広末涼子、自身の曲は「絶対歌わない」理由を明かす

女優の広末涼子が26日、テレビ東京開局55周年特別企画「テレ東音楽祭 2019」に司会として生出演した。その中で語った自らの楽曲についてのエピソードが話題となっている。
広末涼子(C)モデルプレス
広末涼子(C)モデルプレス
番組中、広末の歌手としてのデビュー曲となった『MajiでKoiする5秒前』やセカンドシングルである『大スキ!』を歌う過去映像が放送された。それを見た広末は照れながら「恥ずかしい」とコメント。

広末「あれは10代だったから歌えた歌」

広末涼子(C)モデルプレス
広末涼子(C)モデルプレス
総合MCであるTOKIOの国分太一から現在も自分の曲を歌うかを尋ねられると、「絶対歌わないです」と答え、「カラオケで友達に(曲)入れられたり、打ち上げでかけられたりすると、プチッと切ります」と明かした。

それに続けて「あれは10代だったから歌えた歌」と言い切った広末。しかし、「ついこの間、長渕剛さんに曲を入れられたとき、断れませんでした」と苦笑いを浮かべ、「何十年ぶりに歌いました」と語った。(modelpress編集部)

情報:テレビ東京

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 広末涼子、自身の曲は「絶対歌わない」理由を明かす
今読んだ記事

広末涼子、自身の曲は「絶対歌わない」理由を明かす

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事