超特急ユースケ、グループ脱退日に最後のメッセージ「どうしても怖くて…」 メンバー&8号車へ感謝つづる

ダンス&ボーカルグループ・超特急のユースケが2月29日にグループを脱退し、所属事務所を退社。最後の日となったこの日、ブログでメンバーや“8号車”と呼ばれるファン達にメッセージを送った。
ユースケ(C)モデルプレス
ユースケ(C)モデルプレス

ユースケ、超特急脱退「思えば思うほど前に進めなくなってしまった」

心身の治療のため2019年6月より休養していたユースケ。最後の更新となったブログのタイトルは「ありがとう」。

ユースケ(C)モデルプレス
ユースケ(C)モデルプレス
「僕の気持ちを文にできるまで、色んな事がありました」と葛藤があったことを明かし、「休養理由の最初の発表は『膝』の件でしたが、主に重要視するべき点は『心の病気』です 去年の6月に診断をもらっていたのに、最初からお伝えするべきでした ごめんなさい」と隠していたことを詫びた。

【写真】超特急、脱退のユースケと8号車への思いが詰まったファンクラブツアー


「本当に諦められないと思った日から、絶対を胸に走ってきました だからちゃんと診断をもらうまでは、心と体が一つじゃないなんて気付きませんでした」と自分自身も病気と向き合うまで時間がかかったといい、「復帰を期待してくださる方も、何倍も何倍も辛いことわかっています その気持ちに応えなければいけないこともわかっています しかしそれを思えば思うほど前に進めなくなってしまい 超特急で生活をさせてもらってる者として、今の自分の状況に耐えることができず、これ以上期待をさせるのは違うと思いました」と8号車、そして自分自身のために脱退を決断したという。

全メンバーコメントはこちら


ユースケ「どうしても怖くて2度と繰り返したくないけど、その覚悟に自信がありません」

超特急/カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシ(C)モデルプレス
超特急/カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシ(C)モデルプレス
そして、ともに夢に向かって走り続けてきたメンバーについて。

超特急にも夢を目指すペースがあり、8号車さんと叶えたい夢があります ドーム公演、たくさんの音楽番組出演 お茶の間にずっと超特急がいる未来」と一緒に描いてきた夢をなぞり、「その夢を叶えるために一日一日が大事な超特急に、このままでは足を引っ張ることしかできないと思いました」と心境を吐露。

「この決断が、超特急のことを考えていないと思うよね そう思われて当然です 皆が想う気持ちはどれも間違いではないです」と脱退を受け入れられない8号車を責めず、「だけどごめんね どうしても怖くて2度と繰り返したくないけど、その覚悟に自信がありません」と複雑な本音を漏らした。

ユースケ(C)モデルプレス
ユースケ(C)モデルプレス
そして、メンバーへ。「申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、家族のように自分を支えてくれたことに感謝しています ここまで僕が夢を見続けられたのは、メンバーのおかげです 本当にありがとう 本当に本当にありがとう ずっと支えてくれてありがとう ありがとうね」と噛みしめるように重ねて感謝をつづり、「6号車が8号車になるなんて、8号車さんにとって許されないかもしれないけど、どうか8号車さんと一緒に超特急を応援させてほしいです たくさんの思い出を自分にくれてありがとうございました」とメッセージ。

「これからも僕は、ずっと超特急が大好きです」という言葉で最後のブログを結んでいる。(modelpress編集部)

【インタビュー】このメンバーのここが好き!思いが強まった瞬間



【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 超特急ユースケ、グループ脱退日に最後のメッセージ「どうしても怖くて…」 メンバー&8号車へ感謝つづる
今読んだ記事

超特急ユースケ、グループ脱退日に最後のメッセージ「どうして…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事