松本人志(まつもとひとし)

誕生日:1963年9月8日

「松本人志」に関連するモデルプレス記事

  1. 松本人志、ボディビル大会優勝なかやまきんに君の“説明”に注意? 「笑いを用いてください」

    ラフ&ピース ニュースマガジン

  2. 松本人志「65歳になったら芸能界を引退する」 その真意を語る

    fumumu

  3. 松本人志 自らが「東京五輪反対」と書かれたネット記事に「怒っている」

    デイリースポーツ芸能

  4. フジ「ダウンタウンなう」終了で「人志松本の酒のツマミになる話」レギュラー化

    モデルプレス

  5. 松本人志、キンコン西野亮廣の退社に「率直に寂しい」持論語る

    モデルプレス

  6. 松本人志「FREEZE」シーズン2「ASIAN TV AWARDS」最優秀賞受賞

    モデルプレス

  7. 中居正広らゲスト出演 年内ラスト「ワイドナショー」で言いたい放題

    モデルプレス

  8. 松本人志、渡部建の会見受け年末の「笑ってはいけない」についてコメント

    モデルプレス

  9. 松本人志、渡部建との共演説に言及「あえて会見の前に…」

    モデルプレス

  10. 松本人志、渡部建「ガキ使」で復帰報道に言及

    モデルプレス

  11. 中居正広「年がいもなく緊張」松本人志と“マッチング”に向け入念な準備

    モデルプレス

  12. 松本人志×中居正広が考案、実験的ドキュメンタリー 菅田将暉・ローラ・森進一親子らを“マッチング”

    モデルプレス

  13. ダウンタウン「きゅんです」動画に初挑戦「可愛すぎてキュン」「永久保存」と反響

    モデルプレス

  14. ダウンタウン、TWICEで踊る?インスタリール初挑戦で「仲良し」「可愛い」と話題に

    モデルプレス

  15. 松本人志・ファーストサマーウイカ、伊勢谷友介容疑者逮捕で“作品の罪”について言及

    モデルプレス

  16. 松本人志、PCR検査受診した浜田雅功の現状を説明

    モデルプレス

  17. 松本人志、NEWS増田貴久に直球質問「新しい人を入れるとかないの?」

    テレビドガッチ

  18. 松本人志、SNSの誹謗中傷・正しい使用法に持論「ムチが多い」

    モデルプレス

  19. 松本人志、TOKIO長瀬智也の退所・城島茂ら新会社設立に言及「ここまで続けられたことがすごい」

    モデルプレス

  20. 松本人志「フジモンは被害者」木下優樹菜引退に言及

    デイリーニュースオンライン

松本人志のプロフィール

松本 人志(まつもと ひとし)
1963年9月8日
お笑い芸人・お笑いタレント、漫才師、作家、作詞家、映画監督、俳優、司会者であり、ダウンタウンのボケ担当。
相方は浜田雅功
冠番組である「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」では企画構成を手掛けている。
妻は元タレントの伊原凛
よしもとクリエイティブ・エージェンシー(東京)所属

