イベントに出席した武井咲(C)モデルプレス

武井咲「野村周平くんがいい」人柄絶賛で“理想”に選ぶ

2016.03.01 22:13
0
1

TOKIOの長瀬智也と女優の武井咲が1日、都内にて行われた連続ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系/毎週水曜よる10時)OL限定試写会イベントに出席。イベントでは来場者からの質問コーナーも設けられ、「可愛がりたいと思う部下は?」という質問に武井は、同作で共演中の野村周平の名前を挙げ「子どもみたいに自由なんです」と説明した。

イベントに出席した武井咲(C)モデルプレス
イベントに出席した武井咲(C)モデルプレス
武井咲(C)モデルプレス
武井咲(C)モデルプレス
「同じ年なんですけど、野村くんがいいな。長瀬さんに今日は『うなぎ食べたいっす』『お腹空きましたね』とか、すっごいメールしてるらしんです」とその人柄から“理想の部下”として選んだ武井。

長瀬も「本当は、咲ちゃんの方が10歳くらい上なんだろうなって思うくらい子ども(笑)」と無邪気な素顔を明かし、「撮影がないときでもロケ現場の写メールが送られてくるんですよ。面白い」と爆笑。親しみやすいキャラクターを「いいムードメーカー」と表現すると、武井も「(現場が)楽しいです」と満面の笑みで返した。

武井咲、“前向きな”アドバイス

このほか「新しいことを始めるとき、不安をどうやって取り除きますか?」という質問に武井は、「教えてもらう気で行く。失敗しに行くつもりで、『完璧じゃなくてもいいや』『できないんだもん』って」とアドバイス。

「そんな風に見えない。いつも10割出しているように感じます」と長瀬から驚かれると、「失敗してもいいから、やりたいことをやろう、あとで謝ろうって気持ちでいます」と仕事への向き合い方を明かす場面もあった。

長瀬智也が偏屈天才医師に

武井咲(C)モデルプレス
武井咲(C)モデルプレス
武井咲(C)モデルプレス
武井咲(C)モデルプレス
同作は、「アフタヌーン」(講談社)で連載中の同名漫画が原作。手術も治療もせず、顕微鏡を用いて患者の組織や細胞を分析し、そのデータをもとに病気を診断する病理医の世界を描く。

主演の長瀬は、患者の命と医療の正義のためなら相手が誰であろうと衝突をいとわない偏屈天才医師・岸京一郎を、ヒロインの武井は、内科から無理やり病理診断科に転科してきた新米病理医・宮崎智尋を演じる。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. ザテレビジョン
  2. モデルプレス
  3. ジェイタメ
  4. ザテレビジョン
  5. しらべぇ
  6. モデルプレス
  7. インターネットTVガイド
  8. インターネットTVガイド