岐洲匠、八村倫太郎

八村倫太郎、岐洲匠のおかげで「役者として成長できた」BLドラマ『佐原先生と土岐くん』インタビュー

2023.12.07 07:00
提供:TVerプラス
岐洲匠、八村倫太郎

岐洲匠さんと八村倫太郎さん(WATWING)がW主演を務めるMBSドラマシャワー『佐原先生と土岐くん』(MBS、毎週木曜25:29~ほか)が、現在放送中。12月7日には第2話が放送されます。


本作は、鳥谷コウさんの同名人気BLコミックが原作の、体育教師とヤンキーが織りなす“もどかしすぎるラブコメディ”。喧嘩っ早いヤンキーだが実はピュアな土岐奏(八村さん)は、唯一自分と向き合ってくれた担任であり体育教師の佐原一狼(岐洲さん)に恋をしてしまいます。先生に会いたいという思いだけで学校に通う土岐くんと、佐原先生の不器用で一途な恋が始まる――。


本作で初共演となる岐洲さんと八村さん。インタビューでは、初対面時でのお互いの印象や、一緒にお芝居してみて感じたことを語ってくれました。


岐洲匠、八村倫太郎の宣材写真を見て「尖ってんな~」


――原作、または脚本を読んで受けた印象について教えてください。


岐洲:とても爽やかな作品だと思いました。その爽やかさを象徴している佐原先生を演じるということで、最近重たい役を演じることが多かったため、「こんな爽やかな役を演じられるかな?」と最初はプレッシャーに感じました。


八村:「ただの恋愛模様を描いた作品ではないな」と思いました。ラブストーリーにありがちな甘い言葉が飛び交ったり、身体的な接触があったりするわけではなく、この作品が届けたいものは“好きに正直なる”ということだと感じたんです。誰もが持っている“好き”という感情ですが、それを表に出すことはすごく難しい。でも、僕が演じる土岐はそれができる人なので、「土岐を演じることでたくさんの人の背中を押せる!」と、読んですごくポジティブな気持ちになりました。


――おふたりは本作で初共演。お互いの印象も教えてください。


岐洲:最初にいただいたキャスト表のビジュアルが「WATWING」のイケイケな宣材写真だったので、「めっちゃ怖い!」「尖ってんな~」と思いました(笑)。


八村:それ、他のキャストにも言われた(笑)。


岐洲:でも、いざ会ってみるとガチガチに緊張していて、すごくホッとしました(笑)。とても好印象で、撮影が楽しくなりそうだと思いました。


八村:本当に緊張していて、初対面の時の記憶がない(笑)。衣装合わせの時に初めて会ったのですが、匠くん以外にも大人がいっぱいいるし、どうしていいかわかりませんでした(笑)。


――そんな中で、どうやって打ち解けていったのですか?


岐洲:不思議といつの間にか仲良くなってたよね? 昔から仲が良かったかのように打ち解けました。


八村:強いてあげるとするならば、衣装合わせ翌日のビジュアル撮影の時。「衣装合わせではあんまり話せなかったから、頑張るぞ!」と思って現場に入ったら、僕の好きな曲が流れていて「もしかして匠くんが流しているのかも!」とテンションが上がって、「この曲好きなんですか?」と聞いたら、「別に」って言われて(笑)。普通だったらそこで会話が終わると思うのですが、匠くんがおしゃべり好きだったから、そこからポンポン会話を投げてくれて、仲良くなりました。


岐洲:実は僕も倫太郎と話したいなと思って、「会ったときにこうやって話しかけよう」と色々話題を考えていたんですよ。そしたら話しかけられたので、計画は狂いましたけど仲良くなれてよかったです(笑)。


八村倫太郎「好きなものに正直でいいと思ってくれたら嬉しい」


――緒にお芝居してみての印象も聞かせてください。


岐洲:倫太郎は、本当に漫画から飛び出てきたかのよう。彼自身が持っている優しさも土岐にリンクしていて、すごくいいと思いました。心の底からステキだと思える役者さんです。


八村:嬉しいです! 僕がそうやって自由にお芝居できたのは、匠くんのおかげ。初主演ということで肩に力が入っていたし、映像の経験が多い方ではないので不安になることも多かったのですが、匠くんが現場でドシッと構えてくれていたおかげで、安心できました。信頼感も作り上げていってくれたので、そのおかげで僕も役者として1つ成長できたと思います。


――最後に、ドラマを楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いします。


岐洲:監督と3人で第1話を見た後に笑っちゃいました。初めは軽いテンションからスタートするのですが、だんだんと佐原先生と土岐の絆に惹きこまれていくと思います。佐原先生の闇が明らかになったり、それを救う土岐の明るさだったり、本当に良いバランスで作品が作られています。力を抜いて、ラフに見てみてください。


八村:ラブコメディなので、キュンとするところもあれば、クスッとする場面もあります。見た後に「見てよかった」「なんだか心が軽くなった」「ちょっと明るくなった」と思ってほしい。そして、好きなものに正直でいいと思ってくれたらとても嬉しいです。


(撮影・取材・文:米田果織)


■岐洲匠 スタイリスト:朝倉豊(Yutaka Asakura)、ヘアメイク:八十島優吾(Yasoshima Yugo)


