映画「暗殺教室」出演の山本舞香「女子なりの悩みが…」撮影舞台裏を明かす

【モデルプレス】Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演をつとめる映画「暗殺教室」(3月21日公開)に出演する女優でモデルの山本舞香が、撮影舞台裏を明かした。
映画「暗殺教室」出演の山本舞香「女子なりの悩みが…」撮影舞台裏を明かす【モデルプレス】
映画「暗殺教室」出演の山本舞香「女子なりの悩みが…」撮影舞台裏を明かす【モデルプレス】
山本舞香
山本舞香
4日、都内にて同作の完成報告記者会見が行われ、主演の山田らとともに出席。撮影期間中はキャストらと合宿をして挑んでいた山本は、女性キャスト陣との合宿現場について問われ、「『どんなキャラが好き?』とか、『太ってきちゃった』とか女子なりの悩みも話しました」と女子トークの内容を披露すると「撮影関係ないじゃん」とツッコミが入り笑いに包まれる一幕も。スラリとした美脚を披露し会見に登場した山本だが、「撮影が終わる頃にはみんなぽっちゃりしちゃって、撮影終わりに走ったりしてました」と仲睦まじいエピソードを明かした。

同作では地球を破壊することを宣言する謎の超生物が担任として現れ、その生物を暗殺するように突然国から命じられた進学校・椚ヶ丘中学の落ちこぼれクラス、“エンド”のE組の生徒・茅野カエデ役を演じる山本。撮影を振り返り「合宿をして撮影するのも初めてだし、銃を打つのも初めてだし楽しかったです」と笑顔を見せた。

山本舞香
山本舞香

映画「暗殺教室」とは

同作は2012年、少年漫画誌「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)にて連載開始直後から話題を呼び、同年11月に第一巻を発売。その後、約2年弱という驚異的なスピードで累計発行部数1100万部(既刊11巻)を突破。“暗殺×教育”という相容れない二つの要素を掛け合わせた斬新な設定と、“殺せんせー”をはじめ、ユーモラスなキャラクターたちが子供から大人まで、まさにあらゆる世代に受け、人気漫画として愛されている。

なお、記者会見には山本、山田のほか、菅田将暉、知英、椎名桔平、羽住英一郎監督も出席した。(modelpress編集部)

山本舞香(やまもとまいか)プロフィール
生年月日:1997年10月13日
出身地:鳥取県
血液型:B型
星座:天秤座
身長:154cm
趣味:人間観察
特技:空手(黒帯)・ソフトボール
好きな食べ物:キャベツ・トマト・お寿司
座右の銘:「己を信じよ」

「鳥取美少女図鑑」に掲載されていた写真を見てスカウトされる。2011年、三井不動産リアルティ株式会社の14代目リハウスガールを務め、同年にティーン向けファッション誌「nicola」専属モデルとして活動スタートし2014年5月号をもって卒業。2011年7月には「それでも、生きてゆく」で女優デビューも果たした。2013年には「仮面ティーチャー」(日本テレビ)、2014年には「夜のせんせい」(TBS系)など、期待の若手女優として多数のドラマに出演。2015年には映画「暗殺教室」「Zアイランド」が公開される。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 映画「暗殺教室」出演の山本舞香「女子なりの悩みが…」撮影舞台裏を明かす
今読んだ記事

映画「暗殺教室」出演の山本舞香「女子なりの悩みが…」撮影舞台…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事