亀梨和也&深田恭子、“激愛”に「恐怖心もあった」「初尽くしの作品」

0
0
KAT-TUNの亀梨和也主演のテレビ朝日系ドラマ「セカンド・ラブ」(毎週金曜、よる11時15分~)がクランクアップ。亀梨と共演の女優・深田恭子が心境を語った。
テレビ朝日系ドラマ「セカンド・ラブ」のクランクアップを迎えた深田恭子【モデルプレス】
テレビ朝日系ドラマ「セカンド・ラブ」のクランクアップを迎えた深田恭子【モデルプレス】
コンテンポラリーダンサー・平慶(亀梨)と高校教師・西原結唯(深田)の“激愛”をスキャンダラスに描き、話題を呼んだ同作を「すべてが僕にとって初尽くしの作品」だという亀梨。2カ月半にわたる撮影が幕を下ろし、「現場のつながりが深くなっていく感覚を日々感じながら挑むことができて、すごく幸せな時間でした。主役としてまだまだ力不足な部分もありましたけど、皆さんに支えていただきながら、非常に難しい役を乗り越えることができたかな、と思っています」と振り返った。

反響について「僕自身をよく知ってくれている人たちからも『すごく生っぽい』と言ってもらえた」と明かし、「亀梨和也を投影して慶を見てくださっている視聴者も多いと聞いたので、自分が目指していた通りに慶として生々しく生きられたのかなって思います」と自信。また、作品より恋愛観に影響を受けたといい「慶と結唯は恋人同士になって距離が縮まったのも束の間、いろんな障害があって、距離が離れたりする。この作品をやったことで、ちょっと引いたところから好きな人を見るのもいいなって。そんな新しい気付きもありました(笑)」とコメント。「深田さんも僕も、実は人に馴れ馴れしく接するタイプではないので、仕事における程よい緊張感を保ちつつ、いい形でお互いに尊重し合いながら撮影に臨めた気がします」と充実した撮影になったようだ。

ラブストーリーに対する気恥ずかしさ

一方、深田は「実は、これまでは私自身の中でラブストーリーに対する気恥ずかしさもあり、ましてやそれを演じるとなると、ちょっと恐怖心もあったんです」と告白。しかし「今回は亀梨さんやほかの共演者の方々、そしてスタッフの皆さんにすごくお気遣いいただいたこともあり、心から楽しく作っていくことができました」と達成感に満ちているよう。撮影を通して、亀梨の印象が変わっていったという深田は「セットの日とロケの日でもまた違う気がするし、何だか不思議な感じがして…。なかなか捉えようがない感じも、また慶くんと結唯の距離感につながったような気がします」とコメント。クランクアップを迎え「亀梨さんはじめキャストの方々、監督やスタッフのみなさんの支えなくして、結唯は演じられなかったなって思います。どのシーンも、本当に思い出深いものばかりです!」と感謝を述べた。

脚本・大石静氏が賛辞を贈る

ラブシーンも見どころの今作は、「セカンドバージン」(NHK)でスキャンダラスな恋愛ドラマを描き、大きな話題をさらった脚本家・大石静氏が昼メロよりも切なく、そしてスキャンダラスな大人がはまるラブストーリー“夜メロ”を描く。

撮影最終日には、脚本の大石氏も現場に駆け付け、二人を「亀梨さんは難しい役をよくやってくださったし、ダンスもめきめき上手くなって、本当に素敵でした!恭子ちゃんもこの作品で一皮むけた感じで、すごく素敵でした。よくぞ、このドラマに出てくださいました!ありがとうございました」と絶賛。また撮影終了後には、最終話(3月20日放送)の演出を務めた片山修監督から、特製の花束を贈られ、亀梨と深田は感無量の様子だった。(modelpress編集部)

■第6話(3月13日放送)あらすじ

世界の大都市ツアーを予定しているロンドンのダンスカンパニーから、新作の振り付けをオファーされた慶(亀梨和也)。世界に羽ばたくチャンスを手にするため、彼がロンドンに旅立ってから5日が経った。だが、結唯(深田恭子)が日本から何度電話しても、慶は一度も出ないばかりか、メールの返信内容もそっけない。慶は本当に自分のもとへ帰ってくるのだろうか―結唯の心は不安で大きく揺らぐ。

そんな中、慶に新たなチャンスが巡ってくる。振り付けを担当した演目が規模を縮小し、世界各地でも上演されることが決定。慶はダンサーとしても参加するようオファーされたのだ。だが、ツアー期間は準備も含めると1年にも及ぶため、ほかの仕事との掛け持ちは難しい。収入面などで大きなリスクも伴うが、企画内容に自らの理想を見出した慶は、独断でオファーを承諾。日本ですでに引き受けている仕事を一刻も早く終わらせるため、予定よりも1日早く帰国する。しかも、仕事のことで頭がいっぱいの慶は、帰国の件について、結唯に一切連絡していなかった。

目まぐるしく変化していく環境の下で、どんどんすれ違っていく慶と結唯。やがて二人はそれぞれ、相手を強く想うからこその“大決断”をする―。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 亀梨和也&深田恭子、“激愛”に「恐怖心もあった」「初尽くしの作品」
今読んだ記事

亀梨和也&深田恭子、“激愛”に「恐怖心もあった」「初尽くしの…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事