清水富美加、竹野内豊主演ドラマで自身初の試み コメント到着

【清水富美加/モデルプレス=2月15日】女優の清水富美加が、4月5日放送の竹野内豊主演ドラマ「素敵な選TAXI」(関西テレビ・フジテレビ系/よる9時)スペシャル版に出演することがわかった。同作は2014年10月期に連続ドラマとして放送され、主演を竹野内、脚本をバカリズムが務めるという異色の組み合わせが話題を呼んだ。今回そのゲストとして、舞台やバラエティで共演し、バカリズムからも信頼の厚い清水が出演、自身初となる教師役に挑む。
清水富美加、竹野内豊主演ドラマで自身初の試み コメント到着
清水富美加、竹野内豊主演ドラマで自身初の試み コメント到着
同作は、不思議な乗り物「選TAXI(せんたくしー)」の運転手・枝分(えだわかれ/竹野内)と様々な乗客による“人生”再生エンターテインメント。「もしもあの時、別の道を選んでいたら…」と後悔を抱く人々が「選TAXI」に乗って自身の望む過去に戻り、人生のやり直しを繰り返す中で、自分自身を見つめ直し、やがて自分にとって本当に大切なものが何なのかに気づいていく。

竹野内豊と初共演 印象を語る



清水は、昨年NHK連続テレビ小説「まれ」で蔵本一子役を好演。はたまたドラマ「コウノドリ」(TBS)で妊婦役としてシリアスなシーンを演じたかと思えば、ギャラクシー賞を獲得した「SICKS-シックス- みんながみんな、何かの病気」(テレビ東京)では特徴的な腐女子役を見事に演じきり話題に。さらに音楽好きが転じて「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」ではユースケ・サンタマリアとともにMCを務めるなど、その多彩さで注目を集める今最も旬な女優の一人だ。

今回の出演にあたり「普段から選択肢を考えるようになって、良いこともたくさんあったので本当に素敵な作品だなと思いました。その中に自分が入って、しかも選TAXIに乗れるのは嬉しいです」と喜びをあらわに。また、竹野内とは初共演となるが、印象について「とてもカッコよくてお優しい方でした。とても寒かった時に外でロケをしていて、マネジャーさんにカイロを手渡されている姿を見て、ジェントルマンだなって思いました」と語った。

“選TAXI”に乗れるとしたら「中学時代」にタイムスリップ?



今回の舞台はとある温泉地。清水らゲスト出演者たちは枝分が訪れる温泉旅館の宿泊客として登場し、それぞれが人生を左右するトラブルに見舞われる。宿泊客たちの“やり直し”がオムニバスドラマのように展開していく中で、それぞれの物語が複雑に絡み合ってクライマックスに向かっていく。バカリズムならではの巧妙なストーリー運びに注目だ。

清水は中学校でクラス担任を務める教師、金本八重子役。過去、様々なキャラクターの役どころを演じてきた清水が、初の教師役に挑戦する。自身がもし“選TAXI”に乗れるとしたら「中学時代に戻りたいです。6、7年前だから、めちゃくちゃお金がかかっちゃいますね!」と話し、「今回私は先生役なのですが、生徒役の子たちと一緒の修学旅行のシーンを撮影していると、『青春だったあの頃に戻ってみたい!』って思いました。やり直したいっていうよりも、タイムスリップ感覚で戻りたいって感じですね(笑)」と希望を明かした。

視聴者へ向けて「私が思う『選TAXI』最大の魅力は、ドラマの中だけじゃなく、誰でもいつだって選択肢を選ぶことができるってことを再認識できることだと思うんです」と魅力を紹介。「もちろん、何も考えずに見ていただいても面白い作品なので、ぜひ『選TAXI』を楽しんでください」と呼びかけた。(modelpress編集部)
モデルプレス

Photo Ranking画像ランキング

YouTube Channel


TOP