■八村倫太郎 ヘアメイク:七絵(nanae)、スタイリスト:永井和(KAZ NAGAI)
レザージャケット101200円(アヴィレックス/アヴィレックス新宿店︎03-5367-2013)、パンツ67100円(スキンズ/株式会社スターゲイツ︎050-6867-2601)、ネックレス39600円、小指のリング26400円(全てグッドイェラ)、人差し指のリング36300円(ノブイケグチ/ノブイケグチinfo@nobuikeguchi.co.jp)、その他スタイリスト私物


<第2話あらすじ>
佐原一狼(岐洲)のおかげで、ようやく学校に通い始め、少しずつ友達も増えてきた土岐奏(八村)。しかし、相変わらずテストの結果は芳しくなく、唯一高得点を取れたのは、佐原が担当する保健体育のテストだけだった。そんなとき、清笠高校では体育祭の季節が近づいていた。佐原へのアピールのために「借り物競争」への出場に立候補した土岐。しかし、この「借り物競争」では、“好きな人”というお題を引くと意中の相手に告白しなければならないというルールがあり……!?

関連リンク

関連記事

  1. 長妻怜央“Mr.サルベージ”、早乙女家の悪事を暴露…筒井真理子“麗美”の目的は?
    長妻怜央“Mr.サルベージ”、早乙女家の悪事を暴露…筒井真理子“麗美”の目的は?
    TVerプラス
  2. 『有吉の壁』年間優勝者は誰だ?予想投稿で番組出演権ゲットも!?
    『有吉の壁』年間優勝者は誰だ?予想投稿で番組出演権ゲットも!?
    TVerプラス
  3. 『いちばんすきな花』スピンオフドラマ5本をFODで独占配信!
    『いちばんすきな花』スピンオフドラマ5本をFODで独占配信!
    TVerプラス
  4. 鈴鹿央士が主演×山本舞香がヒロイン、闇バイトに加担した5人が“ニセ家族”に『闇バイト家族』
    鈴鹿央士が主演×山本舞香がヒロイン、闇バイトに加担した5人が“ニセ家族”に『闇バイト家族』
    TVerプラス
  5. 黒木瞳が美しき和菓子会社社長に!『家政夫のミタゾノ』最終話は演技派俳優たちの豪華共演に注目
    黒木瞳が美しき和菓子会社社長に!『家政夫のミタゾノ』最終話は演技派俳優たちの豪華共演に注目
    TVerプラス
  6. 広瀬アリス“佐弥子”、インターンを決意!道枝駿佑“拓”は海外からのオファーの返事に悩み…
    広瀬アリス“佐弥子”、インターンを決意!道枝駿佑“拓”は海外からのオファーの返事に悩み…
    TVerプラス

「テレビ」カテゴリーの最新記事

  1. 磯村勇斗、30歳代に入ってから“ストレス発散方法”に変化 インドア派からアウトドア派に…
    磯村勇斗、30歳代に入ってから“ストレス発散方法”に変化 インドア派からアウトドア派に…
    Sirabee
  2. 本田翼、男性の“グッとくる行動”を明かす SNSに熱中する男性には辛辣な本音
    本田翼、男性の“グッとくる行動”を明かす SNSに熱中する男性には辛辣な本音
    Sirabee
  3. かまいたち、ファンから寄せられた“厳しい意見”に感謝 「黙っとれ」暴言に爆笑
    かまいたち、ファンから寄せられた“厳しい意見”に感謝 「黙っとれ」暴言に爆笑
    Sirabee
  4. ジャパネットが挑む新スタジアムによる街づくり!勝村政信がサポーターの本音も取材
    ジャパネットが挑む新スタジアムによる街づくり!勝村政信がサポーターの本音も取材
    TVerプラス
  5. さらば森田らが出演『モルブラ!』FODで全4話一挙配信!“モルック”と“街ブラバラエティ”がコラボ
    さらば森田らが出演『モルブラ!』FODで全4話一挙配信!“モルック”と“街ブラバラエティ”がコラボ
    TVerプラス
  6. テレビ大阪「女性の未来を応援するウィーク」TVerに特設ページ開設!アーカイブ映像や新コンテンツを配信中
    テレビ大阪「女性の未来を応援するウィーク」TVerに特設ページ開設!アーカイブ映像や新コンテンツを配信中
    TVerプラス
  7. 小池徹平、話題集めた濃厚ラブシーン「普通のクイック」指示に困惑 島崎和歌子は「ショックでした」
    小池徹平、話題集めた濃厚ラブシーン「普通のクイック」指示に困惑 島崎和歌子は「ショックでした」
    Sirabee
  8. ギャル曽根、“令和のギャルル”オーディションでまさかの展開 「そんなことある?」
    ギャル曽根、“令和のギャルル”オーディションでまさかの展開 「そんなことある?」
    Sirabee
  9. 江口のりこが“じつは観ていない有名な映画”を告白 「なぜか観た気がする」作品は…
    江口のりこが“じつは観ていない有名な映画”を告白 「なぜか観た気がする」作品は…
    Sirabee

あなたにおすすめの記事