山本裕典(C)モデルプレス

山本裕典ら出演舞台、30人が新型コロナ感染 “体調不良者いながら上演を強行した疑い”報道にも言及

2020.07.13 11:39

俳優の山本裕典らが出演し、6月30日から7月5日まで上演されていた舞台『THE★JINRO-イケメン人狼アイドルは誰だ!!-』の出演者・スタッフ・観客含む30人が新型コロナウイルスに感染していたことが12日までに発表された。


関係者・観客計30人が感染確認

これまでに主演の山本、サッシャ、榊原徹士、企画プロデュースを担当した有村昆など、多数のキャスト・スタッフ・観客から新型コロナウイルスの感染者が続出しており、クラスターが発生したとされている同舞台。

山本裕典(C)モデルプレス
山本裕典(C)モデルプレス
同舞台の公式サイトでは、「出演者16名、スタッフ5名、ご観覧者様9名の、合計30名の方々に、新型コロナウイルスの陽性反応が確認されております」と全ての公演において陽性者が確認されていることを公表。観覧者に対して相談窓口を創設したことも明かし、情報の提供を呼びかけた。

また、一部で「体調不良の出演者がいながら上演を強行した疑い」と報じられている件について、全国公立文化施設協会等の定めるガイドラインに即して上演していたとし、「7月4日に1名の方から申告をいただきましたが、抗体検査の実施の結果、陰性であったことと、検温の結果がガイドラインの規定の範囲内であったことから、ご本人とご相談の上、ご出演となりました。7月5日にも1名の方から、検温の結果が平熱より高い旨の申告をいただきましたが、出演者の方と出演者が所属する事務所の方々から、持病に起因する可能性が高いとの医師の診断があった旨のご説明を受けたことと、検温の結果がガイドラインの規定の範囲内であったことから、ご相談の上、ご出演となりました」と説明。

さらに「公演中は密閉状態だった」との報道についても、「休憩の間に十分な換気を実施しておりました」とし、楽屋についても「普段制作で使用している楽屋、舞台の裏も合わせて提供し、3密を防ぐため3か所に分けて楽屋を設置し、感染防止に努めておりました」と感染予防対策は徹底していたことをつづった。

しかし、それでもクラスターが発生してしまったことから、「それにもかかわらず、多数の感染者が生じてしまったことは事実でございます。皆様には、大変なご心配とご負担をおかけしており、心からお詫び申し上げます」と謝罪している。

山本裕典主演舞台でクラスター発生

山本裕典(C)モデルプレス
山本裕典(C)モデルプレス
公式サイトでは7日、出演者の1人であるSuper Break DawnのTAKUYAの新型コロナウイルス感染を発表。続けて9日には、6月30日の昼公演と、7月4日の昼夜2公演を観覧した観客2人の感染を報告した。

さらに10日、「新型コロナウイルスの陽性反応が確認されました出演者とスタッフは合わせて12名となっております」と発表。

なお同サイトでは10日に保健所から全キャスト及び全スタッフが濃厚接触者と指定され、全員に対し自宅待機の指示があったことを説明している。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 山本裕典出演舞台、14人が新型コロナ感染 出演者・スタッフ・観客含む
    山本裕典出演舞台、14人が新型コロナ感染 出演者・スタッフ・観客含む
    モデルプレス
  2. 山本裕典、コロナ感染を発表<事務所コメント全文>
    山本裕典、コロナ感染を発表<事務所コメント全文>
    モデルプレス
  3. 山本裕典、緊急事態宣言中のパチンコ報道を謝罪 ドラマ主演降板<コメント全文>
    山本裕典、緊急事態宣言中のパチンコ報道を謝罪 ドラマ主演降板<コメント全文>
    モデルプレス
  4. 寺西優真、地上波連ドラ初主演 山本裕典と“胸キュン”純愛描く<彼が僕に恋した理由>
    寺西優真、地上波連ドラ初主演 山本裕典と“胸キュン”純愛描く<彼が僕に恋した理由>
    モデルプレス
  5.  山本裕典、公式FC&ファンサイト開設を報告
    山本裕典、公式FC&ファンサイト開設を報告
    モデルプレス
  6. 山本裕典、事務所解雇理由を告白「絶望でした」 現在の恋愛事情も
    山本裕典、事務所解雇理由を告白「絶望でした」 現在の恋愛事情も
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 「自分らしさ」を見つけたい 自分だけのアイデンティティの探しかた
    「自分らしさ」を見つけたい 自分だけのアイデンティティの探しかた
    fumumu
  2. 名古屋在住のご当地タレント、『山内ともな』が経済産業省・資源エネルギー庁主催シンポジウム 「大切なエネルギーと紡ぐ私たちの未来」 〜どこかの誰かだけの問題じゃない地層処分〜に登壇!!
    名古屋在住のご当地タレント、『山内ともな』が経済産業省・資源エネルギー庁主催シンポジウム 「大切なエネルギーと紡ぐ私たちの未来」 〜どこかの誰かだけの問題じゃない地層処分〜に登壇!!
    WWS channel
  3. かまいたち山内、韓国カジノで高額ルーレット!一撃で大金ゲットしカメラを忘れ大絶叫
    かまいたち山内、韓国カジノで高額ルーレット!一撃で大金ゲットしカメラを忘れ大絶叫
    ABEMA TIMES
  4. 大学生になった芦田愛菜、ファッションやメイクにも興味 美容誌の表紙にも挑戦
    大学生になった芦田愛菜、ファッションやメイクにも興味 美容誌の表紙にも挑戦
    ABEMA TIMES
  5. 真田広之、社会現象となった「高校教師」から30年 “ハリウッドスター”への道のり 最新作ではプロデュース&主演務める<SHOGUN 将軍>
    真田広之、社会現象となった「高校教師」から30年 “ハリウッドスター”への道のり 最新作ではプロデュース&主演務める<SHOGUN 将軍>
    WEBザテレビジョン
  6. 「なにがとは言わないが、おおきそう」東堂とも、色白バストショットに思わず二度見
    「なにがとは言わないが、おおきそう」東堂とも、色白バストショットに思わず二度見
    ENTAME next
  7. 藤澤響花、スラリ美脚魅せるスポーティーコーデにファンドギマギ「憧れのスタイル」
    藤澤響花、スラリ美脚魅せるスポーティーコーデにファンドギマギ「憧れのスタイル」
    WWS channel
  8. 津田寛治、台本を読み号泣 作品の温かさ故の気付きを語る「実はマエストロ(=西島秀俊“俊平”)って一番悪い人なのでは?」<さよならマエストロ>
    津田寛治、台本を読み号泣 作品の温かさ故の気付きを語る「実はマエストロ(=西島秀俊“俊平”)って一番悪い人なのでは?」<さよならマエストロ>
    WEBザテレビジョン
  9. 姉妹サンバダンサー「ありのままの自分が美しい」サンバ愛とポジティブマインドを発信
    姉妹サンバダンサー「ありのままの自分が美しい」サンバ愛とポジティブマインドを発信
    WEBザテレビジョン

あなたにおすすめの記事