略歴
兵庫県尼崎市出身。小学校・中学校の同級生に浜田雅功と構成作家の高須光聖がいる。浜田と共に吉本総合芸能学院(NSC)に入学(同校の1期生)。入学当初から浜田とコンビを結成。その後コンビ名をダウンタウンとして舞台やテレビ番組に出演。1987年4月に開始した初の看板番組『4時ですよーだ』を皮切りに、翌年には深夜のコント番組『夢で逢えたら』で東京進出。『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』(日本テレビ系列)、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系列)等では出演のほか番組の企画・構成も担当。
1993年から1995年にかけて、週刊朝日に連載していた自身のエッセイ(オフオフダウンタウン)が『遺書』及び『松本』として単行本化される。それぞれ250万部、200万部を売り上げる。1990年代後半より、『一人ごっつ』シリーズ(フジテレビ系)、入場料1万円のコントライブ「寸止め海峡(仮題)」、料金後払い制ライブ「松風'95」、コントビデオ『HITOSI MATUMOTO VISUALBUM』など、個人での活動も行うようになる。2000年、自身の原案で『伝説の教師』(日本テレビ系、SMAPの中居正広と共演)に主演。
2001年10月4日より、ラジオ番組『放送室』(TOKYO FM)を高須光聖と共に開始し、2009年3月28日の番組終了まで約7年半に渡り放送。2007年、企画、脚本、監督、出演の四役を務めた映画『大日本人』を発表し映画監督デビュー。日本での公開に先立ってカンヌ国際映画祭の「監督週間」に招待された。これに伴い、2008年の東京スポーツ新聞社主催・「第8回ビートたけしのエンターテインメント賞」で話題賞を受賞。
2004年から『人志松本のすべらない話』(通称:すべらない話)のホスト及び企画、2009年からは大喜利の祭典『IPPON グランプリ』の大会チェアマンとして出演し(いずれもフジテレビ制作)、あまり知名度の無いお笑い芸人の才能の発掘や若手芸人の育成にあたる役割も担っている。『すべらない話』では、関西での活動を中心としていた小籔千豊や、矢野・兵動の兵動大樹がMVS[注 1]を受賞し全国区へとブレークするきっかけを作り、『IPPON グランプリ』では、『R-1ぐらんぷり』『爆笑レッドカーペット』等をきっかけにブレイクしたバカリズムの大喜利能力の圧倒的な高さを発掘した。
2010年6月、左股関節に股関節唇損傷を患い、股関節の手術を受けるため1 - 2ヶ月程度の休養を発表した。その後、8月18日収録の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』で仕事復帰。同年10月15日にNHK総合でテレビでは実質的に9年振りとなるコント番組『松本人志のコント MHK』が放送、翌10月16日に同局のドキュメンタリー番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』で「松本人志スペシャル」が放送された。 2015年12月、第18回みうらじゅん賞を受賞。

人物
好きな歴史上の人物としてゴッホ、アンネ・フランク、黒田官兵衛など。1998年9月より、髪型を左分けから坊主頭に変える。2014年の秋以降は白髪を隠す目的で髪の毛をグレーに染めていたが、すぐ色が落ちてしまうという理由で冬頃からは金色に染めている。 左利きの芸能人として有名であるが、スポーツ系は右利きで箸やペンを持つ場合は左利き。
多方面の人物やメディアなどで、「天才」と称され、特に若手から中堅芸人のほとんどにリスペクトされている。

芸風・仕事
「笑いと悲しみは紙一重・表裏一体」という考えを持っている。『ごっつええ感じ』のコント「トカゲのおっさん」や、映画『大日本人』は笑いとペーソスを両立させた作品となっている。貧乏だった少年時代の話を松本は心から面白いと思って披露しても、悲しい話として同情を受けてしまうことがあるという。
『ごっつええ感じ』の頃は、ハードな下ネタやグロテスク・バイオレンスなネタなど狂気的なほどのブラックな笑いを度々見せていた。その後はそういった類の笑いへの興味は大分無くなっている。理由は「過去のコントを見返した際に『今観直してもやっぱり面白い』と思えたのはブラックな笑いではなかったから」と語っている。また、単純に年齢・芸歴を重ねたことや、結婚し家庭を持ったこともきっかけではないかとも自己分析している。『松本人志のコント MHK』では図面に描いた通りにやる「良質」なコントを目指したという。
「面白いやつの条件」として「ネクラ・貧乏・女好き」を挙げている。「面白い奴とは自分ひとりの世界を持っている奴のことであり、実はネクラな奴が多い。面白い奴とはどこか冷めた奴のことである」と論じている。その一方、明るい性格に関しては「明るい奴は社交的で楽しいが、笑いの内容が薄く飽きられやすい。身内を楽しませるだけで終わってしまう」とも論じている。「貧乏」は、松本自身があまり裕福な家庭で育ってなかったこともあり、「遊び道具のない子供は、自分でそれを作ろうとする。結局、想像力が豊かになり、頭を使って遊ぼうとするのだ」とコメントしている。「女好き」については、「女好きの奴は口がうまい。そう、しゃべりが達者」であることを理由としている。
尊敬する芸人と公言している人物は藤山寛美、桂枝雀 (2代目)、志村けん、島田紳助。藤山寛美・2代目桂枝雀については、「芸人は寛美さんや枝雀さんのように常に作品を作っていかなければならない。僕はそういう人になりたいと思う。」と語っている。また就寝前に携帯音楽プレイヤーで2代目桂枝雀の落語を聴きながら眠りに就く事が良くあるとも語っている。島田紳助は紳助・竜介時代に、ダウンタウンの芸風の方向性を松本に問いただすと、模索中ながらもある程度の確信がある旨を明かし、後に紳助は、ダウンタウンの漫才の方向性が正しかったことに衝撃を受け、これが紳助・竜介を解散するきっかけになった。また自身の著書『遺書』においても「もしこの世にテレビがなく、ラジオだけだったとしたら、このオッサンは間違いなく天下を取っているだろう」と紳助を評している。そんな紳助とは友人関係にあり、M-1グランプリの審査員として紳助と共に2004年度を除き全て出演した。

