葵わかな、1人3役で“瑞々しくも切ないストーリー”紡ぐ<リアルプリンセス>

女優の葵わかなが、28日放送の朗読ドラマ『リアルプリンセス』(NHK総合/22時45分~)に出演することがわかった。葵は1人3役に挑戦する。
葵わかな(C)NHK
葵わかな(C)NHK

葵わかな、1人3役の朗読挑戦

同作は、童話「ラプンツェル」を題材に直木賞作家・島本理生氏の『ラプンツェルの思い出』(ポプラ文庫『リアルプリンセス』収録)を原作として、女子高生が少女から大人へと成長する物語が描く。

その中で葵はでストーリーテラーに加え、離島で暮らす女子高生・恵麻役、また本編の朗読も担当。1人3役をこなし、瑞々しくも切ないストーリーを紡ぐ。

同作について葵は「『朗読ドラマ』という未知のジャンルにとてもワクワクしました!ドラマで、朗読劇で、アニメで…。今まで見た事のないようなお話になるんじゃないかと、参加できる事をすごく光栄に思いました」と歓喜。

そして「現代版に置き換えられたプリンセスの役ということで、親しみのあるラプンツェルを演じることができたのもとても嬉しかったです。色んなものが混ざり合った“現在”のラプンツェル。楽しみにしていただけると嬉しいです!」と呼びかけた。(modelpress編集部)

あらすじ

離島で暮らす女子高生の恵麻(葵わかな)は、月に1週間だけ東京から島に来て美容室を開くキヨと出会う。周りにはいないタイプの大人な雰囲気に好意を抱く恵麻。ある時、キヨからいずれ失明すると打ち明けられ「その前に君の裸を見たい」と言われて…。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 葵わかな、1人3役で“瑞々しくも切ないストーリー”紡ぐ<リアルプリンセス>
今読んだ記事

葵わかな、1人3役で“瑞々しくも切ないストーリー”紡ぐ<リアル…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事