「ミス青学」ファイナリスト井口綾子が話題 悶絶級“デートなう”ショットが拡散

参照回数:497,213

【井口綾子/モデルプレス=7月12日】青山学院大学での「ミス青山コンテスト2017」の候補者が4日、発表された。ネット上でエントリーNo.4の井口綾子(いのくち・あやこ)さんに注目が集まっている。

彼女感満載の悶絶級ショットが拡散

井口さんは、1997年03月24日生まれ、神奈川県出身の20歳。現在、教育人間科学部心理学科3年。全国の大学から日本一の新入生を決めるミスコンテスト「FRESH CAMPUS CONTEST 2015」で準グランプリに選ばれたほか、『週刊朝日』女子大生表紙モデルの経験も。AbemaTVの学生キャスターも務めている。



公開された宣材写真が「可愛い」「笑顔が反則級」と話題になり、ファイナリスト発表とともに開設したTwitterのフォロワーが3日で1万人を突破。現在フォロワーは5万人(12日現在)と、ほかの候補者から大きく差をあけており、異例の人気を見せている。

さらに、10日に「今日も暑いですねー今週も1週間、夏バテしないように体調には気をつけてください わたしは暑すぎてカフェで涼んでいましたが、沢山の方からの応援の言葉や投票したよ!という言葉で元気チャージされました ありがとうございます!」とSNSで公開したカフェでのショットが勢いを後押し。

写真は、ドリンクを両手に持ち笑顔を見せる、流行りの「#彼女とデートなう」風だが、「可愛すぎて悶絶」という声が続出しツイートが爆発的に拡散。また、左手のドリンクがこぼれていることから「ドジっ娘属性まであるとは」「可愛いは正義」「こぼしてるのも含めて可愛い」とイジリつつもその笑顔に魅了される声が殺到中だ。なお、撮影者はお兄さんとのこと。


“日本一美しい女子大生”から女優に…山賀琴子の再来なるか?

山賀琴子 (C)モデルプレス
山賀琴子 (C)モデルプレス
ミス青学といえば、2015年にグランプリに輝いた山賀琴子のシンデレラストーリーが記憶に新しい。山賀は全国のミスキャンパスの中から、その最高峰に立つミスキャンパス日本一を決定する日本最大級のミスコンテスト「Miss of Miss CAMPUS QUEEN CONTEST 2016」(ミスオブミス)でグランプリ、ミスモデルプレス賞、ミスJJ賞で3冠達成し、“日本一美しい女子大生”という称号を獲得。大手芸能プロダクション・研音に所属し、連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(2016年10月期、TBS系)で女優デビューを果たした。

2016年のグランプリ、福田成美も、フリーアナウンサーやキャスターを多数擁する事務所、セント・フォースに所属し、現在テレビ朝日系ニュース番組「グッド!モーニング」(毎週月曜~金曜あさ4:55)にレギュラー出演している。

11月にグランプリが決定


グランプリは11月3日から、5日に行われる青山祭で決定。「FRESH CAMPUS CONTEST 2016-2017」でグランプリに輝いた文学部英米文学科2年の遠野愛さんもエントリーしており、今年も結果に注目が集まりそうだ。(modelpress編集部)

“日本一かわいい新入生”の称号を獲得した遠野愛さんもチェック




情報:井口綾子さん、ミス青山コンテスト

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「ミス青学」ファイナリスト井口綾子が話題 悶絶級“デートなう”ショットが拡散
今読んだ記事

「ミス青学」ファイナリスト井口綾子が話題 悶絶級“デートなう”…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事