家族
3人兄弟の末っ子。祖父(昇次郎)(1896年 - 1971年6月8日)は著書にもよく名が出てくる。家族構成は父(譲一)(1933年 - 2014年8月18日)、母(秋子)(1933年 - )、兄(隆博)、姉(奈緒美)。兄はヒューマックス株式会社の取締役であり、2007年に歌手デビューをした松本隆博。2014年8月31日、8月18日に父・譲一が亡くなったことを「ワイドナショー」内で明らかにした。番組では家族の話をすることが多く、共演することもある。2009年に元タレントの伊原凛と結婚し、娘がいる。

映画
大日本人(2007年)
しんぼる(2009年)
さや侍(2011年)
R100(2013年)

テレビアニメ
きょうふのキョーちゃん※フジテレビ系の番組『ダウンタウンのごっつええ感じ』内で放送された松本原作によるアニメ作品。過激な内容のため7回で打ち切り。未商品化

インターネット配信
ザッサー(2006年):第2日本テレビで配信されるVODオリジナルコント、企画構成も担当。
ピクミン3 Direct 2013.6.26:(任天堂公式チャンネル、2013年6月26日)</ref>「ピクミン3 Direct 2013.6.26」配信 松本人志&宮本茂が「ピクミン3」お茶の間でプレイ 2013年6月26日閲覧</ref>
HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル(Amazonプライム・ビデオ、2016年):参加費100万円で優勝者がその総額1000万円を総取り出来るという、笑わせ合いサバイバルゲーム。参加者は、宮川大輔、FUJIWARA藤本、野性爆弾くっきー、東京ダイナマイト・ハチミツ二郎、とろサーモン久保田、トレンディエンジェル斎藤、マテンロウ・アントニー、天竺鼠・川原、ジミー大西、ダイノジ大地。「千原ジュニア40歳LIVE」(2014年)でこの企画の原案を話していた。

ビデオ
ダウンタウン松本人志の流 頭頭(とうず)(1993年7月9日)※オリジナルビデオ作品。松本が監督・主演を担当
寸止め海峡(仮題)(1995年1月20日)※同名の松本人志1万円ライブを収録したビデオ。 一番客の反応が良かった『写真で一言』のコーナーは、「入場料を払って観た客だけの特典」として意図的にカットされている
松本人志のひとりごっつ 其ノ一~其ノ九(1997年)
HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol.りんご「約束」(1998年)
HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol.バナナ「親切」(1998年)
HITOSI MATUMOTO VISUALBUM Vol.ぶどう「安心」(1999年)
わらいのじかん(2000年)
わらいのじかん2(2000年)

ショート・ムービー
サスケ(2001年)※日本テレビ系のバラエティ番組『進ぬ!電波少年』の企画で制作された。未商品化。

DVD
松本人志自選集「スーパー一人ごっつ」Vol.1~5(2002年 - 2003年)
HITOSI MATUMOTO VISUALBUM 「完成」(2003年)
働くおっさん人形(2003年)
人志松本のすべらない話(2006年6月28日)

音楽
作詞家としてのデビュー作は夢で逢えたらで作られた「A・MA・CHAでカッポレ」
1993年に番組の企画で作詞し、所ジョージが作曲したバラード・「ラブハンター」を唄・浜田。
坂本龍一・テイトウワのプロデュースで相方·浜田と「GEISHA GIRLS (KEN&SHO)」として、1994、1995年にCDリリース。
浜田が「H Jungle with t」で「第46回NHK紅白歌合戦」に出演した際、松本がGEISHA GIRLSの衣装で現れ、紅白初出場を果たす。『WOW WAR TONIGHT』の間奏部分にも参加している。
1997年、「エキセントリック少年ボウイオールスターズ」で作詞を担当。
1998年、「日影の忍者勝彦オールスターズ」で作詞を担当。
2001年、「Re:Japan」の一員として、『明日があるさ』をCDリリース。
2003年、広島テレビ「松本紳助」番組内でFIRSTKLASとコラボ。島田紳助にCDデビューさせる予定だったが、紳助本人が断固拒否したため実現しなかった。
2004年11月17日、『チキンライス』で作詞を担当。

