イケメンYouTuber集団「真夜中の12時」新納侃、バラエティ・歌・ダンス初挑戦に反響多数

イケメン5人組YouTuber集団・真夜中の12時新納侃(にいの・なおと)が、8月1日放送スタートの新番組「戦国炒飯TV」(毎週土曜25時~/TOKYO MX、BS11ほか)に出演し、初めてのバラエティ番組に挑戦している。
新納侃(提供写真)
新納侃(提供写真)
2010年4月から2012年9月まで放送されていた歴史バラエティ「戦国鍋TV ~なんとなく歴史が学べる映像~」のスタッフが再集結して制作された同番組。過去にはさまざまな舞台や映像作品で活躍している若手俳優たちが総出演している人気シリーズだ。

新納侃、初バラエティ・歌・ダンス挑戦

新納侃(C)2020戦国炒飯TV
新納侃(C)2020戦国炒飯TV
新納は、織田信長の小姓により結成されたグループ・うつけ坂49のメンバー、今川孫二郎役として抜てき。自身初バラエティに加え、歌やダンスも初挑戦となる。

決まったときは喜びと同時に「きちんと自分に与えられた役割を果たせるだろうか…」と不安も湧き上がってきたという新納。1日5時間の猛特訓を行い、本番に挑んだ。

第1話放送では、うつけ坂49「黒い小姓」がオンエアされ、新納の堂々としたダンスにファンからは「キラキラしてた」「思った以上に激しいダンスでびっくりした」「大勢の中でもすぐ見つけられた」などたくさんのコメントが寄せられている。

新納侃「人一倍練習しました」

新納侃(提供写真)
新納侃(提供写真)
同番組出演にあたり、ダンスや歌に不安があったという新納は「周りの俳優さんたちに引けを取らないよう本番までに、5歳から始めた剣道部の体育会系の意地もあり個人レッスンやオンラインでの自主練習を欠かさず毎日行い、人一倍練習しました」と回顧。「その甲斐もあり、本番では自信を持って最後までやり抜くことができました」と振り返った。

新納侃“神対応”で再生回数60万超

普段はモデル、インフルエンサー、「真夜中の12時」としてさまざまな方面で活動。YouTubeチャンネルでは女装、検証、モニタリングからぶっちゃけシモネタトークなどの企画に挑戦し、実の妹によるドッキリ企画ではその「神対応」から再生回数60万超の一番人気を獲得している。(modelpress編集部)


新納侃コメント

初めてダンス、歌に挑戦することになり、全くの素人ではじめは不安が大きかったのが正直なところでしたが、周りの俳優さんたちに引けを取らないよう本番までに、5歳から始めた剣道部の体育会系の意地もあり個人レッスンやオンラインでの自主練習を欠かさず毎日行い、人一倍練習しました。その甲斐もあり、本番では自信を持って最後までやり抜くことができました。

同世代の俳優さん達と一緒にこのような番組に出演させてもらって、駆け出しの私にとって周りの俳優さんたちの凛とした振る舞いや少しでも多彩な自分を発信しようと積極的な行動、発言がとても刺激的で、「負けてられない、私だって努力して追い抜いてみせる」という気持ちがより強くなりました。また、センターの木津つばさ君が休憩時間、気さくに話しかけにくれたり、共演者への気配りができる姿を見て、場への安心感と楽しさが生まれてきて、周囲に溶け込むことができました。

今回の経験で、2.5次元舞台でメインを張れる役者になりたいという目標もできました。今後は役者、モデル、バラエティなどマルチに爆発的に活躍してみせますので、期待していてください。

新納侃プロフィール

千葉県出身。1999年3月11日生まれの大学4年生。中性的なイケメンを強みにSNSでも人気を誇る。2019年8月人気YouTuberグループ「ヘンジンマジメ」に追加メンバーとして加入、2019年11月ABEMA恋愛リアリティ番組「こじらせ森の美女」に出演。幼少時代から剣道をしており、高校時代は主将で、関東1位になった経験がある。「Popteen(ポップティーン)」専属モデルオーディションファイナリスト。2019年度ミスター日大受賞。ミスターオブミスターモデルプレス賞受賞。

真夜中の12時プロフィール

2019月11月デビューの5人組YouTuber集団。愛称はまよじゅー。元商社マン、日本第1位のラテアーティスト、剣道国体1位、インターン中の大学生、アパレル店員と個性豊かな経歴を持つ。ディープな初体験談が話題となり人気上昇中。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - イケメンYouTuber集団「真夜中の12時」新納侃、バラエティ・歌・ダンス初挑戦に反響多数
今読んだ記事

イケメンYouTuber集団「真夜中の12時」新納侃、バラエティ・歌…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事