがきっかけで仲良くなれてよかったな。一緒のクラスだったら、絶対面白かったよね。

竹内:修学旅行とか一緒だったらヤバいでしょ。

葉山:ハワイね!

竹内:あ~絶対楽しいよ~。一緒に行ったら何する?

葉山:寝ない!わちゃわちゃしたい!

竹内:この関係性が多分面白いと思う。ふざけたこともするし、楽しいこともするしみたいな。実際僕は、相部屋の友達がインフルエンザで来れなくなって、2人部屋に1人になったんだよ。お菓子とかジュースとか買い込んで、誰も入って来れないようにして、2人分の広さを楽しんでた。

葉山:怒られなかったの?僕、修学旅行の部屋で居留守使ったことがあって、そのときめっちゃインターホン鳴らされて…先生にめっちゃ怒られたよ(笑)。

Q2.「映画に登場する女性キャラクターの中で、1番タイプなのは小野つばさ(土屋太鳳)だ」

竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
竹内→○
葉山→×

葉山:たまにこの話したよね。

竹内:僕は感情移入しちゃってるから、つばさのことが好きかな。自分でもスポーツやってたから、試合に応援に来てくれるってことの嬉しさを知ってるんだよね。例えば、野球ならヒットとかホームランとか打ったときの相手の顔も見たいんだよ。でも、現実だとそれは遠いから確認できない。今回は映画だから、つばさの一生懸命応援してくれてる姿を映像で見ることができて、それが可愛くてしょうがなかった。好きな人が自分をどんな表情で見てるのかってことは、やっぱり知りたいよね。

葉山奨之、土屋太鳳(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
葉山奨之、土屋太鳳(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
土屋太鳳、竹内涼真(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
土屋太鳳、竹内涼真(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
葉山:確かに!普通は絶対見れないもんね。

竹内:そこで1番心を掴まれたね。奨之は?

葉山:特に誰もいないんだよね。出てくる人はみんな素敵なんだけど、水島って役的にそういう目線で見れなかった。だって嫌じゃない?「水島があいつと付き合ってるんだって!」とか(笑)。

竹内:イメージ的に水島は、別の学校の吹奏楽部の子とかと付き合ってるんだと思ってた。

葉山:(竹内演じる)大介は野球部だよね?マネージャーとかじゃないの?平祐奈ちゃん。

平祐奈(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
平祐奈(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
竹内涼真(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
竹内涼真(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
竹内:マネージャーと恋はしてみたいよ。でも、実際問題、それは絶対出さないでほしい(笑)。みんなのマネージャーだから。

葉山:しんどいときとかに、水を「はい」とか笑顔で渡されたら、好きにならないの?

竹内:マネージャーはみんなのオアシスだから。フラットにしないと。

葉山:元スポーツマンは言うことが違うね!マネージャーとの恋とか憧れる~。

竹内:僕は同じクラスの子とがいいな。普段はバチバチし合ってる気の強い女の子。

葉山:それ実体験?

竹内涼真、土屋太鳳(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
竹内:いや、妄想。憧れトーク。ちょっと話していい?

葉山:いいよ(笑)。

竹内:その子は、すごい可愛いの。可愛いんだけど、お互い「絶対ないよ~」って言い合ってる。で、ある日、試合にその子を呼びます。そして、僕が点を決めます。ワーって仲間と喜んでるときに、その子と目が合うんです。彼女は「絶対にない」って言ってたのに…妙な感情を抱いてしまった瞬間、恋が始まります。

葉山:今の、(「青空エール」の)三木監督に撮ってもらおうよ!僕がライバル役で出るから(笑)。

竹内:楽しそ~。学園ラブストーリーね。

葉山:やっぱり、普通の制服でデートとか憧れる。自分が出来なかったから、道歩いてるカップルの高校生見てると「いいな~」って思う。

竹内:結局王道なやつがいいよね。

Q3.「青春時代の自分に一言メッセージ」

竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
竹内→「スポーツやってて良かったな」
葉山→「部活をしとけ」

葉山:部活をやっていなかったので。今回「やっとけばよかった」って思ったから。この作品に出演して、マネージャーさんに「部活やっとけばよかったですね」ってすぐ言った。すごい後悔してる。一生懸命頑張るってかっこいいな、ちょっと悔しいなって。だから「やっとけ!」って言いたい。

竹内:僕もそのまま。スポーツやってて良かったって。スポーツで本気でぶつかってきた仲間たちって、お世辞とか気を遣うとかなくても、最後まで一緒にいれるって思うんだよね。きつかった練習とか、出れなかった試合とか、その収穫っていうのは今ちゃんとあるから、最後までやり通して良かったなと思う。

葉山:今の話聞いてて、すごい良いなって思った。すごくかっこいい。「青空エール」観ると、男女関係なく、「部活やりたい」とか「部活やってて良かった」とか思うと思うんだよね。

竹内:この話は高校生だけど、遅いとか年齢とか関係ないと思うので、何かのきっかけになってほしいね。

仲良すぎでNG!?撮影裏で見せた素顔とは…?

竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
この日、先に現場入りした葉山さん。「今日は涼真くんと一緒なんだよね」とウキウキで、竹内さんが登場すると「久しぶり~!!」とハグ。竹内さんも嬉しそうな表情で、それに応じ、撮影中も和気あいあいと楽しそうな雰囲気でした。

葉山奨之、竹内涼真(C)モデルプレス
“COOL”をテーマに撮影したソファーに座ったカットでは、嬉しさと恥ずかしさからか、なかなか笑いが堪えられず、知らぬ間に顔が緩んでしまう2人。そんな竹内さんと葉山さんの仲良しぶりが特に炸裂したのは、Vine撮影。息ぴったりで、じゃれ合いながら面白Vineを一発OK!かと思いきや…あまりのハイテンションに「もう少し普通にいきましょうか(笑)」と、マネージャーさんたちのNGが飛び出すほど。

「もう少し抑え気味にいきます!」と意気込みながらも、仲良しぶりがばっちり表現された元気いっぱいのVineが完成しました。

「本当に濃い時間」「この先一生付き合っていく」…2人の絆

竹内涼真(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
竹内涼真(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
葉山奨之(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
葉山奨之(C)2016 映画「青空エール」製作委員会 (C)河原和音/集英社
2人がこんなにも仲を深めることができたのは、「青空エール」での撮影があってこそ。竹内さんは野球、葉山さんはトランペットと、お互い未経験の分野に挑戦し、部は違えどもキャプテン役として高め合ってきた結果。

「本当に濃い時間を過ごすことができました。みんなが同じ方向を向いて一生懸命で…こういう仲間ができたことが嬉しかったです」(竹内)、「最初は大変でしたけど、徐々に掴んでいって、学ぶことも多い現場でした。キャストの人たちとは、この先一生付き合っていくんだろうなって思います」(葉山)、と「青空エール」で2人が得たモノはとても大きいようです。

竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
誰しもが何か“エール”を受け取ることのできる希望の詰まった作品。竹内さん、葉山さんが演技に乗せて届ける、その“エール”をあなたも受け取ってみては?(modelpress編集部)

竹内涼真(たけうち・りょうま)プロフィール

1993年4月26日生まれ。2013年4月女性ファッション誌『mina』初の男性専属モデルオーディション「minaカレグランプリ」にて2457人の中からグランプリを獲得。2014年10月より、『仮面ライダードライブ』の主演・泊進ノ介(仮面ライダードライブ)役を務める。その後はドラマ『下町ロケット』(2015年、TBS)、『時をかける少女』(2016年、日本テレビ)など話題作に出演。映画『青空エール』(8月20日公開)に、主演・土屋太鳳の相手役となる山田大介役で出演する。

葉山奨之(はやま・しょうの)プロフィール

1995年12月19日生まれ。2011年にテレビドラマ「鈴木先生」でデビュー。連続テレビ小説「まれ」でヒロイン・土屋太鳳の弟役として出演し知名度が上昇。今後は、映画「青空エール」(8月20日公開)をはじめ、「古都」(2016年12月3日公開予定)、「アズミ・ハルコは行方不明」(2016年12月公開予定)、「きょうのキラ君」(2017年2月25日公開予定)の公開が控える。

映画「青空エール」8月20日(土)全国東宝系公開

出演:土屋太鳳、竹内涼真葉山奨之、堀井新太、小島藤子、松井愛莉/平祐奈、山田裕貴/志田未来/上野樹里
監督:三木孝浩
原作:「青空エール」河原和音(集英社マーガレットコミックス刊)
脚本:持地佑季子
音楽:林ゆうき

<ストーリー>
ブラスバンドの応援に憧れる小野つばさは、吹奏楽部の名門・白翔高校に入学する。だが、トランペット初心者のつばさ。レベルの高い猛練習についていけず、何度も挫折しそうになる。そんなつばさを勇気づけてくれたのが、クラスメートで野球部員の山田大介。お互い夢に向かって励まし合うふたりは、ある「約束」をかわす。それは、いつか甲子園に大介が出場し、アルプススタンドでつばさがトランペットで応援すること。いつの間にかつばさには、大介へのほのかな想いが芽生えていた。1年生の夏、地区予選の決勝まで勝ち進んだ野球部を、吹奏楽部が応援することに。ところが途中出場した大介のミスで惜しくも敗退。グラウンドで立ち尽くす大介のために、つばさは1人でトランペットを吹いてしまう。謹慎処分となったつばさを心配して訪ねて来た大介。ふくらむ気持ちを抑えきれずに、つばさは大介に「好き、って言ったら困る?」と告白してしまう。つばさと大介の恋の行方は?そして、ふたりの夢のたどりつく先は?

葉山奨之、竹内涼真(C)モデルプレス
竹内涼真、葉山奨之(C)モデルプレス
竹内涼真(C)モデルプレス
竹内涼真(C)モデルプレス
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. シネマトゥデイ
  2. モデルプレス
  3. シネマトゥデイ
  4. シネマトゥデイ
  5. モデルプレス
  6. シネマトゥデイ
  7. モデルプレス
  8. シネマトゥデイ