食玩
松本人志 世界の珍獣(2003年)

スマートフォンアプリ
松本人志の眠くなるアプリ(2014年)
松本人志の俺の覚えたい外国語100~英語編~(2015年)

バラエティ
現在のレギュラー番組
ワイドナショー(2013年 - フジテレビ) - コメンテーター
松本家の休日(2014年 - 朝日放送)
クレイジージャーニー(2015年 - TBS)
人志松本のすべらない話(2004年 - フジテレビ)※特番
IPPONグランプリ(2009年 - フジテレビ)※特番

過去のレギュラー番組
一人ごっつ(1996年 - 1997年、フジテレビ)
新・一人ごっつ(1997年、フジテレビ)
松ごっつ(1998年、フジテレビ)
わらいのじかん(1999年 - 2000年、テレビ朝日)
わらいのじかん2(2000年、テレビ朝日)
松本紳助(2003年4月から松紳)(2000年 - 2006年、広島テレビ→日本テレビ)
M-1グランプリ(2001年 - 2003年 、2005年 - 2010年 、朝日放送、審査員として出演)
SMAP×SMAP特別編 中居正広Singles(2001年、関西テレビ・フジテレビ、中居と松本の対談)
松本人志・中居正広VS日本テレビ(2002年9月26日、2003年4月12日、日本テレビ)
サイボーグ魂(2002年 - 2003年、TBS)
働くおっさん人形(2002年 - 2003年、フジテレビ)
モーニングビッグ対談(2003年、フジテレビ)
働くおっさん劇場(2006年 - 2007年、フジテレビ)
松本見聞録(2008年 - 2009年、TBS)
人志松本の○○な話(2009年 - 2012年、フジテレビ)
松本人志のコントMHK(2010年10月15日 - 2012年3月3日、NHK)
たけしとひとし(2010年12月10日、日本テレビ)
おもしろ言葉ゲーム OMOJAN(2012年、フジテレビ)

テレビドラマ
竜馬におまかせ!(1996年、日本テレビ) – 町娘 役 ※友情出演
伝説の教師(2000年、日本テレビ) – 主演・南波次郎 役 ※中居正広とW主演
明日があるさ(2001年、日本テレビ) – 謎の男 役
のだめカンタービレ(2006年、フジテレビ) – 松本人志 役 ※ゲスト出演
木下部長とボク(2010年、読売テレビ) – 何茂専務 役 ※友情出演

映画
サスケ(2001年) – 主演・佐助 役
明日があるさ THE MOVIE(2002年) – 耳鼻科の先生 役
大日本人(2007年) – 主演・大佐藤大 / 6代目大日本人 役 ※監督、脚本兼任
しんぼる(2009年) – 主演・男 役 ※監督、脚本兼任
さや侍(2011年) – 監督、脚本兼任
R100(2013年) – 総務課の警察官 役 ※監督、脚本兼任

舞台
寸止め海峡(仮題)(1994年) - 入場料1万円の「演者が客を選ぶ」ライブ。
松風'95 (1995年) - スライド写真にコメントを付ける形式の単独ライブ。入場料を観客の評価に委ね、見終わった後に出口で払ってもらう「料金後払い制」をとった。

ラジオ
放送室(2001年 - 2009年 JFNC)

イラスト
THE HIGH-LOWS:シングル「千年メダル」「真夜中レーザーガン」、アルバム「ロブスター」のジャケットイラスト

CM
キリンビバレッジ 「オズモ」(1993年)
コカ・コーラ 缶コーヒー「ジョージア ZOTTO」(1996年)
ツーカー 企業CM(2003年 - 2008年)※後期はポスターのみの出演。
サントリー 「スーパーブルー」(2004年)
THE HIGH-LOWS、ベストアルバム「FLASH ~BEST~」(2006年)
クリック証券 (2009年)
江崎グリコ クラッツ(2009年)※映画「しんぼる」の宣伝を兼ねての出演。
玉姫殿
大日本除虫菊(KINCHO)「キンチョール」(2011年)
日本郵便「ゆうパック」(2014年 - )
リクルート「タウンワーク」(2015年 - )

