近藤春菜、志村けんさん想い涙堪える「徐々に向き合わなければいけない」

新型コロナウイルスの陽性と診断され、入院していたお笑いタレントの志村けんさんが亡くなったことがわかった。31日放送の日本テレビ系情報番組「スッキリ」(月~金曜午前8時)では、志村さんの訃報を取り上げ、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜がコメントした。
近藤春菜、志村けんさん(C)モデルプレス
近藤春菜、志村けんさん(C)モデルプレス

近藤春菜、志村けんさんとの思い出語る

この日、番組冒頭では志村さんの生涯を振り返るVTRが放送された。

近藤は、志村さんとの共演を振り返ると、涙を浮かべ「私たち若手には『自由にやれよ』って言ってくださって、すごい笑ってくださったり、私たちが出ている番組を見てくださって『面白かったな』って一緒に(ギャグを)やってくださったり…志村さんに笑ってもらえるだけで私たちがどれだけ自信を持てるか。思い出を語ると本当に止まらないくらい」としみじみ語った。

近藤春菜、志村けんさんのスターぶり明かす

志村けんさん(C)モデルプレス
志村けんさん(C)モデルプレス
また、VTRの内容に触れ「志村さんの笑いで育った方って本当にたくさんいて、どの時代も元気をもらって、志村さんの舞台を見に行かせていただいた時に、子どもたちの笑い声もドカンとすごいし、大人もすごいんですよ。本当に分け隔てなく、笑わせられるって本当にすごいなって思います」と感心している様子でコメント。

さらに、日本だけではなく、海外からも人気が高かった志村さん。近藤は志村さんと台湾にロケに行ったことを振り返り、「志村さんが街中を歩くだけで(人が)すごいんですよ。本当に『神様が来た』っていう感じで。志村さんと全然関係ない店にもポスターが貼ってあったり。それを志村さんも笑顔で見ていたりして。こんなに愛される人はすごいなって」と改めて志村さんの偉大さを振り返った。

最後に「突然の事で受け入れられなくて、徐々に向き合わなければいけないなって思うんですけど、志村さんはそう思ってないんだろうなって。笑顔で見送ってほしいだろうなって思います」と前を向いていた。

志村けんさん死去

志村けん(C)モデルプレス
志村けん(C)モデルプレス
所属事務所は、25日に志村さんが新型コロナウイルスで入院していることを発表していた。なお、葬儀は近親者のみで行うという。

志村さんは1950年2月20日生まれ、東京都出身。ドリフターズのメンバーとして「8時だヨ!全員集合」で一躍スターに。「志村けんのバカ殿様」や「志村けんのだいじょうぶだぁ」など、出演番組多数。

現在のレギュラー番組は「天才!志村どうぶつ園」や「志村でナイト」の2本。新型コロナウイルス感染の影響で、2020年12月公開予定の初主演映画「キネマの神様」を辞退していた。(modelpress編集部)

【関連記事一覧】新型コロナウイルス影響広がる



情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 近藤春菜、志村けんさん想い涙堪える「徐々に向き合わなければいけない」
今読んだ記事

近藤春菜、志村けんさん想い涙堪える「徐々に向き合わなければ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事