よゐこ濱口優、南明奈から「やめて」苦情告白

お笑いコンビ・よゐこ濱口優が19日放送の日本テレビ系バラエティ番組 「踊る!さんま御殿!!」(毎週火曜よる7時56分~)に出演。妻でタレントの南明奈からの苦情を明かす。
濱口優 (C)日本テレビ
濱口優 (C)日本テレビ
今回は「食に異常にこだわる人SP」。濱口は「風呂場でカップ麺を食べる」という独特の食べ方を告白。とあるところで食べる特別なおいしさを再現できると周囲におススメするのだが、妻の南からは「臭いがするからやめて」と苦情が来ているそう。

番組の様子 (C)日本テレビ
番組の様子 (C)日本テレビ
毎回同番組で屁理屈を炸裂させている和牛・水田信二は「ミートソーススパゲッティは母が作るものが一番おいしい」と断言。それでも気になる店のスパゲッティに対しては、食べてみたいものの「がっかりしたくない」という理由で、自分では注文せず後輩を巧みに誘導するというセコさを露呈する。相方の川西賢志郎いわく、水田の母親が作るスパゲッティは確かにおいしいそう。それが果たしてどのようなおいしさなのか気になる明石家さんまは「電化製品に例えて」とムチャブリ。困り果てる川西に次々と無茶な例えを要求し後輩芸人を困らせる。

水田信二 (C)日本テレビ
水田信二 (C)日本テレビ

丸山桂里奈が熱弁

自らを“食のこだわり派”だと自負する丸山桂里奈は「料理人さんが髪を刈り上げている店の料理はおいしい」と根拠のないこだわりを力説。呆れるさんまだったが、なんと料理研究家・浜内千波もこれに賛同。我妻三輪子も「以前旦那さんが料理人をしていたときに刈り上げてた」と実例を挙げる。にわかに信憑性が増してきたところに、滝沢カレンが「絶対そうだと思う」と、逆に髪の長い人が料理に不利な理由を説明。滝沢が思う、髪の長い人の料理がおいしくない理由とは。

丸山桂里奈 (C)日本テレビ
丸山桂里奈 (C)日本テレビ
その滝沢の食へのこだわりは「白米が見えるのが許せない」「ふりかけを砂漠にする」という一風変わったもの。ほかにも「汁物の下に具を隠す」など、うれしそうにその理由を語るも、全員まったくついていけない。

番組の様子 (C)日本テレビ
番組の様子 (C)日本テレビ
初登場、東十両筆頭・照強は、たまねぎに強いこだわり。地元・淡路島で取れるたまねぎ以外のたまねぎは「食べられない」とまで言う。淡路島のたまねぎは糖度が特別に強いため、これには料理人の浜内や水田らも賛同。しかし以前、淡路島のたまねぎを食べたことがあるさんまは「全然違いがわからない」と全否定。水田から「さんまさんはそこまで味を感じない」と味覚を全否定されてしまう。

照強 (C)日本テレビ
照強 (C)日本テレビ
「食事をしていてイラっとした瞬間」というトークテーマでは、丸山が「うどんを切る人にイラっとする」と発言。全員意味がわからずポカンとしていると、丸山いわく、うどんを箸や口で噛み切って食べる人が信じられないそうで、「うどんが長く作られている意味を考えてほしい」と熱弁。「うどんは二度死ぬんですよ」と謎の説を言い出し出演者たちを唖然とさせる。さらに、食べ物の形状にこだわる丸山は、ほかの食べ物についてもこだわりの食べ方を強要。納得いかない出演者たちと論争が勃発してしまう。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - よゐこ濱口優、南明奈から「やめて」苦情告白
今読んだ記事

よゐこ濱口優、南明奈から「やめて」苦情告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事