演じた俳優
江守徹(フジテレビ「ごっつええ感じ ダウンタウン青春プレイバック」1996年)
趙珉和(舞台「吉本百年物語 アンチ吉本・お笑いレボリューション」2013年)

著書
『遺書』 朝日新聞社、1994年9月。
『松本』 朝日新聞社、1995年9月。
『松風'95 HITOSHI MATSUMOTO 4D-EXPO』(1996年6月、朝日出版社)
『「松本」の「遺書」』(1997年7月、朝日新聞社)
上記2作を1冊にまとめた文庫。
『松本人志 愛』(1998年9月、朝日新聞社)
『松本坊主』(1999年1月、ロッキング・オン)
『伝説の教師』(2000年7月、ワニブックス)
『図鑑』(2000年11月、朝日新聞社)
『松本紳助』(2001年12月、ワニブックス)
『松本シネマ坊主』(2002年1月、日経BP社)
『哲学』(2002年3月、幻冬舎)
『松本裁判』(2002年3月、ロッキング・オン)
『裏松本紳助』(2002年10月、ワニブックス)
『プレイ坊主 松本人志の人生相談』(2002年12月、集英社)
『放送室』(2003年7月、TOKYO FM出版)
『放送室の裏』(2003年7月、ワニブックス)
『定本「一人ごっつ」』(2003年9月、ロッキング・オン)
『松紳』(2004年6月、ワニブックス)
『好きか、嫌いか - 松本人志の二元論』(2004年10月、集英社)
『放送室 その2』(2005年2月、TOKYO FM出版)
『シネマ坊主2』(2005年6月、日経BP社)
『好きか、嫌いか2 - 松本人志の最終裁判』(2005年10月、集英社)
『放送室 その3』(2006年4月、TOKYO FM出版)
『松本人志のちょっとした言葉カレンダー2008』(2007年11月、日経BP出版センター)
『シネマ坊主3』(2008年6月、日経BP出版センター)
『松本人志の怒り 赤版』(2008年8月、集英社)
『松本人志の怒り 青版』(2008年8月、集英社)
『松本人志 仕事の流儀』(2011年6月、イースト・プレス)

関連書籍
吉本興業・松本人志未公認
『怪人・松本人志の謎』(1995年、コアラブックス)
『怪人・松本人志のホンマごっつ』(1998年、コスミックインターナショナル)
『松本人志ショー』(1999年、河出書房新社)
『松本人志 尼崎青春物語』(2003年、コアハウス)

連載
オフオフ・ダウンタウン(週刊朝日、朝日新聞社)1993年7月16日号 - 1995年7月14日号
のちに「遺書」・「松本」とタイトルをつけて単行本化。
松本人志のシネマ坊主(日経エンタテインメント!、日経BP)1999年6月号 - 2008年6月号
「シネマ坊主」として3冊の単行本が出版されている。
松本人志のプレイ坊主(週刊プレイボーイ、集英社)2000年7月18日号 -
「プレイ坊主」・「松本人志の怒り」はこの連載からの単行本。

特集・対談など
2007年6月頃、大日本人公開に合わせてインタビューのラッシュがあった。
松本人志 + ナンシー関(CREA、文藝春秋)1994年5月号
ナンシー関との対談。
天才なのかバカなのか?(別冊新潮45、新潮社)1998年2月号
ビートたけしとの対談。のち文庫化 ISBN 978-4101225500
初監督映画「大日本人」を撮り終えて(AERA、朝日新聞社)2007年4月30日-5月7日合併号
松本人志は悲しい(CUT、ロッキング・オン)2007年6月号
「大日本人」ラウンドインタビュー全公開(広告批評、マドラ出版)2007年6月号(315号)
総力特集 松本人志(QuickJapan、太田出版)2007年6月11日(Vol.72)
大松本論(BRUTUS、マガジンハウス)2007年6月12日号
茂木健一郎との対談など。
松本人志が描く、日本人の真実とは!?(GQ JAPAN、コンデナスト・ジャパン)2007年7月号
松本人志、何と戦う!(CUT、ロッキング・オン)2008年6月号
松本人志×宮本茂(任天堂株式会社専務取締役) スペシャル対談(NHK BSプレミアム)2011年
松本人志×村尾信尚(NEWS ZERO内、日本テレビ)2013年

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.

松本人志を「ウィキペディア」で参照する