“栄輔ロス”が巻き起こる(左から)芳根京子(すみれ)、松下優也(栄輔さん)、蓮佛美沙子(野上ゆり)/芳根京子オフィシャルブログ(Ameba)より

「べっぴんさん」芳根京子、とてつもない“栄輔ロス”を打ち明ける

2016.11.28 13:42
0
0

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」(毎週月~土曜あさ8:00)にてヒロイン・坂東すみれ役を務める女優の芳根京子が、俳優の松下優也演じる岩佐栄輔への思いを明かした。

終戦後を舞台にした同作。26日放送分では、すみれに恋していた栄輔が、消息不明だったすみれの夫・紀夫の帰還により、立ち去ってしまう内容が描かれた。芳根は、27日付のブログで「栄輔さん。すみれの事も、さくらの事も、たくさん、たくさん、ありがとうございました」と優しく支えてくれた栄輔へ感謝を述べ、松下と蓮佛美沙子(すみれの姉・野上ゆり役)との3ショットを掲載した。

栄輔ロスが発生

放送直後よりネット上では、「優しい栄輔さんがいなくなって切なくて寂しい」といった“栄輔ロス”の声が巻き起こり、芳根も「放送を見た芳根的にはとてつもなく寂しいです。。」と切ない心境を打ち明け、自身も“栄輔ロス”に陥ってることを明かした。

ファンのコメントは、「栄輔さん、いいヤツだったね。かっこよかった」「栄輔さーん、大好きだった。すみれちゃんのことを支えてくれてありがとう!」「栄輔さん、もう出て来ないのかなぁ??大好きやったのにぃ~。」「栄輔さんの優しさに朝から心を癒されました!」「俺も切ないです」など“栄輔ロス”一色となっている。

(左から)芳根京子、蓮佛美沙子/芳根京子オフィシャルブログ(Ameba)より
(左から)芳根京子、蓮佛美沙子/芳根京子オフィシャルブログ(Ameba)より

朝ドラ「べっぴんさん」

同作は、戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子供服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていくヒロイン・坂東すみれ(芳根)とその家族、彼女の仲間たちが夢へと向かう物語で、すみれは日本初の総合子供用品店をオープンさせる。

実在の人物である坂野惇子氏をモデルとするが、激動の時代を生きた女性たちの人生の物語として大胆に再構成し、登場人物や団体は改称し、フィクションとして描く。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. ザテレビジョン
  5. ザテレビジョン
  6. しらべぇ
  7. ザテレビジョン
  8. WWS channel