「Sexy Zoneは5人のほうがいい」中居正広がジャニー喜多川さんに直談判

2021.03.27 10:37
0
21

Sexy Zoneが、26日放送の日本テレビ系「バズリズム02」(毎週金曜深夜0時59分~)に出演。これまでの10年を振り返り次々とエピソードを披露した。

シンボル“薔薇の花”に決まるまで

Sexy Zoneと言えば、薔薇の花がシンボル。しかし実は、薔薇の花はデビューの際、故ジャニー喜多川さんから急遽手渡されたものだったのだという。デビュー発表の際、ステージに上がる前のメンバーの元にジャニーさんが走りより、「この枯れない薔薇のように、Youたちも枯れないで!」と、薔薇の花を。それが、そのままシンボルとなったことが明かされた。

また、デビュー曲の「Sexy Zone」の原曲タイトルは「傷だらけの10代」だったことも明かし、そのサビ部分を佐藤勝利と中島健人のふたりが披露するレアな場面もあった。

5人体制復活の裏に中居正広の進言

その後、中島・菊池風磨・佐藤の3人を中心に、マリウス葉と松島聡の2人は別で、という3・2体制となったSexy Zoneだったが、その後再び5人体制へ復帰。そのきっかけをつくったのは中居正広だったのだという。

中島によれば、たまたまジャニーさんがSexy Zoneの楽屋にいた際、別番組に出演していた中居も顔を出し「話をするから」とメンバーは部屋から出された状態に。実はその時の会話の中で、中居がジャニーさんに「Sexy Zoneは5人のほうがいいと思う」と進言してくれていたのだという。その結果、ジャニーさんも「考え直して『じゃあ5人に戻ろうか』」と、元の5人体制となったエピソードが明かされた。

菊池風磨の一言に感じた絆

また、1年9ヶ月近く療養していた松島が、日本テレビ系大型音楽特番『THE MUSIC DAY』で復帰した際の裏話も告白。放映された際、菊池が歌う場面で映像が抜かれていたのは松島で、終了後菊池から「俺が歌う場面で、お前が抜かれてたよ!」と声をかけられたのだという。反射的に「ごめん!」と謝った松島に対し、菊池からかけられた言葉は「お前、めっちゃいい顔してたよ!」。「絆を感じる瞬間」だったと嬉しそうな笑顔で明かした。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. WEBザテレビジョン
  6. モデルプレス
  7. SBC メディカルグループ

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. WEBザテレビジョン
  2. ABEMA TIMES
  3. しらべぇ
  4. fumumu
  5. モデルプレス
  6. ABEMA TIMES
  7. ABEMA TIMES
  8. ABEMA TIMES