土屋太鳳・向井理・小雪ら、神木隆之介主演ドラマ「鉄の骨」新キャスト発表

俳優の神木隆之介が主演を務める『連続ドラマW 鉄の骨』(WOWOWプライムにて2020年4月より放送予定/毎週土曜よる10時~、全5話・第1話無料放送)の新キャストが発表された。
(上段左から時計回り)柴田恭兵、神木隆之介、内野聖陽、向井理、石丸幹二、土屋太鳳、中村獅童、小雪(提供写真)
(上段左から時計回り)柴田恭兵、神木隆之介、内野聖陽、向井理、石丸幹二、土屋太鳳、中村獅童、小雪(提供写真)
今作はベストセラー作家・池井戸潤原作、発行部数60万部を超える「鉄の骨」(講談社文庫)をドラマ化。中堅建築会社の若手社員の奮闘する姿と共に「談合」は“必要悪”かをテーマに迫力のある人物描写で描く。神木は主人公の富島平太役で、池井戸原作ドラマに登場するのは初となる。

土屋太鳳・向井理・小雪…キャスト発表

この度、今作を彩るキャスト陣を解禁。平太の上司で池松組の常務取締役・尾形総司に扮するのは内野聖陽、業務部次長・西田吾郎役に中村獅童、業務部の紅一点・柴田理彩役に小雪、平太の彼女で白水銀行に勤める野村萌役に土屋太鳳、萌の上司で融資課・課長代理の園田俊一役に向井理、談合を裏で取り仕切るフィクサー・三橋萬造役に柴田恭兵、官製談合を追う東京地検特捜部・副部長の内藤肇役に石丸幹二らが集結した。

会社とは、組織とは、守るべき信念とは、そして正義とは…自らの理想と、会社員としての使命の狭間で葛藤する姿を描く今作は、原作刊行から10年経つ今、コンプライアンスが問われる時代にも通ずる不変的なテーマを持つ、現代社会で生きる人々に贈る迫真の人間ドラマとなる。(modelpress編集部)

内野聖陽コメント(尾形総司役)

なかなか硬派の渋い作品ですが、談合にかかわる男たちの生き様をリアリティーを強く掘り下げて演じていけたらと思っています。

中村獅童コメント(西田吾郎役)

今までに会社員の役はあまり演じたことがないのですが、新鮮な建設業界を舞台に、新しい役柄と出会えたことが嬉しいです。また、池井戸さんの作品に出演させていただくのは初めてなので、今回機会をいただけたことはとても有難いです。今から撮影を楽しみにしています。

土屋太鳳コメント(野村萌役)

池井戸作品は女優としての背中を押していただいた存在ですので「鉄の骨」を機にまた一歩踏み出せたらと思いますし、WOWOWさんの現場に再び参加出来ることも大きな喜びです。キャスト陣の素晴らしさにプレッシャーを感じつつも喜びがはみ出しそう!毒と真実の渦の中で「女性の持つある意味での骨太さ」を表現したいと思います。

柴田恭兵コメント(三橋萬造役)

大手ゼネコンの顧問でありながら談合を調整する[三橋萬造]それぞれの利益がからみあうなかやさしさと冷酷さを合わせもつ魅力的な人物です。興奮をおさえながら静かに演じられたらと思っています。内野さん、神木君との初共演、とても楽しみです。

石丸幹二コメント(内藤肇役)

池井戸先生はいつも、緻密なリサーチに基づいて、層を重ねるように物語を積み上げていかれます。だから、内も外もリアリティー重視で役作りをせねば、その世界観から弾かれてしまう。これまで、様々な業種の様々な役職を演じて参りましたが、幸いにも身近にその業界のビジネスマンがいて、事前に話を聞くことができました。が、さすがに今回は、周りに東京地検特捜部の人間はいない!さて、どうしたものかと思う日々です。

向井理コメント(園田俊一役)

「アキラとあきら」以来の池井戸さん原作。制作陣も同じとあって、またこの組に参加できて光栄です。池井戸さんの作品は元々骨格がしっかりしているだけでなく人間関係や登場人物の描写がとてもリアル。台本を読む時にすでに面白く、出来上がった作品がとても期待できるものです。どのような作品になるか、今から楽しみにしています。

小雪コメント(柴田理彩役)

初めての池井戸潤さん原作の作品にお声がけいただき嬉しかったです。建設会社の談合問題を取り巻く人間模様、談合は必要悪なのかなど、これまで深く向き合ったことのない問題にこの作品を通して考えさせられました。今から撮影がとても楽しみです。「鉄の骨」是非、皆様にも楽しんでいただけたらと思います。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 土屋太鳳・向井理・小雪ら、神木隆之介主演ドラマ「鉄の骨」新キャスト発表
今読んだ記事

土屋太鳳・向井理・小雪ら、神木隆之介主演ドラマ「鉄の骨」新…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事