TOKIO松岡昌宏、“砂漠のド真ん中”でポツン 「家政夫のミタゾノ」クランクイン 

TOKIO松岡昌宏が主演を務める人気シリーズで、4月より“パート3”が放送されるテレビ朝日系ドラマ『家政夫のミタゾノ』(毎週金曜よる11:05~)が、このほどクランクインした。
「家政夫のミタゾノ」クランクイン(C)テレビ朝日
「家政夫のミタゾノ」クランクイン(C)テレビ朝日
同ドラマ枠の作品では『特命係長・只野仁』以来となる“パート3”の制作だけに期待が高まっている『家政夫のミタゾノ』。「三田園さん」こと松岡は、“砂漠のド真ん中”で無事クランクインした。

「家政夫のミタゾノ」アラブの国から幕開け

今作の冒頭、三田園はとあるアラブの国に。なぜか石油を採掘する一族に仕えているという設定からドラマは1年ぶりに幕を開ける。

吹き荒ぶ中東の風、舞い上がる砂埃、照りつける灼熱の太陽…そして見渡す限り砂漠の地、というすべてが異国情緒溢れる雰囲気の中、おなじみのスタイルに身を包んだ三田園さんが力強く大地を踏みしめながら登場。パート3のスタートにふさわしく、華々しい登場となった三田園はただ歩いているだけかと思いきや、まさかの能力が明らかになる。

ドラマ「家政夫のミタゾノ」

女装した大柄な家政夫・三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』。

今作から、家政婦紹介所の所長・結頼子(余貴美子)の甥で、社会経験を積むために家政夫として働きにやってきた見習い家政夫の村田光役の伊野尾慧、勝ち気で疑り深い性格の持ち主であり「若いけれども優秀」という頼子お墨付きの若き家政婦・恩田萌役の川栄李奈が加わる。

三田園薫コメント

ご無沙汰しております。家政夫の三田園でございます。またまたこうして皆様とお会いする機会をいただけたこと、心から痛み入ります。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - TOKIO松岡昌宏、“砂漠のド真ん中”でポツン 「家政夫のミタゾノ」クランクイン 
今読んだ記事

TOKIO松岡昌宏、“砂漠のド真ん中”でポツン 「家政夫のミタゾノ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事