だいすけお兄さんの人気ぶりを橋本環奈が証明 初ドラマでの感激

0
0
NHK『おかあさんといっしょ』の“うたのお兄さん”を歴代最長の9年間務め、今年3月に番組を卒業した横山だいすけが7日、都内で行われた新フジテレビ系日9ドラマ『警視庁いきもの係』(毎週日曜よる9時~、7月9日スタート※15分拡大)の記者会見に、渡部篤郎、橋本環奈、三浦翔平、長谷川朝晴、ティティ(猫)、寺島進、浅野温子と出席した。
横山だいすけ (C)モデルプレス
横山だいすけ (C)モデルプレス
今回がドラマ初挑戦となる横山。会見では「大きな声を出していいですか?」と切り出し、お馴染みのあいさつを披露。撮影の感想を聞かれると「緊張して全然違う場所に立ってしまったりもしました」と明かすも「いろんな世代が楽しめる内容になっています」とアピールした。

(左から)浅野温子、寺島進、渡部篤郎、橋本環奈、横山だいすけ、長谷川朝晴、三浦翔平 (C)モデルプレス
(左から)浅野温子、寺島進、渡部篤郎、橋本環奈、横山だいすけ、長谷川朝晴、三浦翔平 (C)モデルプレス

橋本環奈が人気ぶりを証明 寺島進からはツッコミ

また、共演の橋本は「マンションで撮影することも多いんですけど、お母さんたちがだいすけお兄さんのところに集まってきます」と横山の人気ぶりを紹介。横山は、警察官という役柄で制服に身を包んでいることもあり「『本物ですか?』と聞かれることもありますが」と照れ気味に語った。そんな横山に寺島は「さっきからだいすけお兄さんって何?」と質問。思わぬ質問に一同は驚いていたが、横山は丁寧に答えていた。

横山だいすけ (C)モデルプレス
横山だいすけ (C)モデルプレス
笑いが絶えない会見の中で、横山は「どういうふうにいればいいのか、不安のほうが大きかったけど、現場は終始和やかな雰囲気で、カメラが回っていないところでも和気藹々と盛り上がっています」とコメント。さらに、撮影中に「『おかあさんといっしょ』の歌を渡部さん、橋本さんと3人で歌いました。お二人とも優しい」と感激を伝えた。

横山だいすけ (C)モデルプレス
横山だいすけ (C)モデルプレス

『警視庁いきもの係』

同作は、警視庁総務部総務課・動植物管理係(架空の部署)の鬼警部補と新米巡査のコンビが、動物の生態をもとに事件解決に奔走する異色コメディーミステリー。原作は、作家にして、映画「名探偵コナン から紅の恋歌」(2017年4月公開)の脚本なども手がける大倉崇裕氏の『小鳥を愛した容疑者』、『蜂に魅かれた容疑者 警視庁いきもの係』、『ペンギンを愛した容疑者 警視庁いきもの係』、『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』(いずれも講談社)。

横山だいすけ (C)モデルプレス
横山だいすけ (C)モデルプレス
とある事件で負傷し、前線の捜査から外され、容疑者や行方不明者などのペットを保護する窓際部署の“警視庁総務部総務課・動植物管理係”(通称=警視庁いきもの係)に配属された元捜査一課の鬼警部補・須藤友三を渡部、須藤が出会う、獣医学部卒の動物マニア女子・薄圭子巡査を橋本が演じ、横山は制服警官(巡査)の四十万拓郎役で出演する。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - だいすけお兄さんの人気ぶりを橋本環奈が証明 初ドラマでの感激
今読んだ記事

だいすけお兄さんの人気ぶりを橋本環奈が証明 初ドラマでの感激

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事