関ジャニ∞村上信五・渋谷すばる・横山裕、嵐の自宅に入り浸り 下積み時代の苦労を明かす

0
0
関ジャニ∞村上信五渋谷すばる横山裕の3人が、2日放送のTBS系バラエティ番組「櫻井・有吉THE夜会」(毎週木曜よる9時57分~)に出演。ジャニーズJr.時代の下積みの苦労を明かした。

大阪と東京を行き来したJr.時代 東京では二宮・相葉宅に入り浸り

村上、渋谷、横山は1996年にジャニーズ事務所に入所。当時、関西ジャニーズJr.として活動していたが、1999年に情報番組のレギュラー出演が決まり、大阪と東京を行き来する生活になったという。

MCの有吉弘行から「二宮(和也)・相葉(雅紀)家に入り浸り」と3人の当時の様子が紹介されると、村上は「我々は東京出てくる時しか仕事がないもんですから、東京で1日仕事したら大阪に3日帰って、また東京で2日。3日間の大阪の空白を東京でうまく繋げれば、新幹線のチケットを金券ショップに売って…」と支給されたチケットをお金に換えていたことを明かした。スタジオからは「苦労してるな~」と驚きの声が上がる中、横山も「2人(二宮・相葉)嫌な顔せず泊めてくれたりしてたよ」と当時を振り返った。

“開店休業”時代には横山はパチンコ、村上はネットカフェ難民?

しかし、2001年にはレギュラー番組が終了し、3人は開店休業状態となったそう。横山は「東京に呼ばれなくなると(新幹線の)チケットももらえないから資金源がないんですよ。だから一か八かでパチンコ行くしかないんですよ」と朝からパチンコ通いしていたことを告白。渋谷は、横山が何度かその日の“出玉チャンピオン”にもなり、写真も載っていたことを暴露し、笑いを誘った。

そして同時期のことを、渋谷は「ずっとタッキーの家にいましたね」といい、「タッキーはずっと部屋の奥でパソコンで作業してて、邪魔したら怒られるからボーっとしてた」と回顧。さらに村上は「24時間の漫画喫茶が出始めた頃で、個室もないしシャワーもついてないし区切りもない、そこで寝てました」とネットカフェで寝泊まりしていたことを明かし、有吉を「日曜お昼のドキュメンタリーみたい。すごいね、よくここまで来たね」と驚かせた。(modelpress編集部)

情報:TBS
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 関ジャニ∞村上信五・渋谷すばる・横山裕、嵐の自宅に入り浸り 下積み時代の苦労を明かす
今読んだ記事

関ジャニ∞村上信五・渋谷すばる・横山裕、嵐の自宅に入り浸り …

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事