(左から)NINA、MAYA、MAYUKA、MIIHI、MAKO、RIMA、RIKU、RIO、AYAKA、J.Y. Park(C)Sony Music Entertainment (Japan)Inc./JYP Entertainment.

NiziU、新ボーイズグループ誕生に期待「Nizi Project」で得たこと・ファンへの想い語る

2021.07.13 04:00

ガールズグループ・NiziUを輩出したソニーミュージックと韓流ムーブメントを牽引している韓国を代表する総合エンターテインメント会社・JYP Entertainmentの合同オーディション・プロジェクト「Nizi Project」。12日に日韓を中継で結んだ記者会見が行われ、第2弾となるグローバル・ボーイズグループを創出する「Nizi Project Season 2」の始動が発表された。記者会見にはNiziUらが出席し、新たなボーイズグループの誕生への思いや、「Nizi Project」で得たことなどを語った。


NiziU、ファンの愛を実感

J.Y. Park(C)JYP Entertainment.
J.Y. Park(C)JYP Entertainment.
記者会見には、JYP EntertainmentのCCO・J.Y. Park、NiziU、ソニーミュージックエンタテイメントの代表取締役社長CEO・村松俊亮氏が登壇し、「Nizi Project Season 2」の始動を発表した。

「Nizi Project」は、NiziUにとってどういうきっかけになったか聞かれると、RIKUは「Nizi Projectは、自分自身を知れるきっかけになりました。自分の長所や短所や、魅力、性格、自分1人ではわからなかったところが、周りのメンバーやトレーナーの方々、そしてJ.Y. Parkさんからのお言葉、アドバイスを通して、自分はこういう人間なんだと知れるきっかけになりました」とオーディションを通して成長したことを実感。

MIIHIは「普段の生活では経験することができない大切なことがたくさん学べたと思います。特に諦めずに自分を信じること、仲間を大切にすることは、ありきたりなことかもしれないんですけど、すごい大切なことだなと改めて実感することができました」と語った。

(左から)NINA、MAYA、MAYUKA、MIIHI、MAKO、RIMA、RIKU、RIO、AYAKA、J.Y. Park(C)Sony Music Entertainment (Japan)Inc./JYP Entertainment.
(左から)NINA、MAYA、MAYUKA、MIIHI、MAKO、RIMA、RIKU、RIO、AYAKA、J.Y. Park(C)Sony Music Entertainment (Japan)Inc./JYP Entertainment.
J.Y. Parkは、まだ来日が叶っておらず、肌でNiziUの人気を感じることができていないことから、日本のファンの熱量を聞かれると、MAYUKAはオンラインイベントが1番印象に残っているとし、「今はこういう時期なので直接はお会いできないんですけど、オンラインでお会いした際に涙を流してくれるWIZIU(※NiziUファンの名称)や、本当にたくさん応援の言葉をかけてくださるWIZIUがいて、私たちは本当に素敵な方々に支えられているんだなと改めて実感できました」とファンの愛を受け取った様子。

RIMAも「私がよく行っていた場所で私たちの曲が流れていると、本当にたくさんの方々に愛してもらっているんだなということを改めて実感することができましたし、オンラインイベントではお友だちっぽくお話しすることができてとても嬉しかったです」とにっこり。

メンバーたちの嬉しそうな表情を見て、J.Y. Parkも「やばいですね」と日本語で喜びを表していた。

NiziU、新ボーイズグループ誕生に「すごくワクワク」

(後列左から)AYAKA、MAYUKA、MIIHI、RIO、NINA(前列左から)MAYA、MAKO、RIKU、RIMA、J.Y. Park(C)Sony Music Entertainment (Japan)Inc./JYP Entertainment.
(後列左から)AYAKA、MAYUKA、MIIHI、RIO、NINA(前列左から)MAYA、MAKO、RIKU、RIMA、J.Y. Park(C)Sony Music Entertainment (Japan)Inc./JYP Entertainment.
「Nizi Project Season 2」への参加を躊躇している人に向けて、AYAKAは「迷っているなら参加したほうが良いと思います。結果がわからないので怖いと思いますが、参加するだけでも良い経験になると思うし、これから先の必要なことをたくさん学べることができるので、ぜひ勇気を出してみてください!」とエール。

