「ボス恋」潤之介(玉森裕太)、奈未(上白石萌音)への直球告白に視聴者悶絶「好きが溢れる」

0
54
女優の上白石萌音が主演を務めるTBS系火曜ドラマ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」(毎週火曜よる10時~)の第7話が23日、放送された。Kis-My-Ft2玉森裕太演じる潤之介のストレートな想いに反響が寄せられている。<※記事内にネタバレあり>
上白石萌音「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
上白石萌音「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS

玉森裕太、上白石萌音に想い告白

『恋つづ』スタッフが再集結し、オリジナル脚本で送る今作は、ファッション雑誌編集部を舞台にした胸キュンお仕事&ラブコメディ。

間宮祥太朗、上白石萌音「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
間宮祥太朗、上白石萌音「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
地方の田舎で生まれ育ち、その名の通り「仕事も恋愛もほどほどに。人並み(なみ)で普通の幸せを手にしたい」というイマドキの安定志向の主人公・鈴木奈未を上白石、奈未と運命的な出会いをし、屈託のない笑顔で奈未を振り回す子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介を玉森、ドSでツンデレな先輩編集者・中沢涼太を間宮祥太朗が演じ、恋模様に注目が集まっている。

倉科カナ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
倉科カナ「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
第6話の終盤、倉科カナ演じる潤之介の幼馴染で元カノの理緒と潤之介が抱き合っている姿を目撃してしまい、彼女としての自信を失っていた奈未。

上白石萌音「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
上白石萌音「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
そんな中「MIYAVI」編集部は長野へ出張に行き、奈未と中沢は終電を逃してしまい東京に戻れなくなってしまう。奈未は、東京に来ていた母からの電話をきっかけに、潤之介への想いを再確認した。

間宮祥太朗「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
間宮祥太朗「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
奈未が中沢と2人でいることを聞き、長野までバイクを走らせ奈未の元へ到着すると「俺、奈未ちゃんのこと考えるとドキドキするんだ。奈未ちゃんが笑うと嬉しいし、泣いてると悲しい。そんな風に思えるのは世界中で奈未ちゃんだけなんだ」と、奈未を大切に想う気持ちを伝えた潤之介。

上白石萌音「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
上白石萌音「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
奈未もまた「独り占めしたい。私のことだけ見てて欲しい」と伝え、2人は強く抱きしめ合うのだった。

玉森裕太の想いに反響続々

上白石萌音、間宮祥太朗「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
上白石萌音、間宮祥太朗「オー!マイ・ボス!恋は別冊で」第7話より(C)TBS
視聴者からは「潤之介くんへの好きが溢れる」「幸せになってほしい」「やっと2人の心が通じ合った」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:TBS
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 「ボス恋」潤之介(玉森裕太)、奈未(上白石萌音)への直球告白に視聴者悶絶「好きが溢れる」
今読んだ記事

「ボス恋」潤之介(玉森裕太)、奈未(上白石萌音)への直球告…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事