℃-ute解散で12年間の歴史に幕 ラストコンサートに中澤裕子・道重さゆみら駆けつける<セットリスト>

参照回数:453,986

【℃-ute/モデルプレス=6月12日】ハロー!プロジェクト所属の矢島舞美(やじま・まいみ/25)、中島早貴(なかじま・さき/23)、鈴木愛理(すずき・あいり/23)、岡井千聖(おかい・ちさと/22)、萩原舞(はぎわら・まい/21)による5人組アイドルグループ℃-ute(キュート)が結成日である6月11日の翌日となる12日、さいたまスーパーアリーナにて単独コンサート『℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~』を開催し、この公演をもってグループは解散した。
萩原舞、中島早貴、矢島舞美、鈴木愛理、岡井千聖「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
萩原舞、中島早貴、矢島舞美、鈴木愛理、岡井千聖「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)

目次

  1. ℃-uteラストコンサート
  2. 中澤裕子、道重さゆみらがサプライズ登場
  3. メンバー涙のラストスピーチ
  4. 「The Curtain Rises」で開幕
  5. 鈴木愛理、苦しんだ「SHOCK!」を歌い納め
  6. 解散後のメンバーは?
  7. セットリスト

℃-uteラストコンサート

2002年6月30日にハロー!プロジェクト・キッズとしてハロー!プロジェクトに加入してから約15年。2005年6月11日にグループ結成してから12年と1日。℃-ute単独コンサートとしては、初にして最大規模の会場で、集大成のラストコンサートが行われた。今後、メンバーはそれぞれ新たな道へ進む。

夕方6時から3時間、シングル曲を中心に全35曲を全力パフォーマンス。2006年にモーニング娘。のコンサートで、インディーズデビューシングル『まっさらブルージーンズ』を初披露したさいたまスーパーアリーナ、そして鈴木以外のメンバーの出身地でもある埼玉県にて最後に歴史を刻み、会場2万人、ライブビューイング1万人の観客を熱狂させた。

中澤裕子、道重さゆみらがサプライズ登場

中澤裕子、道重さゆみ、和田彩花「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
中澤裕子、道重さゆみ、和田彩花「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
中盤のMCを終え、5人が再び歌い始めようとしたシーンでは、ステージ横から元ハロプロリーダーの中澤裕子、道重さゆみ(元モーニング娘。)、そして現リーダーの和田彩花(アンジュルム)の3人がサプライズで登場。ハロプロリーダーを務めた矢島を始めメンバーに花束を渡し、メッセージを送った。

中澤は「15年間お疲れ様でした」と5人を労い、2002年の加入当時のメンバーとの初対面を回顧。「皆美人さんになったね」と笑いかけ、「こんなに大きなグループになったことを1人の仲間として誇りに思います」という言葉にメンバーは思わず涙を流した。

道重は「よくその靴の高さでキレキレのダンス踊れるなって本当に尊敬してます。アイドルをこえたとてつもないすごいものたち…」とパフォーマンス力に尊敬の眼差し。和田は号泣しながら「℃-uteさんが切り開いてきたハロプロを私たちが守っていけるよう頑張っていきたいと思います」と来年迎えるハロプロ20周年に向けて後輩として誓いをたてた。

メンバー涙のラストスピーチ

「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
全力で駆け抜けた本編を終わり、アンコールで真っ白のドレスに身を包んだメンバーが『Singing~あの頃のように~』を歌い上げると、1人1人スピーチ。

今日をもって芸能界を引退する萩原は「本当に一緒に15年間いてくれてありがとう」とメンバーに感謝し「皆さんのこと本当に大好きです」とファンにメッセージ。「いつか『まいまいかっこよくなったね』って思ってもらえるようにちゃんと頑張りたいなって思っています」と意気込んだ。

ソロ歌手として活動する鈴木は、「これからもteam℃-uteのみんなと℃-uteメンバーのみんながたくさん見れるように、私も1人で頑張っていきたいと思いますので、みんなもこれからもずっと笑顔で居てください」とコメント。

中島は「こんな素敵な景色を見ることが出来て℃-uteの人生に悔いはありません」ときっぱり宣言。矢島も「おばあちゃんになっても一生この時間は誇れる時間だと思っています。本当に12年間℃-uteの応援をどうもありがとうございました。team℃-uteが大好きです」と号泣しながら語った。

「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
そして、ステージ後ろで6組47名のハロプロメンバーが見守る中、最後に『SHINES』を熱唱。「ありがとう!」と階段に登って消えていった。

ダブルアンコールでは『JUMP』で会場全体で盛り上がった後、メンバーがアカペラで『たどり着いた女戦士』を披露。正真正銘最後となる5人の歌声がさいたまスーパーアリーナに響き、矢島が「皆さん12年間℃-uteを愛し幸せな時間を下さってありがとうございました!以上、℃-uteでした」と挨拶し、ステージを去ると、スクリーンには時計が表示され、“9時10分”(キュート)ぴったりに終演。最後は、℃-uteにまつわる数字を振り返る映像で、4385日の歴史に幕を閉じた。

