芦田愛菜の“秀才さ”に藤田ニコルら驚き「やばい」

参照回数:292,877

【芦田愛菜・藤田ニコル/モデルプレス=4月17日】女優の芦田愛菜が、16日放送のTBS系『池上彰と“女子会”』(深夜23時56分)に出演。秀才さで共演者らを驚かせた。
藤田ニコル・芦田愛菜 (C)モデルプレス
藤田ニコル・芦田愛菜 (C)モデルプレス
昨年10月に放送し、好評を博した企画の第2段となる同番組。ジャーナリスト・池上彰が女子たちの悩みにアドバイスを授ける。スタジオには芦田のほか、モデルの藤田ニコル、瑛茉ジャスミン、タレントの小倉優子、辻希美、お笑いタレントのいとうあさこらが集結した。

「子供に小さい頃から英語を勉強させたほうがいいのか?」という質問では、小さい頃に無理に英語を勉強するよりも、母国語である日本語力を養ったほうがよいという話題に。

芦田愛菜の秀才さに一同驚き

そこでスタジオの女性陣の日本語力をチェックするため、「“美しい”と同じような意味を持つ言葉をできるだけ多く書く」という問題が出題された。

芦田は中学1年生ながら「麗しい」「佳麗」「秀麗」「端整」「美人」「美形」など、全て漢字で回答し、藤田ら共演者たちは「なんかやばい!」「すげえ!」と驚き。見事6つ正解し、池上も「中学生でこれだけできたら…」と舌を巻いた。

芦田愛菜、“国語力”の秘訣は?

芦田愛菜 (C)モデルプレス
芦田愛菜 (C)モデルプレス
芦田は池上に「こういう言葉はどうやって身につけたのですか?」と尋ねられると「本とかですかね」と回答。月に10~15冊ほどは小説などを読むそうで「活字病で、読むものがないと調味料の裏の成分表示とかを読んじゃう」と明かし一同を驚かせた。

また本を読むときは「折り目をつけない」「帯は絶対取らない」「広げて置いておかない」「お風呂の中で読むのはありえない」など、たくさんのこだわりも明かし、読書好きをあらわにしていた。(modelpress編集部)

情報:TBS

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 芦田愛菜の“秀才さ”に藤田ニコルら驚き「やばい」
今読んだ記事

芦田愛菜の“秀才さ”に藤田ニコルら驚き「やばい」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事