NINAは「このプロジェクトで本当に自分の人生が変わったと思うのでこう言える」と自身の経験を例に、「本当に自分自身のことをもっと知ることができるし、できないと思っていた歌やダンスも成長できる可能性がたーくさんあるので、新しい自分を見つけたい、新しいことに挑戦してみたいと思う方にはぴったりなんじゃないかなと思います」と呼びかけた。

「Nizi Project Season 2」(提供写真)
「Nizi Project Season 2」(提供写真)
また、オーディションに参加している時にどんな気持ちで臨めばいいかと聞かれると、MAKOは「オーディション中はすごく大変なことも多いと思うんですけど、最後まで自分を信じることが大切だと思います」、RIOは「真実・誠実・謙虚。オーディションが行われている間だけのお話しではないのですが、この3つを心のどこかに置いておくことがとても大切だと思います。この3つを考えた時にドキッとしないような心の状態で挑むべきだと思います」とアドバイス。

MAYAは「参加者同士一緒に支え合う仲間として、お互いを信じ合ったり高め合ったりして、このオーディション期間が良い思い出になったら嬉しいなと思います。頑張ってください」、RIKUは「私は、こんなチャンスはもう二度とないという気持ちで挑みました。J.Y. Parkさんに自分のパフォーマンスを直接見ていただけることは本当にありがたいことだと思います!なので、そのチャンスを無駄にせず、たとえ辛くて挫けそうになった時があったとしても、最後まで絶対に合格してみせるという強い気持ちをもって挑んで欲しいなと思います」と力を込めた。

AYAKAは「一緒に参加する子たちのことを大切にして欲しいです。辛かった時はそばにいてくれる、嬉しかった時は喜んでくれるなど、支え合うことでどんなことも乗り越えられると思います。頑張ってください」、MAYUKA「時には自分を見失いそうになったり、辛い時もあるかもしれないんですけど、それを乗り越えたら絶対に楽しいことが待っているので、自分に自信をもって最後まで頑張ってください」と仲間の大切さについてもメッセージ。

NiziU/(上段左から)MIIHI、RIO、RIKU(中段左から)MAYUKA、MAKO、AYAKA(下段左から)NINA、RIMA、MAYA(提供写真)
NiziU/(上段左から)MIIHI、RIO、RIKU(中段左から)MAYUKA、MAKO、AYAKA(下段左から)NINA、RIMA、MAYA(提供写真)
RIMAは「Nizi Projectは、お互いを高め合いながら成長できるというのが1つの魅力だと思うんですけど、自分ができることは全部して、J.Y. Parkさんがおっしゃってくれるアドバイスをしっかり理解することが大切だと思います。夢を諦めずに皆さん頑張ってください!」、MIIHIは「私は自分を信じることが大事だと思います。私もオー中に何度も自信をなくして自分を見失いそうになったことがあったんですけど、そんな時J.Y. Parkさんが話してくださったように『どんな時も自分は特別なんだ』と信じて頑張ることができました。なので、皆さんどんな時も自信を忘れないで欲しいです」とJ.Y. Parkとのやり取りも回顧。

NINAは「ほかの人からのアドバイスをしっかりと受け止めて、今成長できる機会をいただけているんだと思うことが大切だと思います。謙虚な心で新しいスタートを挑戦してみてください!」とにっこり。J.Y. Parkは「自信をもってテニスをやればいいですか?」と「Nizi Project」のスター性テストにて、予想を遥かに超えたキュートなテニス講座を披露し、キューブを獲得したAYAKAのエピソードをもとにジョークを飛ばし、会場の笑いを誘っていた。

「Nizi Project Season 2」Niziペンダント(提供写真)
「Nizi Project Season 2」Niziペンダント(提供写真)
そして、最後にMAKOは「今回はボーイズオーディションということで、違ったNizi Projectが見られるのではないかと、私たちNiziUもすごくワクワクしています。ぜひ私たちと一緒に新しいグループの誕生の瞬間を見守ってください!たくさんの応援をよろしくお願いします」と呼びかけて締めた。

「Nizi Project Season 2」始動発表

NiziUは、「Nizi Project」より応募者1万人の中から選び抜かれたMAKO、RIO、MAYA、RIKU、AYAKA、MAYUKA、RIMA、MIIHI、NINAの9人によるグローバル・ガールズグループ。

2020年6月30日にデジタルミニアルバム「Make you happy」を日韓同時リリースし、プレデビュー。12月2日に、1stシングル「Step and a step」で正式デビュー。「2020ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語30に「NiziU」が選出、デビュー前に「第71回 NHK紅白歌合戦」への初出場が決定するなど、“社会現象”を巻き起こした。

