キスマイ藤ヶ谷太輔、“ベッドのシーツ血だらけ”恐怖体験を告白

0
0
Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔が15日、自身のソロレギュラーラジオ番組「藤ヶ谷太輔 Peaceful Days」(ニッポン放送/毎週土曜よる10時30分~)に出演。幽体離脱の経験を告白した。

藤ヶ谷太輔、恐怖の幽体離脱経験明かす

「8月、お盆ということで僕が体験した怖い話をしたいと思います」と切り出した藤ヶ谷は「怖い体験あんまりね、無いんですよ」と言いつつも「でも1回だけあったんですよ」と、過去に1度だけ経験したという恐怖体験を語り始めた。

当時は「シニカレ」(2012年/フジテレビ)というドラマで、最後は鼻血でカーペットを真っ赤に染めて死んでしまう、脳腫瘍を抱えた雅喜という役を演じていたという藤ヶ谷。

撮影期間の1ヶ月半は「1時間寝られれば良い方」というくらいの多忙な日々を送っていたという藤ヶ谷だが、次の日が札幌でのコンサートだったことから「久しぶりにゆっくり寝れる」と思い遠征先のホテルでメンバーの横尾渉と同じ部屋で寝ていると、金縛りにあったあとに幽体離脱をしてしまったと告白。

藤ヶ谷は「天井にバーンとぶつかって。目線がね、自分の歩いてきたホテルの廊下になって、扉を開けたら寝てる渉と俺が見えて。寝てる俺の足を引っ張って廊下出されそうになって。叫んだら渉が俺の手を引っ張ってベッドに戻してくれたんですね。朝起きて、変な夢見たなって思って。電気つけて見たら、寝てたベッドのシーツが鼻血で血だらけだったんです。雅喜の役が抜けたのかなって、ドラマのスタッフと話しました」と、演じていた役とリンクした恐怖体験の詳細を赤裸々に語った。

藤ヶ谷太輔の恐怖体験に反響続々

ファンからは「幽体離脱…ゾクッとした」「横尾さんが気づいて連れ戻せて良かった」「シーツが血だらけは怖すぎる」「横尾さんに感謝」など多くの反響が寄せられている。(modelpress編集部)

情報:ニッポン放送
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - キスマイ藤ヶ谷太輔、“ベッドのシーツ血だらけ”恐怖体験を告白
今読んだ記事

キスマイ藤ヶ谷太輔、“ベッドのシーツ血だらけ”恐怖体験を告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事