吉沢亮、年に一回の“織姫”では不満「もうちょい手軽に会いたい」

【吉沢亮/モデルプレス=7月7日】7日、都内で『HANDSOME FILM FESTIVAL 2017 DVD』の発売を記念したハイタッチ会が行われ、俳優の甲斐翔真神木隆之介小関裕太松岡広大吉沢亮が報道陣の取材に応じた。
『HANDSOME FILM FESTIVAL 2017 DVD』ハイタッチ会に登壇した(左から)神木隆之介、吉沢亮 (C)モデルプレス
『HANDSOME FILM FESTIVAL 2017 DVD』ハイタッチ会に登壇した(左から)神木隆之介、吉沢亮 (C)モデルプレス
昨年12月にTOKYO DOME CITY HALLで開催されたアミューズの若手俳優によるファン感謝祭、通称「ハンサム」の模様をおさめたDVD。同イベントに出演したキャスト陣が夏らしい浴衣姿で約5000人のファンを出迎え、ハイタッチで交流した。

イケメンとハンサムは違います

『HANDSOME FILM FESTIVAL 2017 DVD』ハイタッチ会(左から)甲斐翔真、松岡広大、神木隆之介、吉沢亮、小関裕太 (C)モデルプレス
『HANDSOME FILM FESTIVAL 2017 DVD』ハイタッチ会(左から)甲斐翔真、松岡広大、神木隆之介、吉沢亮、小関裕太 (C)モデルプレス

フォトギャラリー


囲み取材でレポーターが「今日はアミューズのイケメンが…」と切り出すと吉沢は間髪入れずに「ハンサムです!」と訂正し、“イケメン”と“ハンサム”は「違います!」と主張。その場にいる全員の視線を浴びる中「イケメンはイケメンで、ハンサムはハンサムです」とドヤ顔で繰り返し、笑いを誘った。

「誰が一番ハンサム?」 (C)モデルプレス
「誰が一番ハンサム?」 (C)モデルプレス
その後「ハンサムは…心です。心がハンサムです」と定義し、「すげー適当に言っちゃいました」と照れ笑いの吉沢。「5人で誰が一番ハンサムか」を決めるべくお互いに指をさすと松岡が1位となり、神木が「後輩の中でも男気がある。情に厚くて、『俺がやります!』と人のためを思って行動してくれる子なので、そこがハンサム」と魅力を説明。すかさず神木から「一番(自分がハンサムだと)思ってそう…」と水を向けられた吉沢は「いやいや、僕なんて全然底辺なので。ジャガイモです。今日は(浴衣が)ジャガイモカラーで」と自虐ネタを飛ばしていた。

浴衣はそれぞれ好きな色を選んだとのこと (左から)甲斐翔真、小関裕太、松岡広大、吉沢亮、神木隆之介 (C)モデルプレス
浴衣はそれぞれ好きな色を選んだとのこと (左から)甲斐翔真、小関裕太、松岡広大、吉沢亮、神木隆之介 (C)モデルプレス

吉沢亮、年に一回では不満「もうちょい手軽に」

吉沢亮 (C)モデルプレス
吉沢亮 (C)モデルプレス
また七夕にちなんだ「織姫に会うのか」という恋愛質問には吉沢が「(織姫は)年に一回しか会えませんからね。もうちょい手軽に会える人を…」と男のリアルな本音をこぼして爆笑をさらい、具体的な相手は「見つかってないっすね!」としていた。(modelpress編集部)

神木隆之介、七夕に吉沢亮の幸せを願う




【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 吉沢亮、年に一回の“織姫”では不満「もうちょい手軽に会いたい」
今読んだ記事

吉沢亮、年に一回の“織姫”では不満「もうちょい手軽に会いたい」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事