「Nizi Project Season 2」(提供写真)
「Nizi Project Season 2」(提供写真)
そして第2弾となる「Nizi Project Season 2」では、グローバル・ボーイズグループを創出へ。「Nizi Project Season 2」により発掘、育成、選抜されたメンバーは、2022年12月に最終デビューメンバー発表、2023年3月にメジャーデビューする予定。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. J.Y. Park、最近よく聴いている日本アーティストは?
    J.Y. Park、最近よく聴いている日本アーティストは?
    モデルプレス
  2. NiziUが日本中心に活動する理由 新ボーイズグループデビュー後の活動の場は?
    NiziUが日本中心に活動する理由 新ボーイズグループデビュー後の活動の場は?
    モデルプレス
  3. “NiziUの弟分”新ボーイズグループのコンセプトは?「作詞・作曲」部門新設の狙い
    “NiziUの弟分”新ボーイズグループのコンセプトは?「作詞・作曲」部門新設の狙い
    モデルプレス
  4. “NiziUの弟分”誕生へ「Nizi Project」シーズン2始動発表 2023年3月にグローバル・ボーイズグループデビュー<オーディション概要/J.Y. Parkコメント全文>
    “NiziUの弟分”誕生へ「Nizi Project」シーズン2始動発表 2023年3月にグローバル・ボーイズグループデビュー<オーディション概要/J.Y. Parkコメント全文>
    モデルプレス
  5. NiziU、頼りになる解決力のあるメンバーは? 清楚で大人っぽい一面披露
    NiziU、頼りになる解決力のあるメンバーは? 清楚で大人っぽい一面披露
    モデルプレス
  6. 令和を代表する人気者になりそうな女性アーティストランキング
    令和を代表する人気者になりそうな女性アーティストランキング
    gooランキング

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 『エンジェルフライト』城田優、向井理、松本穂香、少年忍者・織山尚大ら豪華追加キャスト発表
    『エンジェルフライト』城田優、向井理、松本穂香、少年忍者・織山尚大ら豪華追加キャスト発表
    ENCOUNT
  2. 日本一のミスキャンパスを決めるコンテスト、出場者第2弾発表<MISS OF MISS CAMPUS QUEEN CONTEST 2023>
    日本一のミスキャンパスを決めるコンテスト、出場者第2弾発表<MISS OF MISS CAMPUS QUEEN CONTEST 2023>
    モデルプレス
  3. 宮沢氷魚、ムロツヨシ主演『ドラフトキング』出演決定 元球児の新米スカウトマン演じる
    宮沢氷魚、ムロツヨシ主演『ドラフトキング』出演決定 元球児の新米スカウトマン演じる
    クランクイン!
  4. 冨永愛、風間俊介らが男女逆転『大奥』の原作漫画を語りつくす特番放送決定
    冨永愛、風間俊介らが男女逆転『大奥』の原作漫画を語りつくす特番放送決定
    クランクイン!
  5. マイケル・ジャクソン伝記映画、甥ジャファー・ジャクソンを抜擢
    マイケル・ジャクソン伝記映画、甥ジャファー・ジャクソンを抜擢
    クランクイン!
  6. NEWS・加藤シゲアキ主演舞台「エドモン」に平祐奈、細田善彦ら 全キャスト&メインビジュアル解禁
    NEWS・加藤シゲアキ主演舞台「エドモン」に平祐奈、細田善彦ら 全キャスト&メインビジュアル解禁
    クランクイン!
  7. SKE48の人気企画『ずぶ濡れ SKE48 Team S』が発売、新公演で汗をかくメンバーの写真も収録
    SKE48の人気企画『ずぶ濡れ SKE48 Team S』が発売、新公演で汗をかくメンバーの写真も収録
    ENTAME next
  8. 「どきどきしちゃいな」東堂とも、透けチャイナドレスショット公開
    「どきどきしちゃいな」東堂とも、透けチャイナドレスショット公開
    ENTAME next
  9. 薬丸裕英、“邪道”と言っていた徳光和夫も美味しさに屈した品「無性に食べたくなり」
    薬丸裕英、“邪道”と言っていた徳光和夫も美味しさに屈した品「無性に食べたくなり」
    ABEMA TIMES

あなたにおすすめの記事