クラッシィ

CLASSY.

CLASSY.

CLASSY.(クラッシィ) 2022年 09 月号 [雑誌]

発売中

発行日:毎月28日
出版社:光文社

「CLASSY.」に関連するトピック

  1. SixTONES田中樹、“彼女が家に遊びに来たとき”のもてなし方明かす

    モデルプレス

  2. 山本美月「CLASSY.」初表紙 洗練されたデニムスタイル披露

    モデルプレス

  3. 千葉雄大&松島花「CLASSY.」創刊以来初の男女表紙 “理想の夫婦”演じる

    モデルプレス

  4. 赤楚衛二、理想の夏デートを明かす

    モデルプレス

  5. SixTONES松村北斗と“ドキドキ出張”「CLASSY.」2度目の表紙登場

    モデルプレス

  6. 松下洸平の“色気の秘密” 女性に色気を感じるのはどんなとき?

    モデルプレス

  7. 堀田茜「CLASSY.」表紙初登場「憧れてはいます」リアルな結婚観にも迫る

    モデルプレス

  8. 町田啓太、“絶対的な自分の味方”明かす 変わらず心にあるものとは

    モデルプレス

  9. 山本美月、史上最強に“カッコいい”姿で「CLASSY.」初登場 リアルな魅力に迫る

    モデルプレス

  10. 間瀬遥花「CLASSY.」初出演で夢叶える「上京を決意した理由のひとつ」

    モデルプレス

  11. 川口春奈が語る“ウェルビーイング” 仕事の変化&サステナブルへの考えとは

    モデルプレス

  12. 松島花「CLASSY.」新カバーモデルに就任 夫婦円満の秘訣語る

    モデルプレス

  13. SixTONES松村北斗「CLASSY.」創刊38年で初の男性カバーに抜擢 “後輩の松村くん”をイメージ

    モデルプレス

  14. 松本まりか、“モテ論”を語る「自分にモテ続けたい気持ちが強い」

    モデルプレス

  15. オードリー亜谷香「CLASSY.」カバーモデル卒業 結婚しアメリカ生活に

    モデルプレス

  16. 3時のヒロイン・ゆめっちが美しすぎる モデル顔負けのエモい表情

    モデルプレス

  17. 中村倫也、最近ハマっている料理は?オンオフを語る

    モデルプレス

  18. 櫻坂46土生瑞穂「CLASSY.」レギュラーモデルに就任

    モデルプレス

  19. 桜井玲香、眼福“夏メイク”披露 気になっているアイテムも紹介

    モデルプレス

  20. 赤楚衛二、好きな女性のタイプ明かす

    モデルプレス

「CLASSY.」に関連するモデル

「CLASSY.」について

誌名の「CLASSY.」は英語で「上流階級の」を意味する。最後の「.」はデザイン上の要請から後につけられたもので、創刊時にはなかった。

雑誌名が表す通り、創刊当初は所得の高い良家の子女を対象としたもので、『JJ』を創刊した並河良が初代編集長を務め、バブル期には『25ans』(婦人画報社→ハースト婦人画報社)、『miss家庭画報→MISS→MISS plus+』(世界文化社)とともにお嬢様雑誌御三家の一時代を築いたが、後に部数が低迷し編集方針を転換。現在ではOL誌として、このジャンルの売り上げ上位雑誌の一角を『Oggi』(小学館)、『BAILA』(集英社)、『MISS plus+』(世界文化社)などとともに占める。

購読者は24歳から30歳のOLが大半で、登場する読者モデルも関東地方や関西地方の企業に勤務のOLがほとんどであり、学生の読者は少ない。結婚に関する連載記事や連合広告企画もみられる。

提案されるファッションの系統は、大都市圏のOL向け雑誌としては一般的なコンサバファッションが中心であるが、編集方針転換後も、主に小物に関しては欧米名門ブランドの商品が多く使用される。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.