「The Curtain Rises」で開幕

オープニングアクトは、モーニング娘。'17、アンジュルム、Juice=Juice、カントリー・ガールズ、こぶしファクトリー、つばきファクトリーといったハロー!プロジェクトのユニットが続々と登場。会場を十分に温めて、コンサートは開幕した。

「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
夕方6時、時間ぴったりにステージにそびえ立つ扉が開くと、シルバーの衣装に身を包んだメンバーが電飾できらめくセットの上に登場。3月にリリースしたラストシングル『The Curtain Rises』で開幕し、会場に集まった2万人が歓声を上げた。

全員が挨拶すると、中島が「ついにこの日が来ましたけど、私たちが想像してる以上に沢山の方が来て下さって本当に嬉しいです」と笑顔を見せ、岡井は「今日は℃-uteの集大成を皆さん1人1人に楽しんで帰って頂きたいと思います。皆さん盛り上がっていきましょう!」と意気込んだ。そして、萩原の「℃-uteの歴史はこの曲から始まりました」と紹介で、初オリジナルソング『わっきゃない(Z)』へ。『桃色スパークリング』『大きな愛でもてなして』と王道アイドルソングで盛り上げ、トロッコで会場全体に笑顔を届けた。

鈴木愛理、苦しんだ「SHOCK!」を歌い納め

「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
中盤では、『EVERYDAY YEAH!片想い』(萩原)、『私立共学』(中島)、『僕らの輝き』(岡井)、『SHOCK!』(鈴木)、『まっさらブルージーンズ』(矢島)とそれぞれメンバーが思い入れのある楽曲を選んで5人でパフォーマンス。12年前の過去の映像とリンクさせながら踊る演出もあった。

5人になって初めてのシングルで、ほとんど1人で歌割りを担当した『SHOCK!』を選んだ鈴木は当時の苦しんだ思いを振り返り、「いろんなことを乗り越えて今日は絶対歌いたいと思ってきた」と告白。矢島も「愛理が『SHOCK!』を出してくれたことがすごく嬉しい」と感慨深げに話した。

「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
今回のコンサートでメンバーは、過去最多という8回、衣装チェンジ。終盤はライブで盛り上がる鉄板の『Danceでバコーン!』など、名曲の連続で駆け抜け、本編はラストシングル『ファイナルスコール』で終了した。

解散後のメンバーは?

「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
結成当時は小中学生だったメンバーは、12年間を経てハロー!プロジェクトを代表する最年長グループに。萩原は当時より30cm近く身長が伸びたという。

2007年、シングル『桜チラリ』でメジャーデビューし、同年日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。NHK紅白歌合戦にも出場し、そのパフォーマンス力の高さから“アイドルから憧れられるアイドル”と呼ばれた。

解散後、萩原は芸能界を引退。雑誌「Ray」の専属モデルとしても活躍する鈴木は、ソロで歌手活動を、バラエティー番組で活躍する岡井はタレントとして、矢島と中島はそれぞれ女優の道に進みたいという意向を示している。

観客席にはつんく♂、同期のBerryz工房メンバーや脱退した元メンバーの村上愛さん、有原栞菜さん、梅田えりかさん、3人の姿も。ももいろクローバーZ、指原莉乃(HKT48)、柏木由紀(AKB48)など、そのパフォーマンス力の高さでアイドルの中でも人気が高い℃-uteらしく、現役アイドルも多数駆けつけたほか、レスリングの吉田沙保里選手やお笑いコンビよゐこの濱口優など様々な分野の芸能人が観客として来場した。(modelpress編集部)

「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)
「℃‐uteラストコンサートinさいたまスーパーアリーナ ~Thank you team℃‐ute~」(画像提供:所属事務所)

セットリスト

1.The Curtain Rises
2.Kiss me 愛してる
3.The Middle Management~女性中間管理職~
4.都会っ子純情
~MC
5.わっきゃない(Z)
6.桃色スパークリング
7.大きな愛でもてなして
8.心の叫びを歌にしてみた
~MC
9.桜チラリ
10.キャンパスライフ~生まれて来てよかった~
11.君は自転車 私は電車で帰宅
12.Summer Wind
13.EVERYDAY YEAH!片想い
14.私立共学
15.僕らの輝き
16.SHOCK!
17.まっさらブルージーンズ
~MC
18.人生はSTEP!
19.夢幻クライマックス
20.Crazy 完全な大人
21.FOREVER LOVE
22.涙の色
~MC
23.アダムとイブのジレンマ
24.悲しきヘブン
25.嵐を起こすんだ Exciting Fight!
26.情熱エクスタシー
~MC
27.超WONDERFUL!
28.Danceでバコーン!
29.世界一HAPPYな女の子
30.アイアンハート
31.ファイナルスコール

EN1.Singing~あの頃のように~
EN2.SHINES
EN3.To Tomorrow

EN4.JUMP



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ℃-ute解散で12年間の歴史に幕 ラストコンサートに中澤裕子・道重さゆみら駆けつける<セットリスト>
今読んだ記事

℃-ute解散で12年間の歴史に幕 ラストコンサートに中澤裕子・道…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事