松本人志、ピエール瀧容疑者逮捕にコメント “作品に罪はない”に異論も

17日放送のフジテレビ系バラエティ番組「ワイドナショー」(毎週日曜10時~)では、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたピエール瀧(本名:瀧正則)容疑者について、松本人志らが持論を展開した。
松本人志(C)モデルプレス
松本人志(C)モデルプレス
番組では瀧容疑者について取り上げ、自身も映画監督として経験がある松本は、作品をつくりあげる側として「公開前に(コカインの)作用を使ってあの素晴らしい演技をやっていたのかもしれないと思ったら、それはある種ドーピング」と渋い表情でコメント。たとえ名演でも、薬物をつかっての演技であるのなら「監督としては公開してほしくない」と明言した。

また、瀧容疑者が出演していた作品がを非公開にするなど、各所の対応も紹介。松本は、作品内での役柄の重要さによるとしたものの、公開と役者の問題は関係ないとする「作品に罪はない」意見について、演技が「ドーピング」であるのなら作品にも罪が「場合によっては、(罪が)ある」と持論を展開した。

ピエール瀧(C)モデルプレス
ピエール瀧(C)モデルプレス

松本人志「芋づるあるんじゃないかな」

そして、松本の周囲から「せっかくいい役者やったのに…」と口にしているのが耳に入るそうだが、「あなたが見た役者のとき、なんか(薬)やってたのかもしれないよ?」と苦言を呈し、「完全薬が抜けた時のピエール瀧の演技を見てみたい」ときっぱり。「芋づる(での検挙が)あるんじゃないかなと思って…」と新たな逮捕者が出ることも危惧した。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 松本人志、ピエール瀧容疑者逮捕にコメント “作品に罪はない”に異論も
今読んだ記事

松本人志、ピエール瀧容疑者逮捕にコメント “作品に罪はない”に…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事