滝沢秀明、ジャニーさん追悼「共に苦しみ喜び合う決意をしました」中居正広が手紙代読<全文/音楽の日>

13日に生放送されたTBS系『音楽の日 2019』(午後2時から翌朝5時まで)にて、9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)について滝沢秀明からのメッセージが紹介された。司会の中居正広が代読した。
ジャニーズ事務所(C)モデルプレス
ジャニーズ事務所(C)モデルプレス
番組中盤、中居をはじめとするジャニーズタレントたちが集結し、ジャニーさんを追悼。その中で、滝沢からの手紙が紹介された。

表舞台を退き、ジュニアたちの育成に励む滝沢は、手紙の中で「ジャニーさんの存在は大きすぎて、決して越えられるものではない。だからこそ今この仕事は私の一生をかけたテーマになりました」とプロデュース業への覚悟を語り、「ジャニーズJr.に想いを乗せ、彼らと共に苦しみ、共に喜び合う決意をしました」と宣言。

「ジャニーさんが育てたジャニーズJr.、これからは、私から彼らが巣立っていけるように、全身全霊をささげてやっていけきたいと思います」とジャニーさんから受け継いだ熱い思いをつづった。

手紙が紹介された後、ジャニーズJr.が滝沢プロデュースする企画のもと、歴代ジャニーズの名曲をメドレーで披露。ジャニーズJr.たちは大勢の先輩たちに見守られながら、15分9秒、ノンストップで魂のパフォーマンスを届けた。

ジャニーズJr.、ジャニーさんへの“魂の15分9秒”に反響 先輩13組が見守る


滝沢秀明の手紙全文

ジャニーズ事務所(C)モデルプレス
ジャニーズ事務所(C)モデルプレス
以下、滝沢の手紙全文。

本日は、このような形でお時間をいただけたことを大変、うれしく思います。みなさんもご存知のように私の恩師でもあるジャニー喜多川社長が先日、87歳で人生の幕を降ろしました。タレント、社員一同、動揺しましたが、こんな時こそ「Youは人を笑顔にするんだよ、悲しんでいる場合じゃないよ」というジャニーさんの声が聞こえるような気がして、私たちは少しずつ前に進み始めております。

私は2018年末に、芸能界の表舞台から引退しました。ジャニーズが大好きで、ジャニーさんに恩返しがしたい、そんな強い思いからでした。

ジャニーさんの存在は大きすぎて、決して越えられるものではない。だからこそ今この仕事は私の一生をかけたテーマになりました。

私は今、ジャニーズJr.に想いを乗せ、彼らと共に苦しみ、共に喜び合う決意をしました。本日もSnow Manをはじめ、HiHi Jets、ジャニーズJr.のみんなが熱いパフォーマンスをしてくれると思います。

悲しみを乗り越えた若者たちの瞳をご覧ください。ジャニーさんが育てたジャニーズJr.、これからは、私から彼らが巣立っていけるように全身全霊をささげてやっていきたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 滝沢秀明、ジャニーさん追悼「共に苦しみ喜び合う決意をしました」中居正広が手紙代読<全文/音楽の日>
今読んだ記事

滝沢秀明、ジャニーさん追悼「共に苦しみ喜び合う決意をしまし…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事