クラッシィ

CLASSY.

CLASSY.

CLASSY.(クラッシィ) 2021年 10 月号 [雑誌]

発売中

発行日:毎月28日
出版社:光文社

「CLASSY.」に関連するトピック

  1. 3時のヒロイン・ゆめっちが美しすぎる モデル顔負けのエモい表情

    モデルプレス

  2. 中村倫也、最近ハマっている料理は?オンオフを語る

    モデルプレス

  3. 櫻坂46土生瑞穂「CLASSY.」レギュラーモデルに就任

    モデルプレス

  4. 桜井玲香、眼福“夏メイク”披露 気になっているアイテムも紹介

    モデルプレス

  5. 赤楚衛二、好きな女性のタイプ明かす

    モデルプレス

  6. 町田啓太、永久保存版の美しさ披露 リラックス法も明かす

    モデルプレス

  7. 桜井玲香、春らしいピンクメイクで3変化

    モデルプレス

  8. 中村倫也「心の炎を燃やし尽くそうとしている男」不思議な魅力に迫る

    モデルプレス

  9. 小関裕太、好きな女性のタイプ明かす「10代の頃から仕事をしていたので」

    モデルプレス

  10. 鈴木愛理、韓国っぽい“女神”になって降臨「CLASSY.」初登場で際立つ美人オーラ

    モデルプレス

  11. 桜井玲香、レトロなファッション&ヘアで“大人かわいい”姿に挑戦

    モデルプレス

  12. 中条あやみ、“かわカッコいい”二刀流で「CLASSY.」初表紙

    モデルプレス

  13. 北村匠海、肉体改造でマイナス10キロ エモかっこいい理由に迫る

    モデルプレス

  14. 加治ひとみ、尊い美ボディを披露 ヘルシーなカラダの秘訣明かす

    モデルプレス

  15. 広瀬アリス、クリスマスの予定明かす 「CLASSY.」初登場

    モデルプレス

  16. 桜井玲香、熱血教師役で男子生徒から“顎クイ”?

    モデルプレス

  17. 草なぎ剛、アラサーの悩みに回答「人生は…」

    モデルプレス

  18. 桜井玲香、ますます魅力的な大人に 秋の恋しくなるスタイル披露

    モデルプレス

  19. 松下洸平、自身のフェチ告白「素敵だなと思う」

    モデルプレス

  20. 岡田健史「魅力や色気って…」恋愛観を語る

    モデルプレス

「CLASSY.」に関連するモデル

「CLASSY.」について

誌名の「CLASSY.」は英語で「上流階級の」を意味する。最後の「.」はデザイン上の要請から後につけられたもので、創刊時にはなかった。

雑誌名が表す通り、創刊当初は所得の高い良家の子女を対象としたもので、『JJ』を創刊した並河良が初代編集長を務め、バブル期には『25ans』(婦人画報社→ハースト婦人画報社)、『miss家庭画報→MISS→MISS plus+』(世界文化社)とともにお嬢様雑誌御三家の一時代を築いたが、後に部数が低迷し編集方針を転換。現在ではOL誌として、このジャンルの売り上げ上位雑誌の一角を『Oggi』(小学館)、『BAILA』(集英社)、『MISS plus+』(世界文化社)などとともに占める。

購読者は24歳から30歳のOLが大半で、登場する読者モデルも関東地方や関西地方の企業に勤務のOLがほとんどであり、学生の読者は少ない。結婚に関する連載記事や連合広告企画もみられる。

提案されるファッションの系統は、大都市圏のOL向け雑誌としては一般的なコンサバファッションが中心であるが、編集方針転換後も、主に小物に関しては欧米名門ブランドの商品が多く使用される。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.