市原隼人主演で「脳内ポイズンベリー」舞台化 蓮佛美沙子、本高克樹、斉藤優里ら共演

俳優の市原隼人が、2020年3月14日から29日に東京・新国立劇場 中劇場で上演される「脳内ポイズンベリー」で主演を務めることがわかった。
(左上から時計回りに)市原隼人、蓮佛美沙子、斉藤優里、グァンス、早霧せいな、本高克樹(提供画像)
(左上から時計回りに)市原隼人、蓮佛美沙子、斉藤優里、グァンス、早霧せいな、本高克樹(提供画像)

市原隼人、舞台「脳内ポイズンベリー」主演

同作は、水城せとな氏の同名漫画を舞台化したもの。1人の人間の頭の中で擬人化された5つの思考が“脳内会議”を繰り広げるというラブコメディで、2015年には映画化もされている作品。

市原は、“脳内会議”の議長・吉田役で主演を務める。このほか、現実世界を生きる人間で、脳内の5つの思考が擬人化されて現れる・いちこ役に蓮佛美沙子、いちこの脳内のネガティブ思考・池田役に早霧せいな、脳内の“記憶”であり脳内会議の書記・岸役にSUPERNOVAのグァンス、脳内のポジティブ思考・石橋役に7 MEN 侍の本高克樹(※「高」は正式には「はしごだか」)、脳内の瞬間の感情・ハトコに、元乃木坂46の斉藤優里の出演が決定した。

さらに、演出は映画化の際もメガホンを取った佐藤祐市氏が、初めて舞台作品の演出を手掛ける。

市原隼人、舞台に意気込み

今回の出演に、市原は「皆様の想像を超える舞台を創り上げますのでお楽しみ下さい」と力強くアピール。ストレートプレイに挑戦したかったという蓮佛は「このお話をいただいた時はすごく嬉しかったです」と喜びをあらわにした。

また、外部舞台初出演となる本高は「緊張と不安がとてもありますが、佐藤監督と共演者の方々から色々なことを沢山学んで頑張りたいと思います」と意気込んだ。(modelpress編集部)

出演者コメント

市原隼人
ある人間の脳内の感情が擬人化し会議を行う物語の中、議長の吉田を務めさせて頂きます。これからの稽古に向け、今ある作られた作品の世界を壊し、一から積み上げます。楽しみで仕方ありません。皆様の想像を超える舞台を創り上げますのでお楽しみ下さい。

蓮佛美沙子
舞台はミュージカルしか経験がなく、ストレートプレイもやってみたいとずっと思っていたので、このお話をいただいた時はすごく嬉しかったです。佐藤祐市監督とは以前ドラマでほんの少しだけお仕事させていただいて、またご一緒したいと願っていたので、監督の初舞台演出作品に携われて、どんな舞台になるんだろうとすごくわくわくしています。

頭の中の脳内会議が大騒ぎでいつも収拾がつかなくなってしまういちこ。彼女の人生の歩み方は共感してもらえるのか、反面教師として映るのか、はたまたイライラされるのか?観た方によって捉え方が違う、人間臭さでお腹いっぱいになる作品だと思います。テンポや間が物凄く重要な作品だと思うので、市原さん始めキャストの方たち、スタッフの方たちと息を合わせて創り上げていけたらと思います。

早霧せいな
原作漫画の発想がとても面白く「日々、人は考えている時、無意識のうちに脳内会議をする」こういう事は、おそらく誰にでもある!ある!と、あっという間に読んでしまいました。ひとりの女性の脳内会議の全貌をお見せするこの作品が舞台化されるとどうなるのか?!私自身も楽しみで仕方ないです。脳内のネガティブ思考として、自分自身のネガティブな思考をフルに使って大暴れしたいと思います(笑)。

観終わった後は、きっと、どんな自分も肯定してあげられる自分に出会えること間違いなし!ぜひ劇場でお待ちしております。

グァンス
人気漫画が原作の舞台ということで、お話を頂いた時は本当に光栄でしたし、実力派俳優の共演者の方々のお名前を聞き興奮しました。今までに出演させて頂いた作品とはまた違った感じの舞台で、それだけにさらにやる気も出ました。

自分らしく自分しか出来ない役を、作品の中で全力を尽くして表現しようと思っています。原作とはまた違った世界感たっぷりの良い作品になると思います。カンパニーの皆さん、キャストの皆さんと頑張って最高の作品を作り上げます。ぜひ楽しみにしてください。新国立劇場でお待ちしております!

本高克樹
この作品は以前から知っていて、出演のお話を聞いた時は本当に嬉しかったです!石橋という役に関しては原作を見た時からハマっていて、早速ポジティブをばら撒いていこうと思っています。僕はジャニーズの舞台以外で出演することが初めてなので、緊張と不安がとてもありますが、佐藤監督と共演者の方々から色々なことを沢山学んで頑張りたいと思います。

是非この素敵な作品を楽しんでいただくと共に、ポジティブいっぱいの新しい本高克樹を見にきてください!

斉藤優里
台本を頂いた時にそれぞれの役がとても個性があり魅力的で可愛く、演じるのが楽しみだなと思いました。緊張はしますが、ハトコ役をたくさんの方に見てもらえるように頑張りたいです。自分なりに精一杯頑張らせて頂きますのでたくさんの方に劇場に遊びにきてもらいたいです。よろしくお願いします。

原作者コメント

この作品は2015年に映画化されましたが、映画版と同じく佐藤祐市監督により、この度舞台化されることとなりました。「脳内ポイズンベリー」は1人のアラサー女性の頭の中であーでもない、こーでもない、どうしよう…と繰り広げられている思考を擬人化表現した作品です。

観てくださった方に、人間って愚かで愛おしい、自分って愛おしい、と感じていただければ嬉しいです。漫画とも映像とも違う手法でどのように舞台上で表現されるのか、わたしも一観客として楽しみにしています。

「脳内ポイズンベリー」あらすじ

吉田は、議長として、優柔不断ながら日々紛糾する会議をまとめ上げようと、奮闘する毎日を送っていた。普通とちょっとだけ違っているのは、彼が存在しているのは、ある携帯小説家、櫻井いちこの“脳内”だということ!

いちこの脳内は、吉田をはじめ、5つの思考が擬人化され<ネガティブ思考>の池田、<ポジティブ思考>の石橋、<瞬間の感情>のハトコ、そして書記である<記憶>の岸が、それぞれ別の人格として議論を戦わせ、いちこの言動や思考回路を司っていた。

ある日いちこは、飲み会で一緒になって以来気になっていた年下男子・早乙女に、偶然遭遇する。「運命の再会」に脳内はたちまちパニック状態に!吉田を中心とした脳内会議の多数決でひとまず話しかけてみたはいいものの、つれない反応に会議はまたまた、すったもんだの大騒ぎ…。

さらにいちこの担当編集である越智も、いちこに恋心を寄せはじめ…果たして、いちこは幸せになることができるのか?人生最大の三角関係が勃発する中、吉田を議長とする脳内会議のメンバーは、本当にいちこの幸せな道を選ぶことができるのか!?

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 市原隼人主演で「脳内ポイズンベリー」舞台化 蓮佛美沙子、本高克樹、斉藤優里ら共演
今読んだ記事

市原隼人主演で「脳内ポイズンベリー」舞台化 蓮佛美沙子、本…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事